小城徹也『のらうさぎ』

 

 

のらうさぎ

 

作者:小城徹也

掲載誌:『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)2012年-

単行本:ヤングガンガンコミックス

 

 

 

その美少女は電車内でバニーガールの格好だった。

コスプレか罰ゲームか。

なにかの宣伝かイヴェントか。

とにかく注目の的に。

 

 

 

 

職質にもあう。

「いけませんか?」と堂々応対されると、警官もこまる。

バニーでひとり夜道をあるくのって違法だっけか。

わりと開き直り系のヒロインだ。

 

 

 

 

「つきみ」は月から派遣された調査員。

地球人にとけこみ、その生態をしらべている。

服装がバニーなのは、耳をかくすのに都合よいから。

ニンジンとゆう美味なる食物も初体験。

 

とまぁこんな具合に、ちょいエッチなギャグ漫画だ。

 

 

 

 

地球の奇妙な風習、「人助け」を自分でためしてみる。

迷子の幼女をずいっと親にわたす。

たしかにわるくない気分。

 

好奇心の方向が微妙にズレててカワイイ。

 

 

 

 

敵対する勢力もいる。

月の支配をたくらむ星からきた「アメシマ大佐」。

部下の「オギノ少尉」とともに、つきみを抹殺するのが目的。

道草もくうが。

 

 

 

 

貴重な資源が大量にながれるのをみると、異星人は興奮する。

さすが水の惑星!

 

 

 

 

小城徹也は、ももいろクローバーZを題材にした『ももプロZ』でしられる作家。

大ゴマを多用し、予測うらぎる展開でわらわせる。

 

 

 

 

ボクのお気にいりのネタは第1話。

冒頭の電車の場面でつきみさんは、不審がられる理由をかんがえる。

アレだ、みんなもってるアレをもってないからだ!

……いやまて、用意してきた地球グッズに、アレとおなじのがあった。

 

 

 

 

じっとファミコンコントローラをみつめる姿は、太陽系級の可憐さ。

 

 

 

 

ウサギだから跳躍力も超人的。

 

昭和の匂いただよう、ストロングスタイルのギャグ漫画としてオススメしたい。

3月25日にはやくも続刊がでるとか。




のらうさぎ (1) (ヤングガンガンコミックス)のらうさぎ (1) (ヤングガンガンコミックス)
(2014/01/25)
小城徹也

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03