安堂維子里『水の箱庭』

 

 

水の箱庭

 

作者:安堂維子里

掲載誌:『週刊漫画TIMES』(芳文社)2013年-

単行本:芳文社コミックス

 

 

 

少女は、一階のつきあたりの部屋へはいるのを禁じられていた。

宅配便をはこぶ名目でのぞいたら、そこは異次元。

 

 

 

 

浪人生の兄が、自室を水中につくりかえた。

受験と父親のストレスに背をむけ、魚たちの世界におぼれる。

 

 

 

 

ある夜、原因不明の火災で自宅が全焼。

行方をくらませた兄による放火と父はうたがう。

大切な水槽をもやすはずないと、妹は信じる。

 

生命を象徴する「水」と、破壊を象徴する「火」。

イメージの対照があざやか。

 

 

 

 

18年の時がすぎ、少女はアクアショップではたらいていた。

かなしい記憶をもつ「朝霞水紀(あさか みずき)」の、前向きな職業生活をえがく漫画。

 

 

 

 

水槽はただうつくしいだけでは、心をいやせない。

オーナーの人生や思想と交流せねばならない。

 

安堂維子里(いこり)は、「水」をモチーフとするSF/ファンタジー系作品を発表してきた作家。

本作は水への執着をそのまま、「お仕事モノ」のリアリズムにおとしこむ。

 

 

 

 

開業したショッピングモールのためのイヴェント水槽では、

ラピュタみたいな浮島のまわりを、熱帯魚が雲の様にながれる。

宮﨑駿のアニメのなかへとりこまれる気分に。

 

業界のうわさでは、失踪した兄もおなじ仕事をしているらしい。

ガラスと水のむこうに、きっと尋ね人はいる。

せつない感情と、日々のドタバタと、モノクロームの幻想風景がとけあう佳品だ。




水の箱庭 1 (芳文社コミックス)水の箱庭 1 (芳文社コミックス)
(2014/07/08)
安堂維子里

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03