弐瓶勉『人形の国』

 

 

人形の国

 

作者:弐瓶勉

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2017年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

本作の舞台は、一面雪におおわれた人工天体。

かつて「漆黒」が弐瓶勉のトレードマークだったが、

『シドニアの騎士』の途中から絵が白くなり、本作で極限に達する。

 

 

 

 

主人公は、ゴスロリ風の服を着た少女が軍隊に追われるところに遭遇。

よくわからないメモリや銃弾をわたされる。

世界の命運がかかるほど重大な物らしい。

 

人間のあいだの軍事衝突とゆうテーマは、弐瓶作品ではめづらしい様だ。

 

 

 

 

本作のおたのしみは、サイボーグ同士のバトル。

「鎧」を身にまとい、特殊能力でたたかう。

 

陰鬱な世界観を、強烈な銃撃一発で顛覆させるカタルシスが作者の持ち味だが、

本作は特撮ヒーロー的な描写が中心で意外性あり。

 

 

 

 

ただし拷問シーンなど、作者らしい非情さは健在。

すり潰される様に人間が死んでゆく。

 

 

 

 

シドニアで人気だったおしっこネタが本作でも。

殺伐とした物語ゆえ、しみじみとしたおかしさがある。

 

 

 

 

全体的にミリタリー色が濃いのも特徴。

銃器の描写もそうだが、たがいのリソースをすこしづつ削り合う、

人間同士の駆け引きが読みどころとなっている。

 

 

 

 

シドニア以降の好調を維持しつつ、さらに作風をひろげた、

SF好きなら無視できない作品にちがいない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03