宮城理子『ミカド☆ボーイ』

 

 

ミカド☆ボーイ

 

作者:宮城理子

掲載誌:『マーガレット』(集英社)2013年-

単行本:マーガレットコミックス

 

 

 

黒マントの少年「柴田英人」はエリート中学生。

「ミカドボーイ3号」なるコードネームをもつ、「帝国少年諜報部」のスパイでもある。

 

 

 

 

ときは支那事変おこる1937年。

秀才のほまれたかい英人に、組織が接触した。

 

 

 

 

セーラー服の美少女に生徒手帳をぬすまれる。

にげる娘をおいかけるうち、アジトにさそいこまれた。

 

 

 

 

国際情勢が風雲急をつげるなか、政府や軍はインテリジェンスをあなどり、

やれ大和魂だやれ武士道だと、マッチョな思想にこりかたまる。

あせる情報将校「神田吾郎」は軍をとびだし、画期的な諜報機関をつくつた。

 

 

 

 

たのんでないのに試験がはじまる。

地図をわたされ、サイパン島を指させと。

英人はニセの地図とみやぶるが……

 

 

 

 

……一目惚れしたセーラー少女が、男とみぬけなかつた。

ミカドボーイおそるべし!

オンナノコよりカワイイ、「男の娘」属性は、諜報活動にあつらえむき。

 

 

 

 

「男の娘」は、単純にいうと「ショタ」の進化形。

「銀きゆん」は潜入先でたやすく、メイドさんを手なづける。

モサドもびつくり、美少年をそろえた無敵軍団だ。

 

 

 

 

スパイ道具も、なんかキラキラしてる。

ひざ上の半ズボンとか反則。

市川雷蔵の『陸軍中野学校』は、まさに前世紀の遺物となつた。

 

 

 

 

戦時である以上、少年スパイも人の死にかかわる。

動揺するウブな英人。

 

 

 

 

眉ひとつうごかさない銀。

あばいたのが真実なら、なにを気に病む必要あるのかと。

情報の世界にいきるものは、いつしか感情をうしなう。

 

 

 

 

嘘か真か、敵か味方か、男か女か。

すべてをうたがう人間が、信じられるのは己の至誠のみ。

 

 

 

 

銀きゆんがダーウィンを引用。

「この世界でいきのこるのは、もつとも強いものでも、もつとも賢いものでもない。

唯一いきのこるのは、変化できるものだけだ」

すなわち美少年生存。

カワイイは正義。

 

戦国期に「忍者」という、世界に冠たる諜報技術をうんだ日本は、

後継者をそだてられず太平洋の藻屑となつた。

だが男より漢らしいオトコ、可憐で冷酷な「男の娘」が、最終兵器としてたちあがる!




ミカド・ボーイ 1 (マーガレットコミックス)ミカド・ボーイ 1 (マーガレットコミックス)
(2013/07/25)
宮城理子

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03