小説13-2 開戦

『自由か、隷属か』


登場人物表


全篇はこちら






海浜幕張駅につくと、「きがえてくる」といってジュン君がトイレへゆく。

入口の見張りはジョージにまかせ、わたしがつきそう。

内側のたかいところに窓がある。

尻をおしあげれば、襲撃されても逃がせるだろう。

おなじみのセーラー服で、悲劇のヒロインが個室からでた。

 

「……朱星ジュンだ……」

 

ざわめきだす改札口。

時計は6時すぎ。

本身をさげたふたりで両脇かためる。

武装が理由で逮捕されかねないが、丸腰のリスクの方がこわい。

無遠慮にカメラのレンズが集中。

好奇心からでなく、するどく警戒する視線も目にはいる。

もしあいつらが政府の手のものだとして、

黙認されるのは、ここが叛乱軍の勢力下だから。

 

緒戦にやぶれた叛乱軍だが、むしろ士気はたかまり、

千葉市の「幕張メッセ」を基地として接収、全国から兵をつのっていた。

おどろくことに、その数1万をこえたとか。

付近にマリンスタジアムや稲毛海浜公園などあり、収容は可能。

ロッテは今季のペナントレースの参加資格をうしなうが、

不人気のせいか、市民から特に不満の声はあがらない。

 

 

 

「……ようこそ、自由の震源地へ」

 

改札機ぬけたら、迷彩戦闘服の大柄な男に握手をもとめられた。

背丈はジョージとかわらないが、胸板あつく首もふとい。

おなじ格好の兵士を7人つれる。

 

「失礼ですが、あなたは?」

「来島ゲン。先月に不名誉除隊となるまで陸軍中尉。

キミは拉致事件で有名な羽生女史だね。お目にかかれ光栄だ」

「尾ひれつけて宣伝に利用されただけです、あれは。

あなたは叛乱ぐ……いや、メッセの勢力のかたですか?」

「内部では『自由日本軍』とゆう呼称が定着してるよ。

ちなみにわたしは秋葉原の戦いで指揮をとったものだ」

 

くちゃくちゃガムをかむ横柄なやつ。

あの混戦で、叛乱軍に指揮統制などあったはずない。

最初にわたしに話しかけた魂胆もみえすいている。

ジュン君やジョージを後回しにして主導権をにぎりたい。

乱世は、こうゆう野心家の背をおす。

 

 

 

南口のロータリーにレンジローバーが2台とまり、10人ほど男がおりた。

 

「蒼月学園のみなさん、お迎えにきました!」と笑顔でまねく。

「……徒歩数分なんだけどなあ。まあ乗るとしよう」と来島。

 

脊髄を電流がかけおりる。

出迎えに10人も必要なものか。

ジョージに「時間かせげ」とささやく。

かすかに会長(いまだそう呼ばれる)へ目くばせ。

自販機へむかうふりし、射界を確保しにゆく大学1年生。

矢筒の蓋があいている。

牛丼屋の社長にしておくにはおしい女。

 

探知しろ。

敵もおなじことをかんがえるはず。

どこかに別働隊がいる。

視野の右の限界に人影を感じた。

通行人がジュン君へ焚いたフラッシュでうかびあがった。

ククリ刀を二階建ての屋上へ投擲。

殺傷力など期待できないが、ほかに投げるものもない。

 

「敵襲っ!! 4時方向、屋上、射手2人!」

 

射手ひとりにククリが命中、もうひとりに矢がつきささる。

わたしのは偶然だが、会長の的中率はたのもしい。

抜刀したジョージが妹の手をひくも、まごついている。

さっきフランのタブレットで地図みたとき、脱出ルートをきめればよかった。

 

「直進! メッセへむかえ!」

 

わたしの叫びに反応し、かけだす兄妹。

来島たちがレンジローバーのまわりでチャンバラする。

 

「キサマら何者だ!?」とさけびながら剣をふるう元中尉。

「来島、撤退しろ!」

 

逆上してるらしく、馬の耳に念仏。

会長の矢が、またひとりつらぬいた。

敵の攻撃はよわまっている。

 

「……フラン、会長、われわれもゆくぞ!」

 

朱星兄妹を掩護するため、血のにおいのする闇のなかを疾走した。


関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03