野口賢/西村寿行『ウルトラ・レッド』

 

 

ウルトラ・レッド

 

作画:野口賢

原作:西村寿行『往きてまた還らず』

掲載誌:『チャンピオンRED』(秋田書店)2013年-

単行本:チャンピオンREDコミックス

 

 

 

新宿で爆破テロ発生。

ビルや家屋240戸全焼、死者813名。

 

 

 

 

「ウルトラ極左」とよばれる組織の犯行。

左翼をこえた左翼で、政治思想の内実はわからない。

高度な訓練に莫大な物資、ロシアなど大国による支援がうたがわれる。

 

 

 

 

「日本の右傾化は衰退の表れ!大衆迎合的なナショナリズムは国を滅ぼす!」

 

原作は1977年の小説で、サヨクがウンヌンといかにも前世紀的だが、

おもえば資本制の頽廃は、2013年の方がずつと進行している。

1%の敵に対し、99%の人民にまぎれる、人海戦術の好機。

 

 

 

 

実行犯「僧都保行」をおう主人公、陸幕二部別室の「伊能紀之」は諜報の専門家。

テロで死んだ姉の復讐戦にいどむ。

 

 

 

 

事件おこるまで政府は、国家転覆をはかる集団の存在をしらなかつた。

伊能は対テロ組織「公安特化隊」へ出向、あらつぽい捜査をおこなう。

令状もたず、ハイス鋼のナイフで扉のロックを切断しふみこんだり。

 

 

 

 

極左テロリストの恋人の部屋で、死体をみつける。

ベランダからとびおりる仇敵、おいすがる諜報員。

 

 

 

 

道ゆく自動車をクッションがわりに。

正気の沙汰でない。

 

 

 

 

敵は、MP5かなにかで援護する女と合流。

陸橋の激戦。

 

野口賢がこのむアイレヴェルの横むき構図は、撃ちあいが映画的にはえる。

園田健一や伊藤明弘や高橋慶太郎のスタイリッシュな銃撃戦とちがい、おもい手ごたえ。

ジョン・ウーでなくマイケル・マン。

女テロリストの奮闘に、『バーダー・マインホフ 理想の果てに』(ドイツ映画/2008年)を再見したくなつた。

 

 

 

 

拳銃で応戦した伊能はあと一歩までせまるが、手榴弾でふきとばされる。

あざやかな手口。

 

 

 

 

劇画調の絵柄は流行の対極にあるが、やけにリアルで今日的。

心ひかれる作品だ。

原作もよむつもり。




ウルトラ・レッド(1) (チャンピオンREDコミックス)ウルトラ・レッド(1) (チャンピオンREDコミックス)
(2013/10/18)
野口賢 西村寿行

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03