井上淳哉『La Vie en Doll ラヴィアンドール』

 

 

La Vie en Doll ラヴィアンドール

 

作者:井上淳哉

掲載誌:『ジャンプ改』(集英社)2013年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス X

 

 

 

ヨーロッパで行方不明だったはずの父からとどいた、ふるい手鏡。

屈折してるせいか、ながくみつめると眩暈がする。

ニヤリとわらった様にみえる。

 

 

 

 

主人公「春野かすみ」は、カーテンの陰でこそこそする系の中学生。

友達はうえの「笑美ちゃん」しかいない。

 

 

 

 

母は家事をほったらかし毎晩飲みあるくダメ女。

かすみは人生になんの希望もないが、家出や自殺する勇気もない。

 

 

 

 

教室で鏡にみいっていたある日に豹変。

自分を「カスのかすみ」とよびイジメる女をはりとばす。

 

 

 

 

片思いの相手にキス。

嫌いなものは嫌い、好きなものは好き。

内面にしまいこんだ「ホンネ」を顕在化する力が、なぞの手鏡にあった。

 

 

 

 

目をあわせると肉体の支配をうばわれるので、スマホみたく「もうひとりの自分」と対話。

ブスカワイイかすみの造形が心憎い。

背景にみえるのは「東京アテナツリー」。

 

 

 

 

そこへあらわれたるは、ヴィクトリアンな衣装に身をつつむ笑美ちゃん。

風の魔法で攻撃してきた。

鏡と指輪をねらう勢力にあやつられる。

 

 

 

 

鏡の力で、金髪のゴスロリ魔法少女に変身!

性格も好戦的となり、華麗に宙を舞う。

 

 

 

 

634mの頂点めざし繰りひろげられる空中戦。

作者はケイブ時代に弾幕シューティングをつくったひとで、

絵面のはなやかさや、独特の浮遊感はさすが。

 

アナログ作画4名、デジタル仕上げ5名がクレジットされる。

目をたのしませる漫画なのはまちがいない。

 

 

 

 

鏡をとおし、ふたりの「かすみ」がいいあらそう。

親友の笑美ちゃんを「ホンネ」では嫉妬していた。

いつも笑顔でやさしく人気者で、自分とちがいすぎる。

だから殺してもかまわない。

 

 

 

 

内気な少女には残酷すぎる仕打ちがまつ。

起伏にとみ、王道をゆく物語だ。

 

 

 

 

「ゴスロリ魔法少女」とゆう明確なヴィジュアルコンセプト、

それをささえる完璧と評すべき作画、乙女の葛藤をえぐりだす語り口。

『La Vie en Doll』をよまずしてどうするのか。




La Vie en Doll ラヴィアンドール 1 (ヤングジャンプコミックス)La Vie en Doll ラヴィアンドール 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/01/09)
井上淳哉

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03