『写実画のすごい世界』

塩谷亮『Olga』(2008-09年)※本書には非掲載

 

 

写実画のすごい世界

 

編者:月刊美術

発行:実業之日本社 2013年

 

 

 

女をえがく近年の写実画をあつめた本。

森本草介『光の方へ』や生島浩『5:55』など、ホキ美術館を象徴する傑作群の、

崇高なうつくしさにあらためて心うごかされるが、

それ以上に、ボクと同世代、またはより若い作家がおもしろい。

 

憂い顔をかかせたら絶品の、塩谷亮は1975年うまれ。

 

 

卯野和宏『雲海の下』(2010年)

 

 

火照る耳翼。

すました横顔にかくしきれない羞恥。

 

モデルと画家の、心理的かかわりを勘ぐりたくなる。

写実画はスキャンダラスで、罪ぶかい。

卯野和宏は78年うまれ。

 

 

小木曽誠『何度も』(2011年)

 

 

「すごい、まるで写真みたい……でもだからなに」

虚実の境をけす写実画に対面すると、ひとはエセ哲学者となりがちだが、

絵画は形而上学たりえず、報道写真にちかい本質をもつ。

75年うまれの小木曽誠は、もつとも痛切な震災の記録のひとつをのこした。

 

 

中島健太『あの話の続き』(2013年)

 

 

篠田麻里子を連想した自分の俗つぽさにあきれたが、

ちまたにあふれる「グラビア」も、藝術に反映されて当然か。

中島健太は84年うまれ。

 

 

本木ひかり『夢幻』(2013年)

 

 

本木ひかりは86年うまれ。

あつい唇が強調され、少女漫画の表紙みたい。

現実を否定しがちな、思春期のとげとげしい感情を、肯定するリアリズム。

 

 

山本大貴『with Three Musicians』(2010年)

 

 

冒頭の『Olga』と面影かさなるが、日本人が白人女をものすと似るだけかも。

細密にギターなどかきこむのに、芝居じみている。

ティーカップをふまえ、『けいおん!』への言及をよみとるべきか?

山本大貴は82年うまれ。

 

 

岡靖知『Evergreen』(2012年)

 

 

ツンデレ、妹キャラ、コスプレ、百合……常套句が脳裏をよぎる。

83年うまれの岡靖知は本作で、二次元世界的な三次元空間をえがく二次元表現をうみだした。

おくゆかしい微笑は、どこか不敵。

 

写実画のヒロインたちが、現代の神話をつむぐ。




写実画のすごい世界写実画のすごい世界
(2013/05/29)
月刊美術

関連記事

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03