松本剛『ロッタレイン』

 

 

ロッタレイン

 

作者:松本剛

掲載誌:『月刊IKKI』『スピリッツ増刊 ヒバナ』2014年-

単行本:ビッグコミックススペシャル ヒバナ

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

作品冒頭で、バス運転士である主人公「玉井」は、

恋人がパワハラ上司とセックスしてるのを目撃する。

 

この暗さに「ああ、松本剛だな」とファンは納得。

30年におよぶキャリアにおいてヒット狙いは皆無だ。

 

 

 

 

事故をおこして仕事を辞めた玉井は、父がいる新潟県長岡市へ一時的に移る。

作者の出身地でもある。

「後妻さん」が土下座し、長年の非礼を詫びる。

盗った盗られたでどうのこうのの、昭和っぽいあれだ。

北陸あたりでは、いまもこんな感じだろうか。

 

 

 

 

父には「初穂」とゆう13歳の娘がいた。

玉井と血はつながってない。

庭で飼っているニワトリを絞め、料理の準備をする。

 

土地がもつ強烈な磁力にあらがう、凛とした立ち姿。

 

 

 

 

初穂は中学で、「二号さん」だのなんだの言われてイジメられている。

着替えに仕込まれた毛虫をそっと手のひらに乗せ、窓から逃がす。

 

 

 

 

初穂は玉井に反撥する。

「本宅」とか「長男」とか、くだらないから。

なんの責任もないのに自分が後ろ指さされる原因ってだけで、許せない。

 

汚された服を洗濯機に投げこみながら当たり散らすくだりは、

芯の強いヒロインをえがく松本らしい名場面。

 

 

 

 

1964年生まれの松本が、いまさら新境地を開くことはないだろう。

初穂の喪服姿のうつくしさに息を呑みはするが、

びっくりするほど絵柄も作風も変わらない。

 

 

 

 

松本剛は重言の作家だ。

「美少女はうつくしい」、ただそれだけを表現しつづけている。

奇跡の様でもあり、呪詛の様でもある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03