吉元ますめ『くまみこ』

 

 

くまみこ

 

作者:吉元ますめ

掲載誌:『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)2013年-

単行本:MFコミックス フラッパーシリーズ

 

 

 

クマが巫女にクイズを出題。

「都会つ子度」を検定する。

第1問、「駅の自動改札はなにをつかうと通れる?」

 

 

 

 

選択肢は「①スイカ②りんご③バナナ」。

 

……どうゆうこと?

最近の乗車賃は物々交換なの?

 

 

 

 

14歳の「雨宿まち」は、東北の山奥で巫女をつとめる。

アイヌ風の衣装がうるわしい。

電波もとどかぬ限界集落に嫌気がさし、街でくらすのが夢。

世間しらずを心配するヒグマの「ナツ」はみとめないが。

 

 

 

 

ヒトのことばをはなすクマは、ここ「熊出村」でかかせぬ存在。

巫女と二人(頭)(五)脚で神事をとりおこなう。

 

 

 

 

お年頃のまちは、とかくサボりがち。

儀式をやらせるのに、はげしい神楽舞の「トランス状態」は、

東京のクラブで大流行と、DJ KUMAがそそのかす。

 

朴訥ヒロインとラリックマの迷コンビぶりがたのしい。

 

 

 

 

それでも都会への思いやみがたいまちに対し、第二の試練が。

「ユニクロでヒートテックを買う」

二年も服を買つてないので、ユニクロに着てゆくものがない。

 

 

 

 

結局中学の制服で山をおりる。

隣町の国道ぞいの店舗へ、はじめてのお使い。

なんか健気でいじらしくて。

 

ただカワイイだけぢやない、フラッパー娘ならではのおくゆかしさ。

 

 

 

 

「CDからMDに録音できた」と、機械オンチ卒業をアピール!

ソニーさえMD事業から撤退したとしらされ赤面。

クマより情弱つてどうなの。

 

 

 

 

村役場ではたらく親戚によると、やはり熊出村の巫女装束はアイヌのもの。

むかしは本州にもアイヌ民族がいて、東北にはアイヌ語源の地名がのこる。

この村に関係ありそうだが、バアサンたちは研究者をいれたがらない。

 

 

 

 

サムスピのナコルル以来、アイヌ文化に親近感おぼえる。

東国人のルーツなのかも作者は新潟県五泉市出身)

ゆえに本作は興味ぶかいが、いちいちオチをつけ一筋縄でゆかない。

 

 

 

 

切れ味するどいギャグ、可憐なヒロイン、奥ふかい設定。

あとはひたすらモフる。

漫画オタから、山そだちの情弱まで、だれでもオススメできる逸品だ。




くまみこ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)くまみこ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2013/10/23)
吉元ますめ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03