戦艦長門

『涼宮ハルヒの消失』(日本映画/2010年)

 

 

たまにはお舟のはなしでも。

 

長門型戦艦「長門」は、1920年竣工。

主砲口径16.1インチ、水平・水中・垂直防御を強化、

当時の世界最強艦で、「長門と陸奥は日本の誇り」と国民にうたわれた。

 

 

 

 

排煙処理のための改装により、S字型の屈曲煙突が誕生。

はじめ不評だつたが、みなれるうち新鋭艦らしくおもえた。

ただボイラーを石炭との混焼から、重油専焼に換装した際、

煙突はまつすぐな一本のみとなり、艦影はおもしろみがやや減じる。

 

長門は不器用な船。

速力26.5ノットを、機密保持のため23ノットと公表したが、海軍国イギリスにうたがわれる。

1923年に関東大震災がおき、救援のため東京へいそぐ長門を、

英国巡洋艦プリマスがぴたり追尾し、最大速力を計測。

軍を救助活動にかりだすとロクなことがない

 

 

 

 

長門は、鬼畜米英に翻弄されつづけの生涯をおくる。

はなばなしく戦火をまじえもしない。

半端な艦隊保全主義で温存されたし、すでに航空機と潜水艦の時代でもあつた。

 

1943年、同型の「陸奥」が広島湾でたたかわずして轟沈、1121名死亡。

調査により自然発火の可能性は否定され、乗組員の放火がささやかれる。

不運で不吉な事故だつた。

 

燃料つきはて、横須賀に繋留されたまま終戦をむかえる。

聯合艦隊で行動可能な大型艦は彼女だけだつた。

 

 

 

 

1946年、米軍は接収した長門を、ビキニ環礁での核実験に投ずる。

二回の爆発をたえた。

ある朝、海面に長門の姿がない。

末期の苦悶をみられるのを恥じる様に、彼女はきえた。

 

 

 

 

「綾波レイ」が駆逐艦の名をとつたのは明白だが、「長門有希」が戦艦に由来するかは定説ない。

いづれにせよ、長門は長門ぽい。

名称の一致は、情報統合思念体のしわざだろう。







【参考文献】

佐藤和正『戦艦入門』(光人社NF文庫)



戦艦入門―動く大要塞徹底研究 (光人社NF文庫)戦艦入門 動く大要塞徹底研究 (光人社NF文庫)
(2005/12)
佐藤和正

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03