缶乃『あの娘にキスと白百合を』

 

 

あの娘にキスと白百合を

 

作者:缶乃

掲載誌:『コミックアライブ』(メディアファクトリー/KADOKAWA)2014年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

 

 

 

ふとく力がこもり、かつなめらかな描線。

面倒くさそうな髪のグラデーション、バラ園と人物の構図の妙。

缶乃の初単行本は、ひと目でなみなみならぬ才気をつたえる。

 

 

 

 

よだれでノートを濡らすのが「黒沢ゆりね」。

 

 

 

 

先生に指されると、なんでもこたえる。

一度読んだだけで、英語のテキストを全文暗記する天才。

 

 

 

 

スポーツはなにをやらせても全国レヴェル。

 

スポ根マンガみたく、リズミカルでダイナミックなコマ割り。

上の英語の授業もそうだが、「漫画的誇張」の達者な新人だ。

 

 

 

 

ゆりねと対をなすのが黒髪の「白峰あやか」。

自他ともにみとめる優等生で、努力せず学年1位のライヴァルに嫉妬。

 

「天才×秀才」の百合カプは、あらた伊里『総合タワーリシチ』とゆう先例があるし、

群像劇としてはきぎたつみ『共鳴するエコー』に似てると、アマゾンレヴューで指摘されている。

ボクは絵柄に宮原るりの影響を感じた。

要するにイマドキの絵であり話であり、本質を知るにはさらに深部をさぐらねば。

 

 

 

 

百合のおたのしみといえば、息をのむ心理戦。

「へぇ98点、がんばったんだね」

その讃辞に人格を否定する響きがあることに、ゆりねは気づかない。

 

 

 

 

理解できないからこそ、知りたくなる。

そして好きになる。

下駄箱のむこうから物音するなか、だしぬけの狼藉。

子供じみた好奇心にもとづくキス。

 

 

 

 

こちらは2年生で、陸上部エースの「瑞希」とマネージャーの「萌」。

かるくケンカしながら萌がわたす飴は、ちょうど瑞希のなめたかったミント味。

エスパー級に以心伝心なのに、すれちがうふたり。

 

 

 

 

萌が陸上部にスカウトしたゆりねの存在が、瑞希を憂鬱にする。

なにもかも奪われそうな気がして。

彼女の想像世界にあらわれるゆりねは銃をもつ。

 

 

 

 

ときにナイフよりするどく人を傷つけ、ときに宝石よりうつくしい。

そんな不可視なる「心」をドラマティックに描写。

作者が天才か秀才かボクはわからないが、凡才でないのはたしか。




あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2014/05/23)
缶乃

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03