ninikumi『シュガーウォール』

 

 

シュガーウォール

 

作者:ninikumi

掲載誌:『COMICリュウ』(徳間書店)2013年-

単行本:RYU COMICS

 

 

 

メガネ男子「柚原」が角ドン的にぶつかったのは、でこっぱち娘「露村黄路(こうろ)」。

十年前まで隣家にすんでた幼なじみ。

 

 

 

 

なつかしさのあまり、ひとり暮らしの住処へ女をあげる。

両親のいない柚原は、ひと月前に姉も亡くし、家は荒れ放題。

 

 

 

 

男子小学生にみえるヒロインだが、実は大学生。

姉みたくてきぱき掃除をすませた。

 

 

 

 

「ゆんちゃん 実はわたしのことよく覚えてないでしょう」

 

すきとおった印象のショタ風女子大生は、ときおり恨みをこめた目つきをする。

かつてふたりのあいだに、ゆるせないできごとがあったらしい。

 

 

 

 

となりはいま駐車場になっている。

柚原がおもいだせるのは、めづらしい黄路の名前だけ。

 

 

 

 

彼女の父の死の原因が、おさなかった柚原にあるらしい。

 

本作はサスペンス風味をきかせた青春モノ。

「幼なじみ」の非現実性を逆手にとる。

ヒロインはどことなく幽霊の様で、記憶のトリックをもちい、

もう存在しない人物とあかされるかもしれない。

 

 

 

 

通い妻みたいに世話をやく黄路との距離はちぢまってゆく。

でもデコ出しショートのせいか、やたら清潔感ただよう。

 

 

 

 

いつもの様に柚原の家で料理するとき、手を傷だらけに。

でも無表情。

 

 

 

 

帰宅した主人公は血まみれの手を心配するが、

ヒロインはかれをトイレへつれこみ、食べてきたものを吐けとゆう。

喉に指をつっこみ、自分の料理のため胃をカラにさせる。

口にひろがる鉄のにがみ。

このうえなく卑猥な場面だ。

 

 

 

 

写真が趣味の柚原は、鉄塔や電柱を影絵にしてあそぶ。

作者は本作連載開始まで、ほとんど漫画執筆の経験ないそうだが、

風景と人物のハーモニーにつよい個性がある。

 

 

 

 

脳のメモリーカードからしばらく消せそうにない、鮮烈な作品だ。




シュガーウォール 1 (リュウコミックス)シュガーウォール 1 (リュウコミックス)
(2014/01/11)
ninikumi

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03