黒澤明、批評家に反論す

『用心棒』(日本映画・1961年)

 

 

黒澤明の『用心棒』をみて、批評家は鬼の首をとつた様にさわいだ。

仲代達矢扮するヤクザ「卯之助」の衣装に粗をみつけて。

「江戸時代にマフラーなんてあるか、デタラメだ!」

 

「その批評家つれてこい!」と黒澤がおこる。

幕末の横浜は、イギリスと貿易していた。

スコッチまで輸入したのに、赤いマフラーをまく日本人がいて、なにがおかしい。

卯之助はオシャレなやつなんだ。

 

 

 

 

実は本音でなかつた。

問題は仲代の首の長さにある。

着物や鎧は、猪首でこそ似あう。

ゆえにマフラーで迷彩をほどこした。

 

すべては、理屈でなく、美のため。

 

 

 

 

『用心棒』はヤクザの抗争をえがくが、監督自身は猛烈なヤクザ嫌いだつた。

害虫を一掃するには、共食いさせるのがはやい、という主題の映画だ。

 

藝術の真実は、見えそうで見えないところにある。







【参考文献】

春日太一『仲代達矢が語る 日本映画黄金時代』(PHP新書)



仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 (PHP新書)仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 (PHP新書)
(2013/01/17)
春日太一

関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03