俵万智『短歌のレシピ』

発行:2013年 新潮社

[新潮新書]

 

 

 

 

歌人が投稿作品を添削する雑誌連載をまとめたもの。

短歌をよむ予定がなくても、文章をかく際の手がかりとなる。

たとえば「は」と「が」。

 

「でも」「だけど」心をふさぐビー玉が入ったラムネは君の右手に

 

京都市 ハマー☆

 

気になるのは第四句の「は」。

係助詞「は」は、まえの名詞を漠然とした一般論へみちびく。

格助詞「が」の方が、比喩の迫力がでる。

 

「でも」「だけど」心をふさぐビー玉の入ったラムネが君の右手に

 

マチ先生の朱筆がはいる。

「が」はつよい音なので、第三句を「の」にした。

 

逆むきに添削することも。

 

高瀬川桜の花が流れゆく恋の涙も姿を変えて

 

四條畷市 千葉昌美

 

「桜の花」と「恋の涙」、主役は後者であるべき。

 

高瀬川桜の花は流れゆく恋の涙も姿を変えて

 

あえて風景をぼかし、感情ふくむ歌全体の解像度をたかめた。

ただ一文字の工夫で。

 

 

 

 

日本語は語順が自由ゆえ、幾度もいれかえ、最良のオーダーをみつけよう。

 

出張に君が行くたび買ってくる吾がコレクションご当地キティ

 

京都市 朝倉遙

 

各地でご当地キティちやんを買いあつめてくれる恋人のやさしさと、

つみかさなるふたりの年月が感じられる歌。

でも、せつかくの「買ってくる」の主語が、一読してわかりにくい。

 

出張に行くたび君が買ってくる吾がコレクションご当地キティ

 

「君」が上の句の中心におさまり、ふたりの絆はよりたしかなものに。

 

 

 

 

リクツはうるさい。

「こうだから、こうなつた」と一首のなかで展開されても、

読者は「ああそうですか」としかおもえず、歌の世界にはいれない。

 

立ち読みする少年を待ちくたびれてコンビニの前で傾く自転車

 

柏市 紺野葵

 

なんでもない街のかたすみに詩情をみておもしろいが、

「待ちくたびれて」が因果関係の説明つぽい。

 

立ち読みする少年を待ちつづけおりコンビニの前で傾く自転車

 

リクツをこねずとも、よめばわかる。

「傾く」という描写が、一語以上のはたらきをするから。

 

 

 

 

もつともつと、日本語をつかいこなしたい。






短歌のレシピ (新潮新書)短歌のレシピ (新潮新書)
(2013/03/15)
俵万智

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03