福山隆『防衛省と外務省』

『007 ダイ・アナザー・デイ』(イギリス映画/2002年)

 

 

防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織

 

著者:福山隆

発行:幻冬舎 2013年

レーベル:幻冬舎新書

 

 

 

 

読売新聞「中興の祖」正力松太郎は、もと警察官僚で、

戦後はA級戦犯に指名されるもCIAの協力者としていきのびた。

朝日新聞でさえ、アメリカ政府の息がかかる。

表の世界でも、2009年の鳩山内閣までつづいた「年次改革要望書」や、

「アーミテージ・レポート」など、露骨に内政干渉。

やられつぱなし。

 

 

ロザムンド・パイク

 

 

たとえば韓国は、KCIA(大統領直轄)とKCIC(軍の組織)をきそいあわせ、

あがつてくる情報をダブルチェックしつつ政権安定をはかる。

北朝鮮さえ高度なインテリジェンス機能をもち、アメリカ相手に互角の諜報戦が可能。

 

かたや日本の内調(内閣官房内閣情報調査室)の要員は170名程度、

各省庁からの出向者でしめられる、警察の出先機関にすぎない。

 

 

 

 

元陸将で、朝鮮半島のインテリジェンスにかかわつた著者・福山隆は、

アメリカの圧力団体と化した外務省が、日本の諜報を骨抜きにしたとのべる。

経済産業省や農林水産省は独自の外交をおこなうのに、

国防に関してだけ「外交の一元化」をとなえ、防衛駐在官の情報や資金を統制。

ほかに「宮永スパイ事件」や、空自にいた森本敏の引き抜きなど、両省の対立の根はふかい。

 

 

 

 

軍隊は、情報の専門家だ。

陸自の「中央情報隊」は600名、外務省本省の人員に匹敵。

さらに各方面隊から中隊にいたるまで、情報スタッフをかかえる。

外交官は本質的に、ジェイムズ・ボンド的な個人プレイヤーだが、

軍人はチームワークとテクノロジーで諜報戦にとりくむ。

 

 

 

 

2005年の普天間飛行場移設をめぐる日米協議では、外務省でなく、

守屋武昌防衛事務次官の主張がとおり、いわゆる「L字案」で合意がなされた。

外務省による報復にあい、守屋は「山田洋行事件」で収監される。

 

 

 

 

昨年4月の、石原慎太郎による尖閣諸島購入宣言は、ワシントンでおこなわれた。

かれはCIAのあやつり人形と著者はいう。

あの煽動家の周辺で米支のスパイがうごめき、電話やメールはすべて盗聴されている。

東アジアで孤立した日本が対米依存をふかめ、アメリカは受益し、

領有問題を国際的にアピールした支那も万々歳。

 

いつまで日本は猿芝居をつづけるつもりか。

太平洋のパワーバランスがくづれ、米支の均衡点は東進している。

アメリカが安保条約を破棄する近未来を、なぜ想像できないか。

 

 

『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』(2013年)

 

 

イスラエルの対米諜報活動がお手本となる。

スパイと発覚し終身刑に処された、ジョナサン・ポラードらが暗躍してきた。

重要な同盟国だからこそ、真意をうたがい、裏工作をたくらむ。

恋愛とおなじ。

 

みぐるしいパペットを叩きつぶせ。

草薙素子をそだて、タチコマを開発し、「人形使い」を捕捉せよ。

ふたたび敗戦国になりたくないなら。





防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織 (幻冬舎新書)防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織 (幻冬舎新書)
(2013/05/30)
福山隆

関連記事

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03