雪子『鳩子のあやかし郵便屋さん。』/西岡さち『ざしきわらしと僕』

 

 

妖怪が出てくる4コマ漫画を2作紹介。

はじめに雪子『鳩子のあやかし郵便屋さん。』(バンブーコミックス/ためし読みから。

かわいい郵便屋さんが、街に棲息する妖怪たちと交流する話。

 

イマドキは河童もタブレットをつかう。

水掻きが邪魔でミスタッチが多いけれど。

 

 

 

 

雪子のえがく女子は、かわいい系とゆうよりキレイ系。

たとえば猫又の「ここね」は、ノースリーブが似合う美人。

服は変幻術による効果なので、実際は素っ裸らしい。

 

 

 

 

九尾狐の「葛葉」も負けてない。

もふもふのしっぽを触らせてくれるなど、やさしい性格。

 

 

 

 

海にうかぶ不知火は、火傷するから触るのは無理だけど、

夜景にハートマークをえがくなどメッセージを送ってくる。

 

同作者による百合漫画『ふたりべや』に共通する空気が心地よい。




 

 

 

 

つぎは西岡さち『ざしきわらしと僕』(まんがタイムコミックス/ためし読み

小学5年の「裕貴」は、両親が離婚して田舎の祖母の家に預けられることに。

そしたらおかっぱ頭の座敷わらしがいた。

 

 

 

 

近所に住む年上の「希ちゃん」がやってくる。

座敷わらしを抱えて応対したら、彼女には見えないため妙な誤解をまねく。

 

『あやかし郵便屋さん』は、主人公が妖怪社会に仲間入りするが、

本作は、妖怪が人間社会に根を下ろす様子をおもしろおかしく描く。

 

 

 

 

本作は西岡さちの初単行本。

インタビューによると和歌山在住で、地元でロケハンしてるらしい。

緑ゆたかな風景、活発な女の子、ちんちくりんの妖怪が共存する世界観は、

作者の力量を感じさせる。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03