『Febri』vol.21 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』特集 「黒星紅白デザインワークス」

 

 

ボクは絵心ないけど、アニメやゲームのキャラデザの仕事にあこがれる。

神みたいじゃない?

『Febri』(一迅社)vol.21で、黒星紅白の至藝をさらにおう。

バランス、おそらくすべてはバランス。

 

ヴィニエイラ様は、假面のときアップにするとさびしいと指摘されたので、

おでこにズヴィズダーのシンボルをいれたら、今度はおもくなりすぎた。

涙みたいな飾りをつけバランスとり、どうにか完成。

 

 

 

 

涙の出っぱりは、普段のカチューシャのギミックに流用。

すべては連動する。

世界の海がひとつである様に。

 

 

 

 

明日汰はケイト(ヴィニエイラ様のこと)とならんだとき、彼女を引き立たすデザイン。

視聴者と目線を共有する立場なので、できるだけ地味に。

パーソナルカラーは灰色。

手足はほそく、顔は女っぽく、ヒロインとみまがうほど応援したくなるキャラ。

 

結果、地味になりすぎたので、三つ編みでアクセントくわえた。

なにげないツーショットの陰に、苦心惨憺の跡がみえかくれ。

 

 

 

 

プラーミャ様の発注は、「ちょっとブッ飛んだ格好で」というもの。

「レディー・ガガくらいでしょうか?」ときいたら、「それは行きすぎです」といわれた。

「普通以上ガガ未満」といっても、定量化できない概念だからこまる。

キャラクターデザインって、ちょっとシュール。

シャチをモティフに、鉄兜で前線にたつイメージの、耐火服女子が誕生。

 

 

 

 

たぶん、普通にしていれば、すごく可愛い子だと思います。

 

 

 

 

第2話の学校制服姿がわすれられない。

デコった長ドスが「デコドス」とよばれることも本特集でしった。

響きよすぎだろ。

 

逸花さん、だいすきなキャラだ。

4月末の『デザインワークス(仮)』にも、たくさん載ってるといいな。

 

 

 

 

クルクルの、マーブルチョコ的カラフルさもたのしい。

左から2番めが悲しい顔で、その右が怒ってる顔と、意外と表情ゆたかとか。

これからはもっと集中して鑑賞しなくてはならない。

 

(すくなくとも視覚的に)なんて奥ふかい世界なのだろう!




Febri (フェブリ) Vol.21Febri (フェブリ) Vol.21
(2014/02/10)

関連記事

テーマ : 世界征服~謀略のズヴィズダー~
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03