兄弟で『聖剣伝説2』

 

 

ファミコン至上主義のボクが、めづらしくスーファミをしらべてたら、

いい感じの『聖剣伝説2』(スクウェア/1993年)のアマゾンレヴューをみつけた。

当時小学生の「NaOkI」氏は、兄が主人公ランディを操作するかたわら、

魔法をつかえるプリムやポポイで支援した。

 

ここで魔法使えとか、装備あれにしろとか、

アイテム取れやとか、死ぬなとか。

色々うるさい兄貴との2Pプレイだったが、本当に兄貴と二人で

冒険に出てるような錯覚に陥っていたせいか耳には痛くなかった。

 

アニキの文句も、ゲームならうるさくない。

むしろ本当に冒険するみたいでリアル。

 

 

 

 

あ、天使の聖杯無いから生き返せへんわ、ごめんな。とか

おう、よう倒したやんけとか、え今の技どうやってだしたん!?とか、

普段兄貴が言わないような優しい(?)言葉がゲーム中に出てきたりして。

 

関西辯の記憶に実感こもる。

ゲームしてる方が普段より、アニキのやさしさが表に。

 

 

 

 

ストーリーは当時あまり理解できなかったのだが、その物語の壮大さ、

小さなものが大きなものに立ち向かえるというすばらしさなど、

(今でもだが)馬鹿な自分でもなんとなくは分かっていたようで、

今思い出すと本当に懐かしく、胸が熱くなる。

 

ファンタジー世界の物語は小学生にむつかしいが、

現実を投影するドタバタの活躍で、自分なりに作品の本質をつかんだ。

 

 

 

 

いまのゲームがわすれた宝物がここに。

任天堂はまだマリオなどで同時プレイにこだわるが、目指すところはややちがう。

神話的な感動を、お茶の間で共有することに価値があつた。

聖剣2をWii Uにダウンロードし、20年まえの攻略本まで注文したけど、

さすがにもう兄弟であそぶ年でないのが、なんとなくさびしい。



関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

タグ: ファミコン 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03