かたやままこと/吠士隆『シェイファー・ハウンド』

 

 

シェイファー・ハウンド

 

作画:かたやままこと

原作:吠士隆

掲載誌:『ヤングアニマル嵐』(白泉社)2012年~

単行本:ジェッツコミックス

 

 

 

 

第502SS猟兵大隊所属の小隊「シェイファー・ハウンド」。

女兵士の運用性をためすため結成された部隊で、おもに救助作戦をになう。

 

 

 

 

本作の地理は曖昧だが、レジスタンスの略奪にあう東欧の村か。

 

五大陸すべてにおいて、戦争は強姦をともなう。

かたや、正義として描かれるナチス・ドイツ。

 

 

 

 

「伍長閣下」がどうこうと、ヒトラーの陰口をいうオットー・スコルツェニー少佐。

 

ドイツの職業軍人はナチズムの理想に距離をおいていた、

という言い訳を日本の軍事オタクは架空戦記にもちいることがあるが、

それほど御立派な連中が、なぜ伍長閣下にやすやす操縦されたか説明がいるのでは?

 

 

 

 

でも小隊規模なら、物語をつむげる。

 

人命尊重の小隊長と、猪突猛進の副隊長が、対立する。

たがいを異性として意識しながら。

 

 

 

 

ティーゲル・アインとT-34の撃ち合いなんて、好きな人にはたまらなかろう。

 

 

 

 

ボクはもつと装甲のうすい乗り物が趣味だが。

ときに長髪だつたりする。

 

わが身を狙撃兵への囮にした、「カヤ・クロイツ」曹長。

彼女の凛とした、かなしみを湛えるうつくしさを愛でる漫画だ。

 

 

 

 

呼応する「ティアナ・カーネディー」上等兵。

スナイパー対決が、第一巻のみどころ。

 

 

 

 

シェイファー・ハウンドは一種の特殊部隊で、歩兵も活躍。

 

 

 

 

剣術が得意な、ヤーパンからの留学生までいたり。

同盟くんでてよかつた!

 

 

 

 

「ミリタリー+萌え」という流行にのりつつ、本作はそこからはみ出す勢いがある。

おまけ四コマで『ガールズ&パンツァー』をネタにするとか。

 

 

 

 

美少女に武器をもたせ、戦場に立たせるなんて、たしかにあざとい。

 

 

 

 

しかしそれは、どこかでおきたばかりの事実。

われわれはいま、そういう世界にいきている。

 

 

 

 

現実をうけいれ、前進し、攻撃するしかない。





シェイファー・ハウンド 1 (ジェッツコミックス)シェイファー・ハウンド 1 (ジェッツコミックス)
(2012/12/26)
不明

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03