座紀光倫『少年の残響』

 

 

少年の残響

 

作者:座紀光倫

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2016年-

単行本:シリウスKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

天使の歌声をホールに響かせるのは、

オーストリアかどこかで活躍するアウゲンブリック少年合唱団の面々。

聴衆には感動の涙を流すものも。

もともと孤児院だった寄宿学校で、少年たちは音楽と勉強をまなぶ。

 

 

 

 

彼らが習得したのは声楽だけではない。

銃器のあつかいかたを仕込まれ、暗殺を請け負う。

その報酬で寄宿学校は運営されている。

 

わかりやすく言えば本作は、ショタ版『GUNSLINGER GIRL』。

 

 

 

 

表現は全体的にアーティスティック。

少年ひとりひとりの心象風景を、各話でえがく。

第1話のミヒャエルは、殺された母の記憶にすがって生きている。

 

 

 

 

くせっ毛のエーリヒは極端なあがり症。

しばしばステージ上で卒倒する。

 

 

 

 

指揮者をつとめるクリス先生は、エーリヒを心配している。

先生は元団員で、暗殺仕事の引率もする。

少年らしい体つきをながめる視線が倒錯的だ。

 

 

 

 

暗殺のオペラを演じるとき、エーリヒは強気。

もうすぐ死ぬとわかってる人たちなんて、こわくないから。

 

 

 

 

エピソードとしては第3話が秀逸。

可憐な容姿を買われ、娼婦のふりをしてターゲットにちかづくカルルと、

初老の客のあいだに奇妙な心の交流が生じる。

男色をさらっとキレイにえがいており感心した。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03