『FREEDOM WARS フリーダムウォーズ』

 

 

6月26日発売のPS Vita用ソフト『FREEDOM WARS フリーダムウォーズ』(SCEJA)は、

かなりトガッてるゲームの様だ。

 

 

 

 

まづ多彩な武器が目をひく。

近接戦闘は剣や槍でたたかう。

 

 

 

 

近未来が舞台ゆえ、アサルトライフルやロケットランチャーは勿論、

ガトリング砲など、ド派手な「分隊支援火器」もそなえる。

マルチプレイで後方からバラ撒くと威力発揮しそう。

 

 

 

 

ゼルダのフックショット的な「荊(いばら)」をつかうと、壁ををつぎつぎ飛びうつれる。

左下に「IBARA」のメーターがみえ、時間制限があるみたい。

 

 

 

 

瞬時に、巨大な敵生体兵器の背後にまわり、高所から狙い撃つ。

 

シンプルなハクスラ戦闘に、三次元のアクションを接ぎ木して、

ポストモンハン時代を模索しているとわかる。

 

 

 

 

各ミッションの目的は、囚われた「市民」を救出し、脱出地点まで護送すること。

製作者は「狩りゲー」との差別化に懸命だ。

でも要するに敵を斃して、報酬をえるゲームなのはおなじ。

 

 

 

 

主人公は、性別や容姿から声までカスタマイズ可能。

 

 

 

 

オトモアイルー的なアンドロイドの「アクセサリ」も、

「狙撃者を倒せ」とか「援護しろ」とか、AIを設定できる。

 

 

 

 

なかでも応答音声をテキスト入力し、それをしゃべらせる機能には舌をまく。

「抱いて」とか「欲しいの」とか、戦場でエロ会話をたのしみたい。

 

 

 

 

スナイパーに狙われ身動きとれないとき、アクセサリへ指示をだす。

「いえす、ますたー」と棒読みの応答のあと、敵を排除。

初音ミクと一緒にたたかう感覚とおもわれる。

ゲームデザイナーをつとめたシフトの保井俊之は、ボカロPとしても有名らしい。

 

 

 

 

マルチプレイは「8人×2キャラ」で合計16体の対戦と、気合いのはいった仕様。

 

 

 

 

『フリーダムウォーズ』は、次世代の「狩りゲー」となりうるか。

それともモンハンやソルサク同様、ローグ出現以来34年間、

ゲームに新機軸など生まれてないことの證明となるか。




フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)
(2014/06/26)
PlayStation Vita

関連記事

テーマ : PlayStation Vita
ジャンル : ゲーム

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03