濱田浩輔『はねバド!』

 

 

はねバド!

 

作者:濱田浩輔

掲載誌:『good!アフタヌーン』(講談社)2013年-

単行本:アフタヌーンKC

 

 

 

「県立北小町高」の女子バドミントン部は部員4名、団体戦出場もできないので、

おとなしいが運動神経のよい1年生「羽咲綾乃」をスカウト。

左手にラケットのマメもあるし。

負けたら入部とゆう約束でむりやり勝負。

 

 

 

 

ふわりと放つたサーブは天井をかすめる。

ラインぎわにおちるシャトル。

 

 

 

 

余裕のスマッシュ。

 

バドミントンのあざやかな緩急をえがく。

鳥のごとく優雅な抛物線と、するどく敵の肉をえぐる一撃。

 

 

 

 

天然な綾乃は、かりたラケットのグリップの巻きが右利き用だつたので、

自分の利き手をわすれてプレーし、いやいや入部するハメに。

 

インターハイ準優勝「フレゼリシア女子短大附属高」との合宿に参加。

 

 

 

 

フレ女にはデンマークからの留学生がいた。

「コニー・クリステンセン」。

かずかずのユース世代の大会を制した有名選手だ。

 

髪型や強気なふるまいが、惣流(式波)・アスカ・ラングレーを髣髴させる。

綾乃とダブルスで対戦するが、身長と瞬発力で圧倒。

 

 

 

 

「立花コーチ」が作戦をねる。

リアコートへおしこんでねばり、ながいリーチを逆手にとりボディをねらえ。

 

 

フレ女の「多賀城ヒナ」たんもカワイイ

 

 

綾乃はあべこべに、得意のゆるゆるショットをネットぎりぎりへ。

「オーバー・ザ・ネット」のルールがあるから、どんなに甘い球でもはたけない。

まるでA.T.フィールド。

永遠におもえる焦燥。

 

 

 

 

綾乃は守備の天才だつた。

スマッシュの嵐を、いともたやすく撥ねかえしつづける。

 

 

 

 

敵をはしらせ、つかれさせ、ミスをさそう。

自分は一滴の汗もかかずに。

 

 

 

 

にくらしいほどの無表情。

たとえるなら綾波レイか。

ふれ幅おおきいバドミントンで、女子はキャラ立ちする。

 

 

 

 

典型からはみだす無邪気さも絵になるけど。

 

作者が『どがしかでん!』『パジャマな彼女。』を連載した『週刊少年ジャンプ』からはなれたのは、

インタヴューによると、「テコいれ」を強要するアンケート至上主義をきらつたらしい。

 

 

 

 

友情、努力、勝利!

言葉すくなな天才少女のほほえみは、テコいれ不要のまぶしさ。




はねバド! (1) (アフタヌーンKC)はねバド! (1) (アフタヌーンKC)
(2013/10/07)
濱田浩輔

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: エヴァンゲリオン 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03