莉ジャンヒュン『フォーナイン~僕とカノジョの637日~』

 

 

フォーナイン~僕とカノジョの637日~

 

作者:莉ジャンヒュン

掲載誌:『ビッグコミックスペリオール』(小学館)2014年-

単行本:ビッグコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

2年の兵役のあと単身来日、望月ミネタロウのもとで修業した韓国人作家が、

自身の軍隊体験にもとづきえがく青春漫画。

 

 

 

 

「フォーナイン」は「99.99%」、服務期間中にカップルが別れる確率を意味する。

2年のうち外出は10日しかみとめられず、女が浮気するのも当然。

 

 

 

 

訓練におけるシゴキの描写はリアルで、いわば韓国版『フルメタル・ジャケット』。

 

 

 

 

きわめつけは「テガリパックア」。

頭と足だけで体重をささえる「訓練」は、すさまじく痛い。

蚊が大量発生する野外で、裸のままやらせたり。

 

 

 

 

ハートマン軍曹とまたちがう、漫画ならではの心理描写がみどころ。

20歳の主人公「ハン」は、ヘラヘラと軟弱な大学生。

教官に目をつけられ、連帯責任で仲間も一緒にくりかえし罰をうける。

 

 

 

 

シャバで身につけたプライドなんて、あっさり崩壊。

井上雄彦の影響つよい絵柄で、いかにして「兵士」がうまれるか活写する。

 

 

 

 

ハンの恋人「さおり」は、日本人留学生。

道端で「お手伝いしますね!」と荷物をはこんでもらったとき、彼に関心もつ。

日本男子だったら無視するか、遠慮がちに「お手伝いしましょうか?」と聞くだろう。

見ず知らずの他人にも、素直に好意をしめすのが、韓国文化なんだなと。

 

 

 

 

世界でもっとも支持される日本文化は「アダルトビデオ」。

韓国でポルノは法律できびしく規制されるが、裏で日本のAVが流通。

半島の男はみな、可愛くてエッチな女の子が大勢いるらしい島国にあこがれる。

 

ホットジャパンによる親日教育が成果あげている。

 

 

 

 

韓国の若者は、自由が2年もうばわれることに納得していない。

不合理で無意味とおもっている。

ただ繁栄を謳歌するソウルが、国境から40kmしかはなれておらず、

もし「休戦」がおわれば、24時間で100万人死ぬかもしれないのも認識。

 

冷戦の亡霊がいまだ徘徊する、東アジアの今がみえてくる。




フォーナイン~僕とカノジョの637日~ 1 (ビッグコミックス)フォーナイン~僕とカノジョの637日~ 1 (ビッグコミックス)
(2014/10/30)
莉ジャンヒュン

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03