野村亮馬『キヌ六』

 

 

キヌ六

 

作者:野村亮馬

掲載誌:『アフタヌーン』(講談社)2013年-

単行本:アフタヌーンKC

 

 

 

銀髪ツインテの幼女は「キヌ」。

ゴツイ足であるくのが、ラーメン屋ではたらく「六」。

サイボーグ手術で30年のローンかかえる。

 

 

 

 

そんなふたりの珍道中をえがく近未来SFだが、アクションは荒々しい。

手足がポンポンふきとぶ。

 

 

 

 

キヌなど50口径弾が胴を貫通。

 

 

 

 

びくともしない。

「火星人類」だから。

改造遺伝子を地球で再現し、不死身にちかい身体再生力をもつ。

 

そして、おのれの源流たる星へゆきたがる。

火星はすでに独立し、地球との交渉はとだえているが。

 

 

 

 

彼女を「試作」したのはイギリス王立海軍。

ソヴィエト連邦とふるきよき冷戦をたたかっており、

帝国主義の尖兵にせんと、火星人類の量産をたくらむ。

 

 

 

 

七つの海を支配する英海軍は、「江戸湾」に潜水艦を派遣、

研究所からにげだしたキヌをおいつめる。

 

「英ソ冷戦」、なんてうるわしい響き。

競合他社の倒産以来、資本主義と民主主義は堕落の一途。

 

 

 

 

高度5000メートルから監視する「偵察鳥(レコンバード)」など、

SFならではの気のきいたガジェットもたのしい。

 

 

 

 

キヌの敵はイギリスだけじゃない。

火星人類を支援する組織「カナリ」におそわれる。

進化しすぎた「成功体」が、地球と火星に破滅もたらすのをおそれ。

でも頭撃ったくらいで斃せない。

 

 

 

 

ソ連から亡命した「第五越冬隊」なんてのもいる。

非合理的な地球人類の形態をすて、キヌ以上の力を手にした改造人間たち。

 

 

 

 

「敵の敵は味方ってとこだぁ」

「敵の敵は第二の敵よ」

 

スミベタぬりこめた陰鬱な画風もあいまって、物語は難解になりかけるが、

わがままロリヒロインはポップでチャーミング。

Ashの『Girl From Mars』なんて曲をおもいだしたり。

 

春にアニメはじまる、弐瓶勉『シドニアの騎士』擁する『アフタヌーン』らしいし、

『世界征服~謀略のズヴィズダー~』との共鳴もききとれる。

つまりここに近未来とゆうイマがある。




キヌ六(1) (アフタヌーンKC)キヌ六(1) (アフタヌーンKC)
(2014/02/21)
野村亮馬

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03