糸杉柾宏『ALL I NEED』

 

 

ALL I NEED

 

作者:糸杉柾宏

掲載誌:『ヤングアニマル嵐』(白泉社)2013年-

単行本:ジェッツコミックス

 

 

 

ある女子高ヘ入学した「ヒナ」は、寮でのはじめての夜をむかえる。

同室の「セイラ先輩」が儀式をつかさどる。

新入生にうつくしい瞬間をおしえ、鳥籠から飛びたたすため。

 

 

 

 

障碍がひとつ。

身よりのないヒナは幼稚舎以来、学園外へでたことない正真正銘の箱いり娘。

性的にまったく未開拓の「イケない少女」だ。

 

 

 

 

学食でオナニーの話題をためらう同級生を不思議がる。

 

なぜ公共の場で自慰についてかたってはいけないのか、

あらためてかんがえると哲学的難問におもえたり。

わりと高尚な漫画だ。

 

 

 

 

「オナニーの快感を知らない者は、人生の半分を損している!!」

力説する黒髪ツインテの「ルリちゃん」。

 

糸杉柾宏は男性作家。

異論あるが、2ちゃんねる糸杉スレの定説にしたがう。

百合漫画鑑賞における大前提ゆえ避けてとおれない。

作者の性別は、百合とゆう現象を推定するにあたり決定的影響をおよぼす。

量子力学の観測問題にちかい。

シュレーディンガーの百合。

 

 

 

 

アバラがういた鶏ガラ体型のヒナ。

女らしいふくよかさにとぼしい。

ボクはすきだけど。

 

理の当然とゆうべきだが、男に百合はかけない。

繊細な心の襞、サイキック的な共感能力、命がけのファッションへのこだわり。

男にはわからないし、わかったふりしてもリアルじゃない。

 

 

 

 

「世の中にはクリ派とナカ派の二種類がいると聞くが、わたしは断然ナカ派だ。

特にこの……恥骨の下あたりが猛烈に気持ちいい。

指は上にむけたまま……もうちょっと奥……あっ!

そのまま……指を震わせて……ふあっ!! あっ!!」

 

ブルマーずりおろしたルリちゃんが、跳び箱のうえでヒナに、

保健体育の指導要領にもとづきオナニーを教授する。

フィジカルな百合。

 

 

 

 

ヒナがセイラ先輩にあてがわれたのは理事長の差金だった。

陰謀としての百合。

「権力」をえがくのは男性作家の得手とするところ。

 

『ALL I NEED』は狭義の百合にあてはまらないが、

百合の宇宙そのものは本作を優にのみこむ。

たもりただぢ『百合×薔薇』につづき「オルタナティヴ百合」が蠢動する。




ALL I NEED 1 (ジェッツコミックス)ALL I NEED 1 (ジェッツコミックス)
(2013/12/27)
糸杉柾宏

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03