『ゼロ・ダーク・サーティ』

現代の諜報戦の全体像

 

 

 

 

ゼロ・ダーク・サーティ

Zero Dark Thirty

 

出演:ジェシカ・チャステイン ジェイソン・クラーク カイル・チャンドラー

監督:キャスリン・ビグロー

制作:アメリカ 2012年

 

 

 

 

情報は洪水だ。

テクノロジーが、量と多様性を爆発的にひろげた。

一方アルカーイダは、電話やメールなぞつかわない。

ゆえに濁流の最後の一滴まで、CIAは濾過して吟味する。

 

作中あるとおり、まさに「積み藁から針をさがす」作業。

ビン・ラーディンを殺すまで十年かかつたが、そもそも努力で点をかせげる問題でない。

 

 

CIA工作員役のジェイソン・クラークは好演

 

 

前半、CIAによる水責めなどの拷問をダラダラえがくも、

関係各所(大統領など)への配慮がいる厄介なネタで、歯切れわるい。

ママゴトにしかみえない。

さらに、供述の裏をとるため別のテロリストを拷問する、文字どおり水掛け論におちいる。

 

是非はわからない。

自分はされたくない、それだけ。

 

 

 

 

混沌の海でおぼれかけたCIAは、空前の失態を演ずる。

2009年、アフガニスタン・ホースト州のチャップマン基地でおきた自爆テロ事件だ。

三重スパイの罠にかかり、CIAの精鋭7名ふくむ9名死亡。

一個大隊に匹敵する損耗といわれた。

 

 

 

 

背景に関心ある向きに、ジョビー・ウォリック『三重スパイ』(太田出版)をすすめる。

なぜCIAが現代戦を主導し、女が最前線にたつか、劇映画ではわからない。

 

 

 

 

無論、闘争は米軍が制する。

クウェートにあるランボルギーニ販売店で、潮流がかわる瞬間が。

ビン・ラーディンの連絡役の電話番号をききだそうと、

深夜にディーラーをたたきおこし、高級車で買収。

 

 

 

 

もつとも印象ぶかい場面だ。

キャスリン・ビグロー監督は、つくづくお買い物好きだと、おかしかつた。

 

 

『ハート・ロッカー』(アメリカ映画・2009年)

 

 

前作『ハート・ロッカー』の名場面といえば、スーパーのシリアルの棚。

イラクがえりの兵士が唖然とする。

 

 

 

 

女流監督だから、と決めつけたら野暮だが、

実際、そう匂わせる映画をつくるのでしかたない。

 

 

 

 

主人公の女工作員は、複数人の逸話をまとめた、架空のスーパーウーマンとして描写。

無視できない瑕疵だ。

重大な歴史的事象をあつかうのに、アメコミ映画よりウソくさい。

機密上の限界もあるが、普通の人のがんばる姿に、観客が共感するのをわすれている。

 

 

 

 

ただ解釈のひとつとして、本作の存在意義はゆるがない。

「買い物好きのオバサンがみた戦争」があつてよい。

 

たとえばステルス型ブラックホークをみると、男子はウォーと興奮する。

マイケル・マンやリドリー・スコットなら、犬みたいにとびつき、舐めまわしたろう。

でもキャスリンおばさんはオモチャに興味しめさず、数歩ひいて撮る。

おかげで全体像がすつきり。

 

 

 

 

冷戦以来のトレードクラフトに、先端技術や特殊部隊をくみこむ。

キレるやつなら、女でもコキつかう。

2010年代の「総力戦」が、暗視装置でおぼろにうかぶ。




関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03