小谷野敦『頭の悪い日本語』

『DEATH NOTE』(テレビアニメ/2006-7年)

 

 

頭の悪い日本語

 

著者:小谷野敦

発行:新潮社 2014年

レーベル:新潮新書

 

 

 

小谷野敦は「看護師ファシズム」とたたかう。

だれも「看護婦」が差別用語だと抗議しないのに、法令にあわせ日本人は一斉に、

新聞やテレビはもとより小説まで「看護師」をつかいだす。

なんでもファシズム認定したがる著者とはいえ、たしかにこの風潮は異常だ。

左翼知識人が、国家による統制を歓迎するのもなさけない。

 

ちかごろ流行りの「参画」なんてのも、行政用語にひきずられた一例。

「参加」で十分なのに。

 

 

『メトロポリス』(ドイツ映画/1927年)

 

 

「メトロ」はギリシア語で「母」を意味する。

1927年の映画以降、「メトロポリス」や「メトロポリタン」といった語が定着したが、

それはともかく「東京メトロ」は、「東京の母」とゆう意味になりおかしい。

パリの地下鉄を「メトロ」とよぶことからの誤用の様だ。

 

「誤用」と「派生」は区別されねばならない。

たとえば「ダメ出し」

もとは囲碁でもちいられた語から派生した演劇用語で、

「念のため演技の注意をすること」だが、「ダメだと言う」の意味に誤解された。

言葉として一度死んでおり、つかうべきでない。

 

パソコンの普及とともにひろまった「立ち上げる」は、

「自動詞と他動詞の複合動詞だから間違っている」と指摘されることが多いが、

それは「引き上げる」の様な例もあり、実際は「主語のズレ」に文法ミスがある。

「立つ」のがパソコンで、「上げる」のが人間だ。

措辞にこだわる著者だけに、解説は明瞭でよい。

 

むつかしい言葉をつかってインテリぶりたい慾望は否定しがたく、

たとえばスポーツ選手の「美学」がかたられたりする。

別に学問研究じゃないから、「美」か「美意識」でよい。

 

知識人にとり、言葉以上の武器はない。

言葉によってのみ彼らは自立しうるのに、

ロクに辞書もひかず誤用をくりかえし、法令に盲従するなど自殺行為。

まぁ高島俊男や呉智英などウルサ型もいるが、

言論界では「説教ずきの変なジイサン」とみなされている。

 

 

ソックパペット藝を披露するウィキペたん(作者:Kasuga)

 

 

著者はよく「上から目線」といわれる。

 

私は著者で相手は読者なのだから、

それはある程度仕方がないというより、当然と言うべきである。

ネットではみなが平等だとか言われたことがあるが、

実際にはそんなことがあるはずがなく、平等だと誤解した結果である。

 

「著者と読者」の関係は消滅、不気味な「クラスタ」がのこった。

 

インターネットは誤用の地雷原。

たとえば「自作自演」はユーミンみたいな歌手のことで、

2ちゃんねるの荒らしを形容するなら「狂言」がただしい。

「無断引用」もおかしい。

一定の範囲をこえず、引用元を明記すれば、著者にことわる必要ないのだから。

ボクもこの言葉は大嫌いだが、小林信彦までつかってると知りガッカリ。

 

 

『メタルスレイダーグローリー』(HAL研究所/1991年)

 

 

「難易度」は妙ちきりんな表現。

「難易度が高い」は、「難しい」の一言におきかえられるから不経済だ。

本書に書いてないが、ゲーム評論から波及した語だろう。

 

小谷野はゲームがわかってない。

「この戦争がおわったらオレ結婚するんだ……」は「死亡フラグ」といい、

アドヴェンチャーゲームのプログラム概念を、一本道の物語の鑑賞に流用したもので、

定義は曖昧であり仕方ないが、著者はテキトーに書き飛ばしている。

 

『もてない男 恋愛論を超えて』がでたのが1999年1月。

東大卒のセンセイが「非モテ」を理論的に肯定するのが斬新で、ベストセラーに。

なお「2ちゃんねる」開設は同年5月で、たとえば「リア充爆発しろ!」とか、

投稿内容は『もてない男』から影響うけたろうし、著者もそう発言していた。

つまり、小谷野敦がまいた種から日本のインターネット文化はうまれ、

最近ようやく世代交代の波が、非リアの父を押し流しつつある。

 

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(日本映画/2012年)

 

 

堕落する知識人と、クラスタ化する大衆。

退廃の原因はどこにあるのか。

 

本書は、1995-6年のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から、

綾波レイの呼称「ファーストチルドレン」など、「チルドレン」とゆう誤用をあげる。

序数詞と複数名詞の組み合わせはあきらかに間違ってたのに、

当時は訂正されず、新劇場版は「第3の少年」みたくごまかす。

 

すべてはエヴァからはじまった。

知識人は庵野秀明に媚びるまえに、措辞をただすべきだった。

われわれは電子辞書片手に、「ポスト(小谷野風にゆうと「ポゥスト」)・エヴァンゲリオン時代」を模索する。




頭の悪い日本語 (新潮新書)頭の悪い日本語 (新潮新書)
(2014/04/17)
小谷野敦

関連記事

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

三宅大志『ろんぐらいだぁす!』0巻 倉田亜美はみんなのもの

お尻のハイライトがすばらしい

 

 

ろんぐらいだぁす!

 

作者:三宅大志

原案・企画協力:LONGRIDERS

掲載誌:『Comic REX』(一迅社)2012年-

単行本:REXコミックス

[以前の記事→1巻/2巻

 

 

 

カワイイのに本格的な自転車漫画『ろんぐらいだぁす!』1巻がでたのは去年3月だが、

ドラマCDやウェブラジオChouchoによるイメージソングなど、

全速力でメディアミックス展開し、本書の様なファンブックまで登場。

 

そもそものはじまりは、自転車の同人誌へよせた漫画。

お尻の痛みになやむ亜美の「尻藝」は、スタート地点で確立していた。

 

 

 

 

執筆を依頼したのは、別の商業作品の担当編集である石井宏一。

自転車に無関心の三宅大志に、打ち合わせのたび話をきかせ洗脳した。

ちなみに左が作者、右が担当。

 

 

 

 

口車にのせられ、いきなりAACRの最長160kmコースにエントリー。

このときギアが噛みあい、物語は走りはじめる。

作家をその気にさせる、編集者の手練手管におそれいった。

 

 

 

 

もとは一種の「コミックエッセイ」だった『ろんぐらいだぁす!』だが、

作者は75年うまれの男性で、18歳の亜美と似ても似つかない。

オッサンの日常を漫画で描いても「誰得」なので、代理キャラをたてた。

 

 

 

 

逆に亜美の存在は、みんなよろこぶ「全得」。

彼女の瞳がキラキラなのは、その身に託された男子の理想が内面でかがやくから。

 

 

 

 

初期設定資料では高校制服をきているが、

20歳以上でないとブルベに出場できないので大学生へ変更。

安易にヒロインをJKにしなかったのが幸いする。

 

 

 

 

とぼしいバイト代をやりくりし、上級者に食らいつく亜美の姿は「等身大」で、

デフォルメきいた絵柄であろうと、心から共感できる。

自分の足でたってこそサイクリスト。

 

 

 

 

アニマルプリントのパンツも、女子大生だからこそギャップ萌えは増幅。

こだわりぬいたオンナノコと自転車の「パーツ」描写が、人馬一体となり読者をつかむ。

 

 

この表情やばい

 

 

エロゲ版『ろんぐらいだぁす!』は、お遊びでウェブに投稿されたもの。

葵ちゃんじゃなくても買いたくなる。

サーヴィス精神の塊といえる倉田亜美18歳、まさに天使だ。

 

 

 

 

殺人的スケジュールをこなしつつ次回作の構想をねり、過酷な競争をいきる、

漫画家とゆう仕事がいかに「自転車操業」であるかまでわかる一冊。

らいだぁすファンなら、ダイブしてでも買うべし!




ろんぐらいだぁす!0巻 (IDコミックス REXコミックス)ろんぐらいだぁす! 0巻 (IDコミックス REXコミックス)
(2014/05/27)
三宅大志
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

あfろ『シロクマと不明局』

 

 

シロクマと不明局

 

作者:あfろ

掲載誌:『まんがタイムきららミラク』(芳文社)2013年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

 

 

 

桜並木を背にはしる、ショートカットの「熊本チエコ」はきょうが入学式。

カワイイ絵柄が、数々の「きらら系コミック」の記憶をよびさます第1ページ。

 

 

 

 

第2ページで、自分が死んだと知らされる。

窓口のお姉さんは死因をおしえない。

 

脳裏から既視感ふきとんだ読者は、異世界へいざなわれる。

天国と地獄のはざま、「煉獄」へようこそ。

 

 

 

 

煉獄の住人はツノをはやす。

花も恥じらうお年ごろのチエコは気になってしかたないので、

「マリーちゃん」がすてきなシュシュをつけてくれた。

「ビックリしたときのツインテール」にみえるけど。

 

 

 

 

のばしっぱなしは危険だから、散髪ついでに削ってもらう。

牧場の除角作業みたい。

 

 

 

 

宙ぶらりんの煉獄はいわば執行猶予、みな就職して生計たてる。

チエコは郵便配達の仕事を紹介された。

登山家あての手紙をわたすのに頂上までつきあったり、生活のテンポは独特。

 

 

 

 

チエコを居候させたメガネの「ヒグチさん」は、親身に世話やいてくれる。

たまに通じない比喩がおもしろい。

 

 

 

 

おもに本作は、ヒグチさんを愛でるための漫画。

ジト目系女子が、起伏にとぼしい顔つきの下にためたドロドロした鬱屈を、

一緒にデトックスする女子会「ジト目会」とか、なんかいじらしい。

 

 

 

 

「チエコさんは現世に会いたい人はいますか?」

「よく分からないです」

「そうですか」

 

煉獄の住人は、自分が死んだことはうけいれている。

こればかりは仕方ない。

生まれ変わりまた現世へもどるのもいいけど、「ここ」での人生もわるくない。

「異世界シュール系四コマ」とおもわせつつ、ふとはさみこまれる「素の表情」が心をつかむ。

 

 

 

 

煉獄にいる死者たちのなかには有名人もいて、

才能は健在だから、たとえば聖徳太子は漫才師として活躍。

ヒグチさんもかつて「樋口一葉」のペンネームで小説をかいたが、いまは放送作家。

 

重層的で歯ごたえある作品だ。

 

 

 

 

ケーキだいすきなマリーちゃんの別称は「マリー・アントワネット」。

ギロチン処刑以来となる、愛娘「シャルロット」との感動の再会。

 

 

 

 

チエコも、24歳で死んだ一葉も、革命の犠牲となったマリーも、

煉獄の住人はみな無念の思いをかかえ、いまを真摯にいきている。

 

笑って、萌えて、泣いて、考えさせられて。

おもしろい漫画がないなら、『しろふめ』を読めばいいじゃない?




シロクマと不明局 (1) (まんがタイムKRコミックス)シロクマと不明局 (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2014/05/27)
あfろ

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 

ニック・ビルトン『ツイッター創業物語』

 

 

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

Hatching Twitter: A True Story of Money, Power, Friendship, and Betrayal

 

著者:ニック・ビルトン

訳者:伏見威蕃

発行:日本経済新聞出版社 2014年

原書発行:2013年

 

 

 

2006年にツイッターがはじまったのは、スティーヴ・ジョブズに殺されかけたから。

iTunesがポッドキャスティングに参入するとゆう発表は致命的打撃で、

社員をやしなうため、「いまなにしてるか」を書くサーヴィスへ移行。

 

ITオタクは自分らのクールな着想を、まづ音楽ファンへ売りこむ。

テクノ系のフェスで大々的に宣伝うつも、ほとんど反応なかった。

そもそもツイッターとはなにか、社員すら説明できない。

 

8月下旬、ちいさな地震がおきる。

利用者はついにこのサーヴィスの威力を理解した。

それは世界最速の「ニュースネットワーク」だった。

 

 

 

 

ツイッターはCNNなどの偏向報道を是正し、国の政策へ影響あたえるまで急成長。

外国の政治指導者も、こぞってシリコンヴァレー詣でをする様に。

 

ヤフーやフェイスブックは買収をもくろむ。

かれらの交渉術は判でおす様におなじ。

「キミらのテクノロジーは、わが社なら一週間で構築できる。

いますぐ降伏しなければ、つぶすぞ」

 

そんな脅迫はシリコンヴァレーじゃ日常茶飯事、むしろ名誉だった。

 

 

 

 

創業者のひとりジャック・ドーシーは、ツイッターを電気・ガス・水道にたとえる。

それは「公共事業」なのだと。

あながち大法螺でなく、オキュパイ運動やウィキリークス騒動で圧力かけられたとき、

フェイスブックなどと一線を画し、ツイッターは中立をたもった。

 

だが現実世界で、高邁な理想を追いつづけるのはむつかしい。

ジョブズを崇拝し言動や外見までマネるドーシーは2008年、部下にきらわれCEOをおろされる。

後任のエヴァン・ウィリアムズは、しょっちゅうサイトがダウンし、

まぬけなクジラがぷかぷか浮いてばかりのツイッターを立てなおすが、

復権を画策していたドーシーのクーデタにあい、2010年にCEO交代。

タイムラインの陰で、血で血をあらう内ゲバをくりひろげた。

 

 

 

 

「@」をつけたリプライや「#」をつけたハッシュタグはツイッターのシンボルだが、

もとはユーザーが勝手に導入したもの。

当時のエンジニアはサイトをかるくするため、機能をとりはずすのに必死だった。

巨大なクジラは産みの親のもとをはなれ、ひとりで泳ぎだす。

 

2011年、ラッパーのスヌープ・ドッグが物見遊山で社屋をおとづれたとき、

一行は女子社員を口説きまわり、ターンテーブルをみつけライヴをはじめる。

マリファナ煙草を回しのみながら乱痴気騒ぎ。

やがて辯護士がやってきて事態を収拾。

社員が投稿したツイートや画像は削除される。

新CEOのディック・コストロは、「ツイッターも大人になる時期だ」と激怒した。




ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切りツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り
(2014/04/24)
ニック・ビルトン

関連記事

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

「よねも」とゆう半文盲から学んだこと

 

日本史上最大の独裁者は安倍晋三だろう。

織田信長は全国平定してないし、東條英機は軍部を掌握できなかった。

現在、マスゴミは礼讃、インターネットはネトウヨが支配。盤石の統治である。

 

先月Twitterへ投稿したつぶやき。

「よねも(@samsam4184)」と名乗る人物からリプライがきた。

 

選挙の洗礼を浴びる独裁なんて聞いたことないっす。

独裁とは憲法と国会を停止し立法権を行政の長が独占すること。

国会対策と与党間協議に忙殺される独裁者なんて、

独裁者の風上にも置けないお人好し独裁者ですわ(爆)

 

文末の「(爆)」を目にした時点で爆発的に萎えたが、

たとえ世界一のバカからでも学べることはあるので相手した。

 

 

なんか支那から攻撃されてる

 

 

よねものツイート数は「148」、大してつぶやかないボクよりずっとすくない。

自己紹介も空欄で氏素性はつかめないが、それは当方も大差ない。

こう返答する。

 

20世紀までなら、その楽観的な認識で良いと思いますが、

ソヴィエト崩壊以降、対立軸をうしなった「民主主義」は機能していません。

たとえばプーチンやベルルスコーニに対し、それは無力だった。

アメリカでは選挙のたびに格差が拡がっています。エジプト革命も失敗しました。

 

140字に大まかな歴史の流れと、4つの具体例をまとめた。

Twitterでの議論ならこの一手で「詰み」だ。

假に相手が政治学の専門家だとしても、反證あげるのに二三回かかる。

それぞれに批判をくわえつつ、一番よわそうなところを撃てばよい。

さあ、どうくるか。

 

それは民主主義の機能不全の話であって、殊それについては理解できます。

ただそこからいきなり安倍内閣が独裁であるというのは飛躍し過ぎに映りました。

貴方の論の真意が民主主義の機能不全についての指摘なら特に異論はありません。

 

なに、「飛躍し過ぎ」だって……想定を下まわる低レヴェルな反応だ。

プーチンやベルルスコーニやオバマやムルシーと、

われらが安倍晋三の間に、「飛躍」を必要とする距離があるわけない。

それともアベちゃんは宇宙人かなにかかな?

 

「真意」を補足する必要があるほど、複雑なことは言ってません。

あなたがシステムの話をしたから、それに合わせただけです。

 

このリプライは、われながら素っ気ない。

要するにボクが言いたいのは、

 

「バカはバカなりに、自分の頭でかんがえろ」

 

……ってこと。

そうすれば「ただのバカ」から、「すこしマシなバカ」になれる。

たとえばボクがそうありたいと思っている様に。

「プーチンが独裁者でない根拠」を自分の言葉でかたってもらえたら、こちらも勉強になる。

 

貴方の言う独裁が、磐石な安定政権という意味と

私なりに理解すれば何の問題もないということですね。

お騒がせして申し訳ありませんでした。お許しを(^人^)

 

残念ながらよねもは、一つも反證あげられぬまま、逃げの態勢に。

でもワガママなボクは、「(^人^)」←こんな顔文字つかわれたところで解放しない。

 

「磐石な安定政権」とは、強い価値判断をふくむ表現で、その解釈は認められません。

でもこの話題はこれくらいにしておきましょう。

 

「これくらい」とか言いつつ退路をふさぐ一手に、性格の悪さがにじむ。

 

であれば、そのように。

但し、独裁者の定義につきWikipediaやその他文献でご確認なさい。でわでわ

 

いやWikipediaもいいけど、「アンタの意見を聞かせろ」と言ってんですよ。

まぁ面倒だけど、ウィキペを開くとしますか。

 

独裁者の定義や範囲は、立場や視点にもよるため、多数の議論が存在している。

 

ダメじゃん。

最初の段落で否定されてますが。

せめて自分で読んでから、他人に意見してくださいね。

 

のこりの2リプライはテキストファイルに保存しておいた。

 

 

『エンジェル ウォーズ』(アメリカ映画/2011年)

 

 

ボクは議論に絶対負けない自信がある。

なぜなら、勝ちたいとおもわないから。

 

闘争で敵対者はつねに、自分の一番の武器でこちらの一番の弱点を突く。

これ以上有効な知的訓練はない。

しかもタダで!

議論するときのボクは嬉しくて嬉しくて、お腹すかせた犬みたく尻尾をふっている。

こんなだからいつも相手に逃げられるのかな。

 

さて前述したとおり、世界一のバカからでも学べることはある。

今回「よねも」から得た教訓はなにか。

 

「『Wikipedia読め』とゆうヤツは頭がカラッポ(爆)」

 

……これだ。



関連記事

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

上田ゆい『つくし日和』

 

 

つくし日和

 

作者:上田ゆい

掲載誌:『マガジンスペシャル』(講談社)2013年-

単行本:講談社コミックス マガジン

 

 

 

「つくし」はメイドロボット。

黒髪ポニーテールで、あかるく元気なのがセールスポイント。

 

 

 

 

新人・上田ゆいの絵柄はほんわかしてるが、

本作はいわゆる「エロコメ」で、ほぼ毎回乳首露出シーンがある。

名前がまぎらわしいけど、男性作家らしい。

 

 

 

 

少年とメイドロボの間にめばえた、恋愛の様な、家族の様な感情。

そのすべての記憶が初期化されたら……みたいなSF展開もある。

 

 

 

 

作品世界では、ロボットが一般家庭に普及している。

和装でキリッとした「苺さん」など別機種も存在。

 

 

 

 

苺さんは軍用機なので、戦闘モードにはいると怖い。

 

 

 

 

でもサイエンスやアクションはひかえめに、ひたすら作者はロボ娘をみがきあげる。

主人公の中学の授業参観で、なぜか先生としてあらわれたつくしさん。

コスプレさせたいだけにみえるが、脚線美に免じるとしよう。

胸もお尻もイケる、全天候型の作家だ。

 

 

 

 

もちろんロリもいる。

身長132cmの「ひまわりさん」は、温泉旅館ではたらく仲居系メイドロボ。

 

 

 

 

オンボロ旅館をひとりで切り盛りしようと悪戦苦闘するところ、

主人公のやさしさにほだされ、思考回路は変調きたす。

「変ですよね…?」

(恋ですよね…?)

 

失礼ながら、画風や設定に新鮮味はあまり感じられないが、

登場人物……じゃなくて登場ロボットの、いきいきした表情になごむのだった。




つくし日和(1) (少年マガジンコミックス)つくし日和(1) (少年マガジンコミックス)
(2014/05/16)
上田ゆい

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  近未来 

小説20 パーティ

『自由か、隷属か』


登場人物表


全篇はこちら





8月14日 朱星ジョージ



 「幕張イベントホール」に数千の口と食器からのノイズがこだまする。サポーター連隊の石田と自転車連隊の千葉、連隊長同士の結婚披露宴だ。今後の兵站が不安になるほど食べ物と酒を用意した。Perfumeの曲にあわせ踊るものもいる。

「歌いすぎて喉がかわいた。ワインをもってこい!」

 髪の長い大柄な女性が部下をよびつける。

 人民解放軍のフェン上尉だ。フランちゃんが北京でスカウトした。豪快にビンからラッパ飲み。この宴会は彼女の歓迎会も兼ねるが、たのしんでくれてる様だ。

「アイシェンさん、『いーあるふぁんくらぶ』って曲しってる?」

 カラオケのリモコンをもってジュンが話しかける。

「もちろん! 『ハイハイチャイナ、ちょちょ夢心地♪』」

「じゃ予約したよ~」

「日中の架け橋となる名曲だな! いや愉快愉快。さあみなでもっと飲もう。戦勝の前祝いだ!」

 最近すこしは社交的になった妹だが、シラフで初対面の相手とデュエットなどするはずない。だれが飲ませた?

「カシスオレンジを一杯あげただけですよ」

 中田参謀長が、茶色の液体でみたしたグラスふたつもって背後にいた。

「こまるなあ。これ以上アイツの評判をおとしたくない」

「陽気になってカワイイじゃないですか。マジメな話、無礼講で兵の不満を解消したいんです。ジュンさんがあんなに酔っぱらうとは思わなかったけど」

「ウチは両親ともまったく飲めないから」

「まぁボクも弱いですけどね。カルーアミルクしか飲めないし。司令もいかがです?」

「せっかくですが遠慮します」

 オレは無能なのだから、せめて日常生活は模範的でありたい。



 中国の女武将が、右にワインボトル、左にジュンとフランを抱きかかえ正面で仁王立ちする。ジュンは笑い転げ、フランちゃんは涙目。

「いま知ったのだが、司令官閣下は……」

「『閣下』はよしてください」

「……司令官はジュン殿の兄君であるそうだな!?」

「ええ、幸か不幸か」

「謙遜を。才色兼備の妹をもつあなたがうらやましい。『エヴァンゲリオン』のテレビ版と劇場版の全セリフを暗記するなど、人間業とおもえない。わたしは今日からジュン殿に弟子入りしたぞ! あとすこし立ち入ったことを聞きたいのだが……」

「なんでもどうぞ」

「司令官と参謀長がホモとゆうのは本当か!?」

 ジュンが真っ赤な顔で下をむき、吹き出すのをこらえる。フランちゃんが不器用にウインクをくりかえす。口裏合わせろってことか。

「いや急にいわれたら照れるな~。ここだけの話ですよ」

 中田参謀長がオレの肩をだき、頬をよせる。それをみてフェン上尉の睫毛のこい目が、あっとゆう間にうるんだ。

「愛する者のため、革命に身を投じた男たち……なんとうつくしい友情か! さすがはホモの国日本! 司令官、わたしはあなたに絶対の忠誠をちかう!」

 床を涙で濡らしながら平伏する女武将に、いまさら嘘とはいえなかった。



 盛りをすぎたころ宴会を中座し、自室にひきこもるアリアの様子をみにきた。ノックの返事はないがドアをあけると、書類と酒瓶で足の踏み場がない。隻眼の女のシルエットが闇にぼんやりうかぶ。

「こんなところで飲むくらいなら下で……」

「血の臭いのする人間がいたら、新郎新婦に迷惑だろう」

「なあアリア、キミはもっとマシなユーモアのセンスの持ち主じゃなかったか?」

「わたしはつまらない女さ。最近よく死んだ母をおもいだす。マリア様とウォッカにしか興味のない、典型的ロシア女だった。娘は宗教のかわりに戦争に狂ったわけ」

 自嘲の表情があまりに傷だらけなので、ベッドに腰かけ抱きよせる。タンクトップごしに胸をさわる。石像を抱擁してるみたいだ。

 ノックにつづき女の声がした。

「失礼します……あっ司令官、出直します」

「気にしないで。用件はなんですか」

「フジテレビの取材班が到着しました。屋上で撮影の準備中です」

 彼女はたしか茅野さん、県庁でトモコ会長のもとで、広報業務にたづさわる。「書類審査」で厳選しただけある、ショートカットの似あうキレイな大学生だ。

 内戦勃発から四か月たち、中立とはいわないまでも、マスメディアは自由軍に関心もちはじめている。特にあまたの武勲たてた中二病女戦士に。アリアの不機嫌はオレがひきうけてでも、宣伝する価値はある。

 茅野さんが声をひそめてゆう。

「ところで司令、斯波会長から伝言があるのですが」

「なんでしょう」

「ここではちょっと……妹さんのことで」

 ちらちらオレの隣りへ視線をおくる。アリアは鼻をならして立ち上がり、刀をさす。

「取材ならひとりで問題ない。ジョージ、いつもありがとう」

「ん?」

「やさしく抱いてくれて」

 目を白黒させた茅野さんを尻目に部屋をでる。

 わたされた一冊の大学ノートをひらく。なにかの帳簿らしい。ひきつった悪筆は、ジュンのものにみえる。

「これのどこが重要なんだろう」

「非常にいいづらいことですが……ジュンさんに横領の疑いがかかっています」

 ふかくため息をつく。アイツはしょっちゅう親のカネに手をだしていた。オレのなけなしの貯金まで盗んだ。ありえないことじゃない。

「この件を知ってるのは?」

「会長とわたしだけです。できればジュンさんと直接お話しできれば」

「その方がはやいですね。一緒にゆきましょう」

 ホールへもどる足取りは重い。もう衛兵もおらず、会場にほとんど人はいなそうだ。入口から、グミだかキャンディだかをうたうジュンの歌声がもれる。オレはここで一体なにをしてるんだ。命懸けで妹の尻ぬぐいする、世界一愚かな兄じゃないか。

「そうだ、なにをしてるんだ」

「司令、どうしました?」

 なぜ守衛がいないのか。ジュンに対しては二十四時間の警護体制をしいている。よからぬことがおきている。

「ジュンはわたしの部下が見張っている。安心しろ」

 柱の陰からアリアの半身がのぞく。白刃がにぶくひかる。

「撮影じゃなかったのか」

「そもそも取材なんてないのさ。スタッフに化けた政府軍特殊部隊は拘束した。わたしとジュン、ついでにキミを殺す計画だった様だ」

「アリア、ちゃんと事情を説明しろ!」

「そこの美人に聞くといい。なあ、フジテレビのアナウンサーに内定がきまった茅野さん?」

 名指しされた当人はカチカチ歯をならす。化粧が汗でくづれている。かすれ声でさけんだ。

「わ、わたしは知りません。すべて斯波会長の命令です!」

「バカだな、泳がされてたのに」

「ちがいます、わたしはハメられたんです! それにノートとゆう動かぬ證拠もあるでしょ? 司令官、信じてください!」

 アナウンサーの卵の媚態に、ふと迷いが生じるが、ふりはらう。

「これはジュンが書いたノートじゃない」

「そんな、筆跡も一致してるのに」

「オレは妹が紙に字を書くのを見たことがない。小学校のときからずっとパソコンだ。あのズボラ娘が、カネの出入りなんて記録するはずない。ならどう偽造したんだろう……アイツの漫画を資料にしたのか」

 アリアがぷっと失笑する。

「陰謀をしかける相手をまちがえたな。衛兵、この女も監禁しろ! 乱暴はするなよ。人質としての価値がなくもない」



 アリアとふたりで、遊び疲れてホールで寝ていたジュンを部屋へはこんだ。せいのでベッドによこたえる。アリアがジュンの前髪をとかす。

「赤ん坊みたいにぐっすり眠ってるな。寝顔はお兄ちゃんそっくりだ」

「ウブでだまされやすい兄妹だからね」

「怒ってるのか? 暗殺計画を報告しなかったことを」

「あたりまえだ。ジュンやオマエにもしものことがあったら……」

「正直ゆうと茅野と会長とジュン、だれが黒幕か百パーセント確信なかった」

「だからといって……」

「キミはいざとゆうとき、妹を斬れまい? よってわたしの責任で処理した」

 あわい色の右目につめたい光がもどる。

「オマエならジュンを斬れると?」

 沈黙。

「いや、無理だな。ジュンのことは実の妹の様におもっている。すまない。ひとりで抱えこむのがわたしの悪癖だ」

「しってるよ」

「お詫びをかねて、ふたりだけのパーティをひらこうか。今夜はわたしを好きにしていい」



関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

CHuN/巣山真『死神様と4人の彼女』2巻 オルタナティヴなでしこ

 

 

死神様と4人の彼女

 

作画:CHuN(Friendly Land)

原作:巣山真

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』2013年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

[1巻の記事はこちら

 

 

 

両手にあまる四輪の花。

死神にハメられ、「4ルート同時攻略」を余儀なくされたハーレムラブコメは、

2巻も一層シッチャカメッチャカで、ときめく胸もはちきれそう。

 

 

 

 

ほかの「3人の彼女」にバレないよう、隣町でデート。

「フーフーからアーン」がカップルの食事のルールだとか、

頭でっかちに決めつける委員長に引くが、その口元に目は釘づけ。

 

 

 

 

「朝の復習忘れてた……!」と、突然ボロボロの単語帳をとりだす。

主導権にぎられっぱなし。

 

 

 

 

お嬢さまの「エミリ」とは、ネカフェの個室でまったり。

得意の『モンスターハンターオンライン』でドヤ顔。

 

 

 

 

紹介しきれないほど「ラッキースケベ」てんこ盛りの作品だが、

胸タッチをあえて貧乳キャラへふる点に、趣味のよさを感じる。

 

 

 

 

故意じゃないのに「エロぼっち」呼ばわりはヒドいけれど、

「今度こそ別れるから」発言は逆に好意がにじみ、いじらしい。

 

 

 

 

水泳部エースの「沢渡あおい」先輩に、部活後のプールへよびだされる。

ふくよかな乳房からひろがる波紋は、物理演算エンジン真っ青のうつくしい描写。

 

それにしても死神ふくむ5人のヒロインは粒ぞろいで、甲乙つけがたい。

奇跡的なバランスだ。

 

 

 

 

2巻は、体育系でさわやかな沢渡先輩のための一冊。

アマゾンレヴューを引用しよう。

 

「ツインテール」→といえば→「ツンデレ」みたいに

「こういう感じのキャラクターは、こういう性格に違いない」って感じのあるじゃないですか?


最初に言っておくと、多分それ、当たらないです。

前巻の時点でそんな感じはありますけど、斜め上をいくというか、

いい意味でも悪い意味でも期待を裏切ってくれる漫画です。

 

「沢渡あおい」フォルダに蓄積された、382通のメールのこわさ。

 

 

 

 

一言でいえば「ヤンデレ」。

でもWikipediaニコニコ大百科ピクシブ百科事典の定義をこえ、グイグイせまる。

中華民国出身の作家だからかも。

 

 

 

 

男は性愛に関し博愛主義とはいえ、その実現は容易でなく、

ハーレムラブコメも大抵「正妻格」のヒロインが存在する。

本作なら死神の「愛離さん」がその地位にあるが、これがなんとも憎らしい。

いつもとちがう角度から光をあてられた大和撫子は、よりあでやかに咲き乱れる。




死神様と4人の彼女(2) (ガンガンコミックスJOKER)死神様と4人の彼女(2) (ガンガンコミックスJOKER)
(2014/05/22)
巣山真

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

缶乃『あの娘にキスと白百合を』

 

 

あの娘にキスと白百合を

 

作者:缶乃

掲載誌:『コミックアライブ』(メディアファクトリー/KADOKAWA)2014年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

 

 

 

ふとく力がこもり、かつなめらかな描線。

面倒くさそうな髪のグラデーション、バラ園と人物の構図の妙。

缶乃の初単行本は、ひと目でなみなみならぬ才気をつたえる。

 

 

 

 

よだれでノートを濡らすのが「黒沢ゆりね」。

 

 

 

 

先生に指されると、なんでもこたえる。

一度読んだだけで、英語のテキストを全文暗記する天才。

 

 

 

 

スポーツはなにをやらせても全国レヴェル。

 

スポ根マンガみたく、リズミカルでダイナミックなコマ割り。

上の英語の授業もそうだが、「漫画的誇張」の達者な新人だ。

 

 

 

 

ゆりねと対をなすのが黒髪の「白峰あやか」。

自他ともにみとめる優等生で、努力せず学年1位のライヴァルに嫉妬。

 

「天才×秀才」の百合カプは、あらた伊里『総合タワーリシチ』とゆう先例があるし、

群像劇としてはきぎたつみ『共鳴するエコー』に似てると、アマゾンレヴューで指摘されている。

ボクは絵柄に宮原るりの影響を感じた。

要するにイマドキの絵であり話であり、本質を知るにはさらに深部をさぐらねば。

 

 

 

 

百合のおたのしみといえば、息をのむ心理戦。

「へぇ98点、がんばったんだね」

その讃辞に人格を否定する響きがあることに、ゆりねは気づかない。

 

 

 

 

理解できないからこそ、知りたくなる。

そして好きになる。

下駄箱のむこうから物音するなか、だしぬけの狼藉。

子供じみた好奇心にもとづくキス。

 

 

 

 

こちらは2年生で、陸上部エースの「瑞希」とマネージャーの「萌」。

かるくケンカしながら萌がわたす飴は、ちょうど瑞希のなめたかったミント味。

エスパー級に以心伝心なのに、すれちがうふたり。

 

 

 

 

萌が陸上部にスカウトしたゆりねの存在が、瑞希を憂鬱にする。

なにもかも奪われそうな気がして。

彼女の想像世界にあらわれるゆりねは銃をもつ。

 

 

 

 

ときにナイフよりするどく人を傷つけ、ときに宝石よりうつくしい。

そんな不可視なる「心」をドラマティックに描写。

作者が天才か秀才かボクはわからないが、凡才でないのはたしか。




あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2014/05/23)
缶乃

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 缶乃  百合 

なぜ『ご注文はうさぎですか?』は女ウケが悪いのか

 

 

7話を中心に、小考を披露したい。

[以前の記事→アニメ1話/2話/3話/原作1巻/2巻

 

チノがふくれっ面なのは、趣味のパズルを勝手に進められたから。

 

 

 

 

自称姉のココアは、お詫びのしるしに8000ピースのジグソーパズルを献上。

大作すぎるので、五人がかりで解く。

 

 

 

 

夜中に女の子が、黙々とパズルに没頭するだけの地味なエピソードだが、

凝り性なリゼの変なテンションとかやっぱカワイイ。

 

 

 

 

「チノちゃんの作ったところと、がった~い!」

「あいそうですね」

 

 

 

 

凹に凸をぬるりとハメこむジグソーって、なんかエロい。

 

 

 

 

おもわずふれあう手。

 

 

 

 

「はわわっ、せせせ先輩からお先にどうぞっ……」

「いや、シャロの方があってるっぽいし」

 

 

ワンピースの描きかたとか丁寧で、見ていてたのしい

 

 

厚紙ならべる遊戯に、百合の魔法をかけるとあら不思議、性行為の隠喩へ早がわり。

 

内田真礼が、シャロの声を自分なりにつかんできており、

ボクがおもう原作のイメージとちがうけれど、さすがだ。

 

 

 

 

さて、チノのかよう中学の昼休みで、デザートの時間になる。

きょう持ってきたのは牛乳寒天。

おやつ感覚でカルシウムを摂取し、身長のばすため。

 

 

 

 

「あわよくば胸もおおきく……」

 

スイーツの嗜好も、すべて性的関心へ還元される。

 

 

1話より、ココアとティッピー運命の邂逅

 

 

本作のキーワードは「もふもふ」。

もとは動物のやわらかな毛皮の触感をあらわす擬態語だが、

「チノちゃ~ん、もふもふ~」の様に、ココアがチノをハグするときもつかう。

 

相対的に毛ぶかい男との接触をもとめる女の願望が、「もふもふ」概念の根底にある。

それを女同士に応用する点に、『ごちうさ』の屈折がみえかくれ。

 

 

 

 

ヨーロッパ風の町並み・ラテアート・ハーブティー・パン・抹茶・和菓子……。

女性ごのみなメニューの本作だが、ボクがリサーチするかぎり「女ウケ」はわるい。

altnk氏の奥さんの感想を、Twitterから引用。

 

アニメ「ご注文は兎ですか」、俺は大好きなんだが

連れは女を美化した非現実的な妄想アニメと手厳しい。

 

連れに言わせると,昔のオヤジエロ漫画雑誌と同じだそうです。

世代交代しただけ、とまで(笑。

 

「エロ漫画が世代交代しただけ」とのこと。

 

 

 

 

『ごちうさ』の少女たちは、エゴや葛藤をもたない。

あっても女の子同士のイチャイチャで、刹那的に解消される。

そこに缺けているピースはつまり、建設的なパートナーシップ。

 

 

※コラではありません

 

 

性慾はあっても、哺乳動物としての本能にとぼしい。

妊娠や授乳の機能をそなえる様にみえない。

「ココアさんはウサギとゆうより、笑顔がウーパールーパー……」

きっと萌えアニメの登場人物は、両生類みたく水中で産卵するのだろう。




ご注文はうさぎですか? 第4巻 (初回限定版)(仮) [Blu-ray]ご注文はうさぎですか? 第4巻 (初回限定版)(仮) [Blu-ray]

関連記事

テーマ : ご注文はうさぎですか?
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ  きらら系コミック 

やさしい帝国

左からチツン、ソンツェン・ガンポ、文成公主

 

 

「帝国」とは、複数の勢力を支配する国のことだが、

エイミー・チュア『最強国の条件』(講談社)によると、

歴史上ハイパーパワーを手にした帝国は、みな「寛容」とゆう美点をそなえる。

 

大唐帝国がその理想か。

太宗は婚姻政策で同盟をつよめるとともに、外国の文化や宗教をうけいれた。

玄奘がもちかえった仏典をよみ、支那の教えよりすぐれていると宣言。

そもそも太宗は、母が匈奴系の遊牧民族の出身で、

おさないころから異民族の習慣にしたしんでいた。

かれの傑出した武勲も、突厥じこみの騎馬戦術の機動力あってのこと。

 

スーパーマンめいた太宗は後継者えらびで失敗し、死後に則天武后の擡頭をゆるす。

その史上唯一の女帝も、特権を独占してきた貴族階級を大量処刑したうえで、

科挙制度を改革することで官僚機構を近代化。

また玄宗は、ウマイヤ朝から派遣された使節団が、

「イスラム教徒はアッラー以外に平服しない」と即頭の礼をこばんだ際、

「宮廷儀礼は国によって異なる」と言ってこれをゆるす。

死刑は廃止され、女たちは自由なファッションをたのしんだ。

 

 

ニューヨーク湾のエリス島についた移民(1902年)

 

 

ワシントンやジェファーソンやフランクリンなどアメリカ建国の父は、

聖書の訓戒より理性を信じ、教会に批判的だった。

さまざまな宗派の兵からなる軍を組織し、イギリス軍に対抗。

18世紀末には、世界でもっとも宗教に寛容な国となった。

 

ヨーロッパの工場で技術をつちかった熟練工を移民としてむかえ、

アメリカの産業は19世紀に爆発的に発展する。

ナチスドイツの人種差別政策は科学界の頭脳流出をまねき、

アインシュタインやフェルミやフォン・ノイマンらが、米国で原爆を開発。

軍産学のむすびつきは今日にいたるまで強固なもので、

原子力空母やステルス戦略爆撃機による覇権を維持可能にしている。

 

では支那は、アメリカに匹敵する「寛容な帝国」に返り咲けるだろうか?

EUですら4億5000万人の人口をまとめるのに苦労するなか、

かの国は13億人に人種的一体感をあたえるのに、どうにか成功している。

しかし毛沢東や鄧小平は、唐太宗やワシントンとは別種の政治家。

上海をおとづれるビジネスマンは、だれも支那人になりたいとおもわないし、

支那人もかれらを同胞としてむかえるつもりはない。

 

 

1930年代の総督府(石川欽一郎・画)

 

 

もっとも失敗した帝国は勿論、大日本帝国だ。

ナチスドイツですら東欧ではしばしば歓迎されたのだから。

日本はアジア諸国に多少は便益をもたらしたし、

比較対象であるヨーロッパ人の傲慢さも最悪といえるものだったが、

わが国の植民地支配は歴史上の汚点とみなされている。

 

唯一の例外である台湾支配をみると、とるべきだった政策がわかる。

1895年の領有後も、各地方に根づいた土着文化を抑圧せず、

現地人に商業上の特権をみとめ、インフラをひろく改善するなどした結果、

第二次大戦に8000人が志願するほど日本による統治は支持された。

 

日本は台湾を、いわば「帝国主義2.0」みたいな形で、

自国の価値を世界にみとめさせるショーケースとみなしたらしい。

その後おもいあがって戦艦と空母と戦闘機で勝負をいどみ、原爆で返り討ちにあう。

「損して得とれ」の余裕をわすれたくないものだ。




最強国の条件最強国の条件
(2011/05/11)
エイミー・チュア

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

大竹利朋『もぐささん』

 

 

もぐささん

 

作者:大竹利朋

掲載メディア:『となりのヤングジャンプ』(集英社)2013-14年/『週刊ヤングジャンプ』2014年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス

 

 

 

「プレッツェル疑惑」が発覚し動揺する、「もぐささん」こと「百草みのり」。

この世の終りみたいな。

 

 

 

 

木漏れ日の似合うもぐささんは、高校1年生。

クラスでもおとなしめで、フランス文学とかすきそうなイメージ。

 

 

 

 

事件は授業中おきた。

主人公「小口虎雄」は気づいたのだ。

シャーペンもつふりして、もぐささんがプレッツェル食べてることに。

カリカリの咀嚼音を、まわりの筆記音にまぎらせてることに。

 

 

 

 

彼女が摂食中なんて、だれも夢にもおもわない。

ワガママな胃袋をもつ、ステルス戦略食欲娘だ。

 

 

 

 

昼休みは、ぶあついフランス語辞書のケースにかくした弁当を。

キャラ弁よりドカ弁を愛する。

 

「木漏れ日の勉強女子が、こぼれぎみの弁当女子になっちゃったよ」

ストーカーと化した虎雄のツッコミもおかしい。

 

 

 

 

トラオの追及により、さまざまな余罪が判明する。

アメ同時4個ステルス舐めで、解剖学的限界にいどんだり。

 

 

 

 

財布には駄菓子の「蒲焼さん太郎」を常備。

うすいのでジャストフィット。

 

萌えキャラで「食いしん坊」は定番の設定だが、

本作はその一点を、おもいきって一人格まで拡大してみせる。

 

 

 

 

トラオに弱みをにぎられたもぐささんは、デートのさそいに応じる。

映画館で気になるのは、ポップコーンのキャラメルのかかり具合。

花より団子の、アンバランスなラブコメでもある。

 

 

 

 

トラオの家は食堂をいとなんでおり、料理が得意。

つくる方はからっきしのもぐささんとは、お似合いかもしれない。

「できるピッチャーみてぇだ!!」とか、級友の発言もそこはかとなく愉快で、

大竹利朋はナチュラルに笑いのツボをこころえた新人だ。

 

 

 

 

原発問題をとりあげた花咲アキラ/雁屋哲『美味しんぼ』は、言論弾圧にひとしい批判をあびたが、

内容を疑問視されたとゆうより、「食い物の漫画が政治に口をだすな」と反感かったのだろう。

あれが袋叩きに値するなら、ボクなんか50回くらい暗殺されないとおかしい。

 

逆にゆうと、食欲に罪はない。

もぐもぐ系イノセントガールが漫画の王道をゆく。




もぐささん 1 (ヤングジャンプコミックス)もぐささん 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/04/18)
大竹利朋

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

なぜ『ラブライブ!』は『glee』をパクったのか

 

 

パクリはダメ。ゼッタイ。

 

 

 

 

しかしμ'sは、藝術の女神ミューズをうらぎっていた。

 

『ラブライブ!』が、テレビドラマシリーズ『glee』を盗用していることが、

アメリカの動画共有サイトでの指摘によりあきらかになった。

ボクは海外ドラマに疎いため、この事態は想像すらしておらずヘコんだ。

 

 

 

 

くわしくはリンク先の記事などで確認できる。

2期6話でミシンをかけるにこがキレたり、穂乃果が上から目線でかたる不自然さは、

ことなる文脈の場面をコピペしたことに原因があった。

唐突なKISSの假装も二番煎じ

どう悪質かは、2ちゃんねるで見つけた批判がわかりやすい。

 

 

 

 

雑誌の読者参加型企画のアニメ化にあたり、アニオタが不案内そうな海外ドラマを下敷きとする。

本作の成功の理由もそこにあるが、セリフやカットまで「トレス」なんて、やりすぎ。

原典を尊重する姿勢はカケラもない。

「偶然の一致でないこと」を明示しておらず、「オマージュ」にもなってない。

そして「オレたちはgleeをこえる作品をつくる!」とゆう情熱の缺如が、なにより残念。

 

 

 

 

こうなると出るわ出るわで、すべてがパクリ認定されかねない勢い。

「にっこにっこにー」は、『THE IDOLM@STER』の菊地真の「まっこまっこり~ん」から。

 

 

 

 

小泉花陽のご飯好きも、アイマスの星井美希からいただいた。

 

 

 

 

もはや「ラブライブにオリジナル要素は存在するのか?」とまで疑われる。

感情移入していたことがバカらしくなる。

歌い踊る3Dモデルが、ロボットにみえてくる。

 

 

 

 

ではなぜ監督や脚本家は、辯解の余地ないほど忠実に模倣したのだろう。

総じて良心的なこのアニメが、「パクライブ」と嘲笑されるリスクをおかして。

ボクはわかる気がする。

 

男がつくり、男がみるアニメに、オンナノコしか出ない嘘くささ。

穂乃果らのキラキラの瞳の背後に、自分がいるとゆう證拠をのこしたい。

自作にカメオ出演するヒッチコックみたいなイタズラ心。

今回のパクリは、表現者による自己主張が最悪の形で露出したもの。

 

 

 

 

これから『ラブライブ!』にどう接すべきか、わからない。

だまされたのは悔しいが、それ以上に自分の不勉強が恥づかしい。

オトコの理想郷めいた、はなやかな舞台に目がくらんでいた。

 

比較された『glee』の場面に、風船でたわむれる少女はいない。

凛ちゃんの天真爛漫さだけはホンモノで、ロボットじゃないと信じたいが、

「ボーイッシュ」を卒業した彼女に、いまさら男子の夢を託すのは無理か。

2期5話が、本作の実質的最終回だったのかもしれない。



関連記事

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

宮嶋星矢『お嬢様かんぱにぃ(仮)』

 

 

お嬢様かんぱにぃ(仮)

 

掲載誌:増刊『主任がゆく! スペシャル』(ぶんか社)2012年-

単行本:ぶんか社コミックス

 

 

 

大手企業の就職面接をうけにきた、おかっぱメガネの「前原和葉」。

入口で謎のメイドに手刀をくらいダウン、拉致された先には、ふんぞりかえる幼女が。

 

 

 

 

そこは女子小学生「輝龍院ユリ」がたちあげたゲーム会社で、

父の会社に採用されなかった人間をみつくろい、強制的に雇用していた。

 

下調べは十分。

カズハがニートで、ゲーム制作が趣味であることも。

 

 

 

 

イラスト投稿サイトの人気絵師にも目をつけ、グラフィッカーとして働かせようとする。

「絵を描けるならなんでもいい」と入社決定。

 

 

 

 

いささか労働基準法に抵触しそうな会社がやってゆけるのは、

巨大財閥ひきいるユリの父が、娘に甘すぎるから。

 

 

 

 

そして武闘派メイド「千影さん」によるパワハラ。

パワーといっても物理的パワーなので、したがうしかない。

 

 

 

 

なぜそこまでして、ロリ社長はゲームをつくりたいのか?

実は彼女にのこされた時間はわづか。

もうすぐ春休みはおわり、学校がはじまってしまう。

 

 

 

 

カズハの職種はプランナーで、企画をかんがえる役。

こないだまでニートだった人間には荷がおもい。

 

 

 

 

だがカズハには、必殺の決めゼリフがあった。

「逃げてばかりいたら将来……私みたいになりますよ!」

説得力ある発言に、わがまま社長も涙目。

 

 

 

 

ついに仲間たちの夢がつまった、王道アクションRPGが完成。

社員一同、売れ行きが気になる。

 

 

 

 

ネットでの評判もチェック。

作り手の苦労をしらない連中に好き勝手いわれ、社長は激怒!

「たいへんすばらしいげーむでした……じかいさくがたのしみで……」

ステマが横行する事情がわかる。

 

 

 

 

作者・宮嶋星矢は、Flashアニメや四コマ漫画など手びろく活動中の、

森井ケンシロウの会社「スタジオモリケン」のスタッフでもある。

荒唐無稽な設定だが、モノづくりのたのしさは本物で、さわやかな読後感。




お嬢様かんぱにぃ(仮) (ぶんか社コミックス)お嬢様かんぱにぃ(仮) (ぶんか社コミックス)
(2014/05/14)
宮嶋星矢

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  萌え4コマ 

瀬尾公治『風夏』

 

 

風夏

 

作者:瀬尾公治

掲載誌:『週刊少年マガジン』(講談社)2014年-

単行本:講談社コミックス マガジン

 

 

 

学校の屋上から、スマホで青空をきりとる。

そこにフレームインした、風のにあうヒロイン。

 

 

 

 

誤解なのだが、「秋月風夏」は盗撮うたがい激怒。

スマホを投げ捨てる。

携帯電話そのものが嫌いらしい。

 

 

 

 

かたや主人公「榛名優」はスマホ依存症。

教室でもTwitterで見栄をはり、友達おおいフリしたり。

まだ15時なのにバッテリー残量「44%」、モバイルバッテリー必須な生活だ。

 

 

 

 

現在フォロワー489名だが、ひそかに家族からフォローされていた。

行動は筒抜け。

「ネット弁慶」とか手厳しい妹「知歳(ちとせ)」は、1000RT級のかわいさ。

 

 

 

 

不愉快なアカウントをブロックする機能すら未搭載の、

「日常」とかゆう使えないアプリは、さっさとアンインストールしたい。

 

 

 

 

木漏れ日のにあうヒロインは、いつもヘッドホンしているが、

ケータイをもってないので、CDプレイヤーへつなぐ。

それだけでピュアにおもえる、キャラ造型の魔法。

 

 

 

 

カップル限定で配布されるCD特典のため、恋人をよそおう。

 

音楽の話題が恋愛へ発展するのはよくあることで、

若者の幸福のためにも、この業界はまもられるべき。

「パズドラからうまれる恋」って、なんかヤじゃない?

ボクは作者と同世代ゆえ、音楽への崇拝的心情をシェアできる。

 

 

 

 

授業中にコツンと飛んできたメモ。

「ダイレクトメッセージ」より何倍もうれしい。

 

 

 

 

ハチ公前で待ち合わせするも、当然すれちがう。

1998年連載開始の『イエスタデイをうたって』で冬目景はすでに、

「ケータイなしの恋愛」をえがいたが、本作もそのうつくしい伝統にのっとる。

 

にしても、さすがはラブコメの巨匠・瀬尾公治。

「ボーイ・ミーツ・ガール」から「初デート」へのさりげない流れに、年甲斐なくときめく。

 

 

 

 

カメラが風夏へちかづくたび、ふわり風がふく。

かすかに音楽がきこえる。

ラブコメの詩的ポテンシャルを炸裂させる、絵になるヒロインだ。




風夏(1) (少年マガジンコミックス)風夏(1) (少年マガジンコミックス)
(2014/05/16)
瀬尾 公治

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  

一ノ瀬俊也『日本軍と日本兵』

雑誌の表紙をかざるディアナ・ダービン(1945年1月)

 

 

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る

 

著者:一ノ瀬俊也

発行:講談社 2014年

レーベル:講談社現代新書

 

 

 

1939年に陸軍にとられた田中角栄は、

ハリウッド女優ディアナ・ダービンのブロマイドを隠し持ってたのがバレて上官になぐられた。

今も昔も、日本人はアメリカ文化に恋焦がれていた。

日本語にはアメリカ人に対する蔑称らしきものが存在せず、

44年にようやく「鬼畜米英」なんて取ってつけた様な文句をあみだす。

せめて憎悪くらい、敵のそれを凌駕すべきでなかったか。

 

アメリカ陸軍情報部の戦訓広報誌『情報公報(Intelligence Bulletin)』にもとづき、

日本軍の客観的なありさまを模索した新書を、先週にひきつづきとりあげる。

 

 

日本陸軍発行『剣術教範』(1943年改正)

 

 

日本兵といえば、米軍の砲弾の嵐のなか銃剣突撃するイメージだが、

サムライの末裔は、銃剣戦において「突き」ばかりで「剣術」ができず、

「格闘や射撃がヘタで、ガッツがない」と米兵にみなされていた。

 

「日本人はきれい好き」とゆう印象はウソでなく、戦場でもできれば毎日入浴しようとしたが、

3-40人で共有するドラム缶風呂は不衛生で、マラリア感染の温床となる。

ガダルカナル島での死者の2/3は病死だ。

 

 

ニューギニアの日本軍防御陣地

 

 

いわゆる「玉砕」は、ときに美化され、ときに批判され、なにかと厄介だが、

完全に包囲され逃げ場がない小島嶼で実行された戦法にすぎず、

ビルマの様に広漠な土地なら、日本軍も逃げられるときは逃げた。

 

大損害をこうむっても夜襲と包囲攻撃に固執する姿は、米軍の目に奇異にうつったが、

それが支那で有効だったのをおもえば、理解できないことでない。

 

戦争とゆう生存競争で、敵味方の本質的差異をかたっても無益。

ただの殺し合いに、良いも悪いも、特殊も普通もない。

でもハリウッド映画で、ゾンビのごとく薙ぎ払われる日本兵をみたり、

政治的立場が右や左にかたよると、先入観にとらわれやすい。

 

一方で、硫黄島の戦いで洞窟にたてこもった栗林忠道の戦法は、

「アメリカじこみの合理的思考」と手放しで賞讃されるが、

1944年のニューギニア戦に前例があり、栗林の創案でない。

 

戦場は、あらゆる男を「合理的」にそだてる学校。

あとで敗者が「非合理的」と指弾されるのが理不尽だけど。

 

 

 

 

上は1945年の米軍がおもいえがく、日本軍による「白兵突撃」のイメージ。

兵がかかえるのは「三八式歩兵銃」でなく、「九六式軽機関銃」。

陸軍の主力兵器は機関銃だった。

火力で劣っていたのは事実だが、それは火力に依存しなかったのを意味しない。

 

 

ビアク島の洞窟陣地(1944年7月失陥)

 

 

少数でうごく日本兵はズル賢く、手ごわい相手だったが、

部隊の規模がおおきくなると、つまり指揮官が高位になるにつれ、

作戦遵守どころか、無謀なバンザイ攻撃になりがち。

兵が意志をもたぬゾンビだったのでなく、全体的に将校の能力がたりず、

バカなやつほどすぐ絶望し、部下を自殺任務へむかわせた。

当世風にいえば「ブラック軍隊」?

 

そもそも憧れの国と戦争するのが不毛であり、指揮官たちは同情にあたいするが。




日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)
(2014/01/17)
一ノ瀬俊也

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

あづち涼『カルチョな執事』

 

 

カルチョな執事

 

作者:あづち涼

掲載サイト:『WEBコミック Beat's』(マッグガーデン)2013年-

単行本:マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ

 

 

 

サッカークラブで用具を管理するプロフェッショナル、「ホペイロ」が主人公の漫画。

先行作品に能田達規『サッカーの憂鬱 裏方イレブン』があるけど、

あちらはオムニバス形式である一方、本作は「裏方」のさらに裏へせまる。

 

 

 

 

21歳のホペイロ「門地亮介」、通称「モンチ」は、

「コロポローザ札幌」(2部リーグ所属)で用具の準備をうけもつ。

サッカーはできない。

それどころか足がボールをすりぬける体質。

 

 

 

 

ただし仕事は完璧主義な、執事キャラ。

選手からの信頼もあつい……てゆうか目ざとすぎてブキミ。

 

 

 

 

どれほどいそがしくとも、フットボーラーの命であるスパイクは他人にふれさせない。

ホペイロのこまかい調整が、試合を左右することもある。

勝負の世界にいきる、誇りたかい職人だ。

 

 

 

 

頻繁にロッカールームへ出入りし、選手とじかに接する職業ゆえ、

その葛藤をモロにぶつけられることもある。

 

 

 

 

「ただの用具係」と罵られても、顔色かえないモンチ。

一流のプロが、プロ同士、プロの仕事をする。

それ以上でもそれ以下でもない。

 

 

 

 

アニメ化された、萌え萌えな『そふてにっ』と打って変わり、

あづち涼の新作は、ギスギスしがちな男くさい職場をえがく。

広報の「秋咲さん」のかわいさも、おかげで際だつ。

 

 

 

 

ホペイロの存在は、戦略上の駆け引きの一部。

モンチがアウェーの芝をチェックしたのを見計らい、スプリンクラーで水がまかれた。

スタッドの選択をあやまった味方はすべりまくる。

まけじと試合中すぐさま手をうつ。

 

 

 

 

はき掃除すらアートにする男。

ホペイロ出身の監督になる日もちかい?




カルチョな執事(1) (ビーツコミックス) (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)カルチョな執事(1) (ビーツコミックス) (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)
(2014/05/14)
あづち涼

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『シドニアの騎士』5話 宇宙にさく花

 

 

漂流

 

テレビアニメ『シドニアの騎士』第5話

 

出演:逢坂良太 洲崎綾 豊崎愛生 喜多村英梨 坪井智浩

演出・ストーリーボード:安藤裕章

脚本:村越繁

監督:静野孔文

シリーズ構成:村井さだゆき

原作:弐瓶勉(講談社刊)

プロダクションデザイナー:田中直哉

キャラクターデザイナー:森山佑樹

アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

放送:2014年

[以前の記事→アニメ1話/原作1-2巻/8巻

 

 

咄嗟の機転で、「谷風長道(たにかぜ ながて)」がガウナを撃破した。

 

 

 

 

そのまま「星白閑(ほしじろ しずか)」の脱出ポッド回収にむかう。

乗機「継衛(つぐもり)」は損傷、ヘイグス粒子も残量わづか。

帰還できる見こみはうすい。

 

 

 

 

それでも命令違反し、僚友をすくいにゆく谷風。

シドニアにのこった「イザナ」はなにもできない。

 

 

 

 

脱出時の方向と速度から、どうにかポッドの位置をわりだす。

「大丈夫か、星白!?」

 

 

 

 

複雑な反応。

こうなるとわかってるから、星白は救助をもとめなかった。

死ぬのは自分ひとりでいい。

犠牲精神そなえた、ヒロインらしいヒロインだ。

 

 

 

 

フルCGアニメはどうしても「人間ドラマ」が弱点で、

たとえば『蒼き鋼のアルペジオ』は海戦に燃えても、会話で萎えたものだが、

無謀にも『シドニアの騎士』5話は、宇宙空間にふたりきりの「密室劇」にいどむ。

 

 

 

 

水や食料はおよそ10日分だが、憎からずおもう相手と一緒。

絶望的なのに、心はづむサバイバル。

 

 

 

 

谷風がねむったころ、星白がスキンスーツをぬぐ。

遺伝子改造による「光合成」で、食料にたよらず生命維持できる。

人間は進化し、植物へちかづいた。

 

 

 

 

ふわふわ、ゆらゆら。

まるで水草みたいな裸体。

 

 

 

 

とりとめない話は、自分らの過酷な運命におよぶ。

 

 

 

 

ガウナはなぜ人類をおそうのか。

本当は対話したいのではないか。

 

 

 

 

隊から離脱して10日後、貯水槽に穴があいていたと判明。

谷風は脱水症状をきたす。

 

 

 

 

体はって恩にむくいようと決意した星白。

紅潮する頬。

 

 

 

 

自分のスーツの生体尿管カテーテルから採尿し、水分を濾過。

 

 

 

 

チューブを谷風の口にふくませる。

授乳する母の様にかいがいしい。

 

 

 

 

谷風に夢中で吸いつかれる姿の、ねじくれたエロス。

原作屈指の名場面を、まるまる一話ついやし映像化した。

 

 

 

 

ヤマトナデシコの植物的たおやかさを、フルCGならではの浮遊感でみせる。

のちの悲劇をおもうと、より一層うつくしい。




シドニアの騎士 三(初回生産限定版) [Blu-ray]シドニアの騎士 三(初回生産限定版) [Blu-ray]
(2014/07/23)
逢坂良太、洲崎綾 他

関連記事

テーマ : シドニアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 

『ラブライブ!』2期6話 「もてなさない」アイドルμ's

 

 

ハッピーハロウィーン

 

テレビアニメ『ラブライブ!』第2期第6話

 

出演:新田恵海 三森すずこ 内田彩 徳井青空 飯田里穂 Pile 高森奈津美

演出:松澤健一

監督・絵コンテ:京極尚彦

シリーズ構成・脚本:花田十輝

キャラクターデザイン・アニメーションディレクター:西田亜沙子

キャラクターデザイン・メインアニメーター:室田雄平

原案:公野櫻子

アニメーション制作:サンライズ

放送:2014年

[以前の記事→1期9話/12-3話/2期1話/2話/3話/4話/5話

 

 

「枠にとらわれていては、あたらしい何かは生み出せないとおもったんですっ!」

悪魔メイクで自己辯護する海未。

 

μ'sのワルノリに苦情がよせられた。

廃校の危機からすくったとはいえ、目にあまる傍若無人ぶり。

理事長も、かつて彼女らを支援したのを悔やんでいるだろう。

 

 

一週間前の感動をかえしてくれ

 

 

元兇は実質的な生徒会長、園田海未だ。

神回だった5話の余韻ぶちこわす、凛ちゃんコスでの「練習いっくにゃあ!」。

「自分だってこれくらいできる、調子にのるな1年」と、とびでた杭をうつ。

 

 

顔半分だけでもカワイイ

 

 

穂乃果の家に、にこと凛がたちより陰謀たくらむ。

本棚から資料とりだす凛ちゃん。

 

 

 

 

ざっと数えて、穂乃果の蔵書は300冊ほど。

すべて少女漫画だが。

 

 

 

 

にこ・穂乃果・凛は、本作のマスコットで、アイドルのなかのアイドル。

でも1期7話以来の「三馬鹿トリオ」揃い踏みは、なんの成果もなくおわる。

 

 

 

 

おもえばスクールアイドルユニットμ'sの歌詞をかくのは海未。

そして『ラブライブ!』はアイドルの物語。

 

 

 

 

つまりすべての青写真は、副会長の頭脳に描いてある。

 

 

 

 

6話のみどころは、一見さんが100%ついてこれない「キャラ取っ替えゲーム」。

にこりんぱなのラジオでそうゆうコーナーがあって、おもしろかったが、

声優の負担はおもいらしく、おわったとき本気でよろこんでいた。

アニメでも笑顔はただひとり、そう海未だけ。

 

 

高森奈津美が怪演

 

 

秋葉原でのハロウィーンイヴェントへ、A-RISEとともに参加。

無遠慮すぎるレポーターに、穂乃果ですら拒否反応しめすが、

凛のソツない「ライブがんばるにゃん♪」の一言で手なづけた。

 

トリック・オア・トリート。

だれが彼女を、甘いお菓子でもてなさずにいられよう。

 

 

 

 

初対面なのに、にこの「スベリ藝」もバッチリきまる。

もはや古典藝能の域。

 

 

 

 

カボチャの風船でたわむれる凛。

いまさらA-RISEなんて、歯牙にもかけない。

 

 

 

 

「まったくこのコったら……」みたいな、にこの母性愛的な表情がよい。

女の子でも抱きつきたくなる宇宙No.1アイドル。

風船みたくふわふわして、紐でつながないと飛んでゆきそう。

 

 

 

 

「そう、それでいいんだよ」と満足げな穂乃果。

面倒ごとは海未ら重臣にまかせ、ランチパックたべたり、少女漫画よんだり、

それぞれが好きなことを好きなだけやってれば、きっとうまくゆく。

 

 

 

 

トリック・アンド・トリート。

わがまま放題イタズラしたあとで、ついでにお土産もいただく。

よくばりな小悪魔が、ボクらを虜にしてはなさない。




ラブライブ!  2nd Season 4 (特装限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 2nd Season 4 (特装限定版) [Blu-ray]
(2014/09/24)
新田恵海、南條愛乃 他

関連記事

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

桐原いづみ『サボテンの娘』

 

 

サボテンの娘

 

作者:桐原いづみ

掲載誌:『コミックハイ!』(双葉社)2013年-

単行本:アクションコミックスコミックハイブランド

 

 

 

1985年。

名古屋ちかくの鄙びた町でくらす7人家族が、

12歳の娘「優子」の誕生日をいわい記念撮影。

ところが父のそだてるサボテンが大写しに。

 

 

 

 

「サボテンも家族だから当然」と父は主張する。

保育園児の双子がウロチョロする家では、あぶない趣味だ。

優子は学校で「サボ子」とあだ名をつけられ、いい迷惑。

 

 

 

 

ウシガエルの鳴き声ひびく畦道が通学路。

どこまで作者の幼少期が反映されているか知らないが、

2010年の合併で「あま市」となった、旧甚目寺町あたりの風景は雰囲気たっぷり。

 

 

 

 

級友とのお泊り会は、蚊帳をつった部屋で。

でんぐり返しで中へはいるのがコツ。

 

 

 

 

クラスではやってるのは牛乳キャップをつかったメンコ。

昭和のあそびは安上がり。

 

 

 

 

お隣にすむ中学生の「ちかちゃん」。

『スケバン刑事』の斉藤由貴にあこがれ、ツッパリ少女をきどる。

くるぶしを隠すスカートと、ポニーテールが激マブだ。

 

 

 

 

本作はおなじく『コミックハイ!』連載、関谷あさみ『千と万』をかすかに髣髴させる。

平凡なオンナノコの日常を接写するカメラが、ときに「親の視点」となるところが。

 

 

 

 

「体操着入れを修繕してくれない」とか、些細なことで大ゲンカに。

読者は母娘両方の事情がつぶさにわかるから、

すれ違いがおかしくて、それでいて切ない。

 

 

1985年発売のウォークマン「WM-101」

 

 

本作にはTwitterやLINEでは築けない、アナログな人間関係がある。

良いとか悪いとかじゃなくて。

機械ひとつとっても、ローカルなのが前提で、やけにあたたかい。




サボテンの娘 1 (アクションコミックス)サボテンの娘 1 (アクションコミックス)
(2014/05/10)
桐原いづみ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

Bad Religion "The Handshake"

ハーグでの日米韓首脳会談

 

 

The Handshake

 

バッド・リリジョン(Bad Religion)のアルバム『Stranger Than Fiction』収録曲

 

作曲:グレッグ・グラフィン(Greg Graffin)

発行:アメリカ 1994年

 

【上の画像クリックでYouTubeへとびます】

 

 

 

グレッグ・グラフィン

 

 

 

だれかと握手するたび、友情みたいなヘンな感情をおぼえるだろ

Every time you shake someone's hand and it feels like your best friend,

 

それは表面上の問題じゃない

could it be that it's only superficiality?

 

たがいの便宜をはかるとか、歩み寄りとか、いろいろあるけど

Without regard to well-being, without an inkling of compromise,

 

つまり握手ってのは、「クソッタレ」の裏返しだ

handshakes are nothing but a subtle "fuck you"

 

そして形式が人間関係を支配する

Contracts determine the best friendships

 

 

 

近代世界の住人は、他者に保護されたくてしかたない

This is the way of the modern world, everyone's vying for patronage

 

なにかを犠牲にしてまで

This is the way of the modern world, and something has gotta give

 

 

 

オレは人間同士の協調を信じるし、ときには妥協も否定しない

Now I believe in unity, and I am willing to compromise,

 

だが魂を売るのはゴメンだ

but I'm not gonna lie or sell my soul

 

 

 

抵抗しろ、抵抗しろ、抵抗しろ、握手なんていらない

Fend for yourself, and shun the handshake,

 

ほかの誰かのためにも

someone's gotta give

 

 

 

1973年のパリ平和協定で、レ・ドゥク・トとヘンリー・キッシンジャー

 

 

 

大嶽秀夫『ニクソンとキッシンジャー』(中公新書)をよんでるとき、この曲をおもいだした。

はじめて聞いたとき仰天したものだ。

握手が悪いことだったなんて!

 

強大な権力に対し、ひとり石つぶてを投げてもむなしい。

ヤツらの影響力は、われわれの日常の枝葉末節まで浸透している。

まづそこから変えてゆくことが、真のパンク魂。

 

訳詞とおもえぬ「カタい日本語」になったけど、原文はもっとカタい(笑)。

 

 

 

 

 

 

YouTubeのスタジオライヴをみると、ボビー・シェイヤーのドラムに圧倒される。

安定感ある一方で、ぐいぐい牽引。

こんなドラマーのまえで演奏するのはたのしかろう。

しかしシェイヤーは肩をこわし2001年に脱退する。

パンクの道はきびしい。




Stranger Than FictionStranger Than Fiction
(1994/09/06)
Bad Religion

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 

竹内桜『特命高校生』

 

 

特命高校生

 

作者:竹内桜

発行:白泉社 2000年

レーベル:ジェッツコミックス

[同作者の記事→『赤龍の乙女』/『ステューディオ5』1巻/2巻

 

 

 

転校初日。

二卵性双生児の兄妹が教室へはいると、歓迎どころか怯える反応が。

 

 

 

 

突然、床が陥没。

ここから立ち去れと警告するみたいに。

 

 

 

 

「薫」と「千春」の「茗荷(みょうが)兄妹」は、陰陽道をおさめた退魔師。

教育委員会の依頼で、霊障が多発する進学校を内部調査しにきた。

 

本作の連載開始は1998年。

大ヒットした映画『陰陽師』(2001年)に先駆けている。

 

 

 

 

『赤龍の乙女』もそうだが、竹内桜の古代アクションものは絶品。

漫画界の技術的進歩はめざましいのに、16年前の絵はふるびておらず、

むしろ今日の指標にてらしても最高水準では。

ドラマチックな風景の切り取りかたに、おもわずうなる。

 

 

 

 

キャラの造形も申し分ない。

お調子者の薫が、無口な自殺願望少女にちょっかいだしたり。

 

 

 

 

妹の千春はデキがよい。

呪術をあやつり、校内で暗躍する不逞の輩をおいつめる。

 

 

 

 

 

 

 

ボクがすきなのは第2話。

また別の高校へうつった千春が、チャラい教師からセクハラぎみに絡まれる。

美術教師とゆう職業の胡散くささがリアル。

 

「広末涼子や田中麗奈に似てる」なんてセリフがなつかしい!

 

 

 

 

放課後の廊下をはしる、首なし馬と裸形の娘。

このあざやかなカットは脳裏にやきついている。

 

 

 

 

「……手は出していたのね!?」

馬上の霊は生前、ここの生徒だったころ、好色教師とつきあっていた。

マジメな千春はつめたい視線で、責める様な口調。

そんな彼女の、男女の機微をしらないウブさが、予想外の結末へつながる。

 

 

 

 

 

 

 

魔力をもつ巨大なヒヒから、人身御供にされた少女をまもるため、

山村にこもって頭脳戦をくりひろげる、第3話もおもしろい。

 

妖怪がちかづけないよう、家屋を符でかためたが、そとから兄のくるしげな声がきこえる。

血までながれてきた。

 

 

 

 

「おにいちゃ…」

罠をうたがうも、衝動的に戸をあけてしまう。

千春は優等生ゆえ、そのやさしい心が弱みとなる。

 

「呪術バトル」と「兄妹もの」の勘所をおさえたストーリーに血がさわぐ。

 

 

 

 

十数年たち、広末涼子も田中麗奈もボクも、すっかりイイ歳になった。

当時の映像をみればカワイイとおもうが、それ以上に時の流れがやるせない。

だが千春は、たとえ単行本の紙質が黄ばんでも、信じがたいほどうくつしい。

 

 

 

 

時代を先取りしすぎたか、一巻で打ち切られた不幸な傑作だけど、

特命おびた双子にまたあう日を、ボクは切望しつづけている。




特命高校生 (ジェッツコミックス)特命高校生 (ジェッツコミックス)
(2000/01)
竹内桜

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 竹内桜   

統一されざる国、日本

坂上田村麻呂(菊池容斎『前賢故実』)

 

 

聖徳太子は「日本人」ではなかった。

遣隋使をおくるとき、みづから「倭人」となのった。

倭国は、関東・東北・南九州をふくまない。

勝手に同胞あつかいすれば、あちらさんも困るだろう。

 

帝国主義的な古代日本の侵略に対し、東北は一世紀にわたり抵抗した。

おかげで奥六郡と山北三郡が自治をかちとる。

最北部など、12世紀にいたるまで日本国の外でありつづけた。

 

平将門は939年に「新皇」をなのり、関東八か国と伊豆を基盤に独立。

西の瀬戸内海で藤原純友がつづく。

将門が討ち死にせず、あと数年生きていれば、京都の王朝は滅亡したろう。

 

「日本」がいつはじまり、その範囲がどこまでか、われわれがうろ覚えなのは、

古代王朝が天下統一できなかった事実に対する、近代王朝による隠蔽工作の成果だ。

 

 

靖国神社の7月のみたままつり(撮影:kamoseiro)

 

 

アメリカ陸軍情報部の戦訓広報誌『情報公報(Intelligence Bulletin)』は、

日本軍の将兵や装備について客観的にしりうる有益な資料。

 

兵は天皇のため死ぬのが最高の名誉で、死ねば靖国神社に祀られるとのプロパガンダを、

田舎者は単純に信じたが、教育をうけた都会人はだまされない。

つまり地方出身者はよき戦士であり、政府が全国支配する意義もそこにある。

 

だが田舎者はいったん捕虜となると、よろこんで尋問官になんでもしゃべった。

味方の弱点や、戦艦大和や零戦の性能などの最高機密まで。

結局日本は、天皇に殉ずる軍隊をつくれなかった。

 

 

2008年、ブラジルでの徳仁

 

 

いまの太子である徳仁は、皇孫時代に南米を訪問したとき、

学生に「なぜ経済発展した日本に、まだ王様がいるんですか?」ときかれた。

もっともな疑問だ。

歴史学者でもある徳仁は、「なぜこんなに長く続いてるのかわからない」とこたえる。

その正直な回答に、随行員は青ざめたとか。

 

それでも網野善彦は、同業者として彼を批判する。

皇太孫とゆう立場にいる歴史家なら、天皇について究明するのが義務だ。

「わからない」ですますなら、学者をなのる資格はないと。

 

軍事にせよ文化にせよ、なにか偉業をなした天皇でボクがおもいうかぶのは後鳥羽院くらい(勿論文化面で)

もうひとりいてもバチはあたらないだろう。







【参考文献】

網野善彦『歴史を考えるヒント』(新潮文庫)

同『列島の歴史を語る』(ちくま学芸文庫)

一ノ瀬俊也『日本軍と日本兵』(講談社現代新書)



歴史を考えるヒント (新潮文庫)歴史を考えるヒント (新潮文庫)
(2012/08/27)
網野善彦


列島の歴史を語る (ちくま学芸文庫)列島の歴史を語る (ちくま学芸文庫)
(2014/04/09)
網野善彦


日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)
(2014/01/17)
一ノ瀬俊也

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ: 天皇 

『FREEDOM WARS フリーダムウォーズ』

 

 

6月26日発売のPS Vita用ソフト『FREEDOM WARS フリーダムウォーズ』(SCEJA)は、

かなりトガッてるゲームの様だ。

 

 

 

 

まづ多彩な武器が目をひく。

近接戦闘は剣や槍でたたかう。

 

 

 

 

近未来が舞台ゆえ、アサルトライフルやロケットランチャーは勿論、

ガトリング砲など、ド派手な「分隊支援火器」もそなえる。

マルチプレイで後方からバラ撒くと威力発揮しそう。

 

 

 

 

ゼルダのフックショット的な「荊(いばら)」をつかうと、壁ををつぎつぎ飛びうつれる。

左下に「IBARA」のメーターがみえ、時間制限があるみたい。

 

 

 

 

瞬時に、巨大な敵生体兵器の背後にまわり、高所から狙い撃つ。

 

シンプルなハクスラ戦闘に、三次元のアクションを接ぎ木して、

ポストモンハン時代を模索しているとわかる。

 

 

 

 

各ミッションの目的は、囚われた「市民」を救出し、脱出地点まで護送すること。

製作者は「狩りゲー」との差別化に懸命だ。

でも要するに敵を斃して、報酬をえるゲームなのはおなじ。

 

 

 

 

主人公は、性別や容姿から声までカスタマイズ可能。

 

 

 

 

オトモアイルー的なアンドロイドの「アクセサリ」も、

「狙撃者を倒せ」とか「援護しろ」とか、AIを設定できる。

 

 

 

 

なかでも応答音声をテキスト入力し、それをしゃべらせる機能には舌をまく。

「抱いて」とか「欲しいの」とか、戦場でエロ会話をたのしみたい。

 

 

 

 

スナイパーに狙われ身動きとれないとき、アクセサリへ指示をだす。

「いえす、ますたー」と棒読みの応答のあと、敵を排除。

初音ミクと一緒にたたかう感覚とおもわれる。

ゲームデザイナーをつとめたシフトの保井俊之は、ボカロPとしても有名らしい。

 

 

 

 

マルチプレイは「8人×2キャラ」で合計16体の対戦と、気合いのはいった仕様。

 

 

 

 

『フリーダムウォーズ』は、次世代の「狩りゲー」となりうるか。

それともモンハンやソルサク同様、ローグ出現以来34年間、

ゲームに新機軸など生まれてないことの證明となるか。




フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)
(2014/06/26)
PlayStation Vita

関連記事

テーマ : PlayStation Vita
ジャンル : ゲーム

草凪とんぼ『鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~』

 

 

鏡野町のカグヤ ~約束の祭姫~

 

作者:草凪とんぼ

掲載サイト:『コミックヴァルキリーWeb版』(キルタイムコミュニケーション)2013年-

単行本:ヴァルキリーコミックス

 

 

 

満月の夜。

写真を撮りにでかけたら、いきなり和装の黒髪少女があらわれた。

湖の上に。

 

 

 

 

「カグヤ」と名乗るお姫さまは、月からきたとゆう。

だれかと恋したくて、「ひさしぶりに」地球をたづねたと。

 

 

 

 

人喰い刀が邪魔をする。

アイヌ民族の伝承にある「エペタム」だ。

 

 

 

 

カグヤがふるう武器は「蓬莱山珠の枝」。

竹取物語に由来するアイテムで、東方projectにもでてくる。

 

 

 

 

つぎなる訪問者は、龍宮の「乙姫」。

魚たちを供につれ、玉手箱をとりもどしにきた。

 

お伽の国のヒロインにふさわしい、はなやかな衣装にみとれる。

 

 

 

 

だれもがしる伝説が交錯し、巨大タコがあばれる、奇想天外な物語であり……

 

 

 

 

……今風のハーレムラブコメでもあり。

地球の重力にまけない、おっぱいの弾力にしびれる。

 

 

 

 

いきなり五人の男から求婚されたり、こちらではつらい思いをした。

でも現代なら、ステキな「恋」ができるかも。

時空こえたカグヤの純な願いに共感する。

 

 

 

 

本作は『電撃黒「マ)王』に連載され、単行本一巻が出たものの打ち切り、

それでもメゲずにウェブや同人誌で自主的に描きつづけたところ、

商業ベースで連載復活とゆう、めづらしい経緯をたどった。

制作過程そのものに、お伽話の様な風韻ただよう。

おっぱい伝説はまだはじまったばかり。




鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~ 1 (ヴァルキリーコミックス)鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~ 1 (ヴァルキリーコミックス)
(2014/05/01)
草凪とんぼ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『ラブライブ!』2期5話 星空凛、後継者となる

 

 

新しいわたし

 

テレビアニメ『ラブライブ!』第2期第5話

 

出演:新田恵海 三森すずこ 内田彩 飯田里穂 久保ユリカ Pile

演出:河野亜矢子

絵コンテ:藤田陽一

監督:京極尚彦

シリーズ構成・脚本:花田十輝

キャラクターデザイン・アニメーションディレクター:西田亜沙子

キャラクターデザイン・メインアニメーター:室田雄平

原案:公野櫻子

アニメーション制作:サンライズ

放送:2014年

[以前の記事→1期9話/12-3話/2期1話/2話/3話/4話

 

 

鬼のいぬ間の洗濯、海未のいぬ間のクーデター。

台風で2年生が沖縄に足止めされてる隙に、音ノ木坂学院で政変がおこる。

 

 

 

 

ファッションショーでのライヴへむけ、1年の凛ちゃんが暫定リーダーに就任。

はじめての商業イヴェント参加のはずなのに、おもいきった人事だ。

本来なら3年の、にこかエリーチカがふさわしい。

 

 

 

 

「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー……」

「凛、ズレてきてるわよ!」

「……にゃ、にゃあ、にゃにゃにゃにゃあ!(猫カウント)」

 

スクールアイドルμ'sは、全員が一藝にひいでたプロフェッショナル集団だ。

ひとりをのぞいて。

運動神経と勘のよさと、「凛はかよちんが好きだにゃあ」の気持ちだけで、

アイドルが立派につとまるのだから、彼女が一番の天才かもしれないが。

 

 

 

 

凛ちゃんはエゴのなさが魅力であり、缺点。

目立ったり、人気者になることに関心なく、みんなでワイワイたのしめれば満足。

おなじ天然キャラでも、穂乃果みたいな唯我独尊の傾向はない。

だからこそ、他人のエゴのぶつかりあいに萎縮しがち。

 

1996年アトランタオリンピックのサッカー男子日本代表チームで、

西野朗監督が、前園真聖をキャプテンに任命したのをおもいだした。

エースとしての自覚をうながすため、あえて自由人(猫)に重責を課す。

 

 

 

 

下校時も愚痴ばかり。

屈託なく、いつも笑顔の凛ちゃんがみせる百面相。

 

 

さすが元陸上部、コーナリングがうつくしい

 

 

「……向いてるなんてことは、絶対ない!!」

 

『ラブライブ!』では、夕刻に感情を吐露するのが定型化してきたが、

普段ニャーニャーいってるひとの葛藤のネガティヴさに、視聴者も動揺。

 

みんなと歌って踊るのはたのしいけど、実は全然自信なかった。

女の子らしくない凛が、アイドルグループのリーダーなんてありえないよ。

 

 

 

 

拒絶する凛の頑なさにまけ、花陽がセンターをつとめることに。

花嫁みたいな衣装をきて。

 

 

 

 

口でどれだけ否定しても、金色の瞳は雄辯にかたる。

そのシンデレラ願望を。

 

 

自宅ではメガネのかよちん

 

 

まよっている親友の、どちらの気持ちを尊重するべきか。

沖縄にいる穂乃果に相談するが、有益な助言はえられない。

ゴチャゴチャした人間関係は面倒なひとだから、なにもゆうことはない。

へたすればグループ崩壊しかねないのに、全権委譲。

 

 

 

 

ライヴ当日。

「わたしが可愛いって思ってるもん! 抱きしめちゃいたいって思うくらい、可愛いって思ってるもん!」

 

 

 

 

「えっ……」

ここまでいわれて引き下がれば、女がすたる。

 

 

 

 

仲間に背をおされ、フリフリの衣装に手をのばす。

自分のコンプレックスに、はじめて真剣にむきあう。

 

穂乃果やエリーチカがたまにみせる、ひきしまった顔つき。

なんて凛々しいのだろう。

次期生徒会長、そしてμ'sリーダーがはやくも決定。

帝国の未来は安泰だ。

 

 

 

 

立太子の儀がおわり、だきあうふたり。

結婚式以外のなににもみえない。

老若男女とわずたのしめるのが売りだったはずの『ラブライブ!』は、

『桜Trick』がママゴトにおもえるガチ百合アニメと化した。

 

それにしても、1期で「だれか助けて」ばかり言ってた、かよちんの成長がめざましい。

いまやμ'sは、実質的に小泉花陽のグループだ。

 

 

 

 

空をゆく雲の様にゆっくりと、そして瞬く間に、ながれる時間。

 

 

 

 

秋の涼風がみじかい髪をたなびかせ、華奢な首筋をあらわにする。

昨日の自分のなかに、明日の自分がかくれていることを、

親友におしえられたいま、こわいものなんてひとつもない。




ラブライブ!  2nd Season 3 [Blu-ray]ラブライブ! 2nd Season 3 [Blu-ray]
(2014/08/27)
新田恵海、南條愛乃 他

関連記事

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

太平洋戦争の情報戦

アメリカ国立暗号博物館に展示されている、パープル暗号機の捕獲部品

 

 

大本営第二部(情報部)の情報参謀だった堀栄三の回想録がおもしろかった。

 

日本陸軍の暗号は、辞書をもちいる複雑なもの。

暗号に従事する人員だけで五六万名、四五個師団に相当。

解読に対する硬さは比類ないが、通信班はあまりの煩雑さに手をやき、

米軍が上陸するころにはクタクタに疲れきっていた。

そして「先頭と戦闘」「戦果と戦火」「向後と交互」などの誤りが頻発。

いわば日本語自体が暗号で、アルファベットの国ならありえない。

 

物量以前に、日本は言語で負けていた。

 

 

リンガエン湾へむかう米軍第一波

 

 

1945年1月6日からのルソン島の戦いは、重要な戦闘だ。

山下奉文大将が、敵六個師団をフィリピンに釘づけしなかったら、

おそらくマッカーサーは六七月にも九州上陸を敢行したろう。

 

米軍は砲弾だけでなく、カネもばらまいた。

故意に偽札をまぜたため、ルソン島経済は急速なインフレが進行。

守備隊が物資を現地調達するのが困難となる。

 

鋼鉄と流血と金銭、さらに智恵をしぼりつくすのが、総力戦。

 

 

大阪上空のB-29(1945年6月1日)

 

 

1945年5月中旬。

陸軍中央特種情報部は通信諜報により、奇妙なB-29小部隊の行動をつかんだ。

なんらかの特殊任務をおびているのはあきらかだが、

硫黄島をうしなった日本に、テニアンの基地を爆撃する力はなかった。

 

8月6日、広島に原爆投下。

「7月16日ニューメキシコ州で新実験がおこなわれた」との外国通信社の記事が、

情報参謀の頭脳のなかではじめてB-29とむすびつく。

すでに10万の市民が死んでいた。







【参考文献】

『大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇』(文春文庫)



大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
(1996/05)
堀栄三

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

烏丸渡『NOT LIVES』5巻 ものがたる映像

 

 

NOT LIVES -ノットライヴス-

 

作者:烏丸渡

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)2011年-

単行本:電撃コミックス

[以前の記事はこちら→1巻/2巻/3巻/4巻

 

 

 

可憐なるアバター「天宮鏡花」の戦いも、これで四度目。

身体缺損までえがかれ、どこか厭戦気分ただよう。

傾斜をずりおちる左脚。

 

 

 

 

今回の相手は第3位の「MAZE」。

四天王にいどむ、バトルものでは定番の展開。

水中へひきずりこまれ、機動力を封じられた。

 

 

 

 

路上から地下水道へ、また別の地上へ。

オンナノコをえがく繊細な描線と、

アクションのダイナミズムを兼備するのが、作者の強み。

 

 

水着のチョイスがいい

 

 

体をはったスキル使用で、鏡花の手はボロボロに。

いたいたしい。

 

 

 

 

まさに死闘。

右上のコマの蹴りの角度!

だれも見たことないカットで、格闘のリズムをつくる。

 

 

 

 

本作の象徴、「GAME OVER」シーン。

一冊の本をとじる様に、人生が闇にとじこめられる。

 

 

 

 

やはり『NOT LIVES』は傑作だ。

静と動、日常とバトル、美少女と流血……。

メリハリきいた大波が読者をのみこむ。

 

 

 

 

命懸けでまもりたい、うつくしい時間。

言葉を無力にする、雄辯なヴィジュアルショック

限界のバリヤをぶちやぶって、魅せる、せまる、うなる。




NOT LIVES -ノットライヴス- 05 (電撃コミックス)NOT LIVES -ノットライヴス- 05 (電撃コミックス)
(2014/04/26)
烏丸渡

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 烏丸渡 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03