『オブリビオン』

正義を書きかえる

 

 

 

 

オブリビオン

Oblivion

 

出演:トム・クルーズ オルガ・キュリレンコ アンドレア・ライズボロー モーガン・フリーマン

監督:ジョセフ・コシンスキー

制作:アメリカ 2013年

 

 

 

 

西暦2077年。

異星人とまじえた、核兵器ふくむ戦火により、地球は荒廃していた。

トム・クルーズ主演のSF映画である。

 

 

 

 

ペンタゴンもかくのごとく。

廃墟は心たかぶらせる。

 

 

 

 

人類は地球を放棄したものの資源を必要とし、

軍人であるクルーズは、通信担当の女とふたりでチームをくみ、

異星人の残党から施設をまもるため、監視と機器の管理保全をおこなう。

女とは恋仲でもある。

 

 

『トロン:レガシー』のオリヴィア・ワイルド

 

 

ボクはコシンスキー監督の処女作『トロン:レガシー』(2010年)がすきで、

舌なめずりしつつ、今回もスカした映像を堪能した。

 

 

アンドレア・ライズボロー

 

 

おいシコルスキー、オレはしつてるぞ!

アンタが近未来SFをこのむのは、女をよりうつくしく撮るためと。

最高にスケベなカントクだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

ある日、どこからともなく宇宙船が墜落。

わかい女ひとりいきのこつた。

 

 

オルガ・キュリレンコ

 

 

こちらも美人で、クルーズはムラムラひかれる。

ブロンドにブルネット、両手に華でうらやましいが、

超クールな近未来設定でも、三角関係は波風たたずにすまない。

タブレットみたくスワイプできない。

 

 

 

 

よみがえる、抹消された記憶。

ブルネットは自分の妻だつた。

 

 

 

 

ゆえにこれは「元鞘におさまる」のとちがうし、まして「浮気」でない。

単なる義務の遂行。

近未来SFは、男の慾望をややこしく肯定する。

 

 

 

 

 

 

 

……というリクツは、ブロンドに通じない。

修羅場はさけられない。

 

 

 

 

異星人よりおそろしいもの、それは女の嫉妬。

 

 

 

 

モーガン・フリーマンは、レジスタンスの司令官。

クルーズとブルネットが遠出からかえつたとき、

かもしだす雰囲気がことなるのを察し、やさしい微笑をうかべる。

年少者の愚行への理解がつたわる、包容力あふれる演技だ。

 

 

 

 

現状にあきたらない。

男はつねに未来を夢みる。



関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03