元帥陸軍大将・杉山元と妻・啓子

1943年、フィリピンにて

 

 

 

国土防衛の任にあたる第1総軍司令官・杉山元の妻・啓子は、

終戦むかえ、疎開先の山形から喪服たづさえ帰京した。

ふたりの死を裁量せねばならないから。

夫は太平洋戦争開戦時の参謀総長、その後陸軍大臣をつとめた責任がある。

自分は国防婦人会の幹部として、銃後の同胞にくるしみを強いた。

おめおめ生き恥さらせない。

 

自宅へもどると8月15日に死んで当然の夫がいておどろく。

「いつ死ぬのですか」

「……まだ兵たちの復員がすんでない」

「そんなことはあなたでなくともできます。はやく死になさい」

顔をあわせるたび自決をせかされ、元は閉口した。

 

 

 

9月22日、総軍司令官室でことにおよぶ。

副官に胸へ万年筆で印をつけさせた。

前日の東條英機みたいにしくじれば、国中の笑いものになる。

ところが弾がでない。

室外で待機する副官に銃をみせると、安全装置がかかつたまま。

四発撃つが、心臓をはづした。

軍医部長に薬のまされ、ようやく責めをはたす。

 

 

 

杉山邸に「元帥閣下自決せり」との電話連絡がはいる。

啓子夫人は「まちがいなく死んだのでせうね」と念おす。

喪服にきがえ仏間へはいり、膝がみだれぬよう足をしばつた。

短刀で胸を一突き。

声すらたてない、うつくしい死に様だつたらしい。

夫におくれること25分だつた。








【参考文献】

半藤一利/横山恵一/秦郁彦/原剛『歴代陸軍大将全覧 昭和篇/満州事変・支那事変期』(中公新書ラクレ)



歴代陸軍大将全覧 昭和篇/満州事変・支那事変期 (中公新書ラクレ)歴代陸軍大将全覧 昭和篇/満州事変・支那事変期 (中公新書ラクレ)
(2010/01/10)
半藤 一利、秦 郁彦 他

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03