山崎あおい、家入レオのライヴへゆく

ユーチューブのビクターエンターテインメント公式チャンネルより

 

 

名曲「Just Friend」をきつかけに、シンガーソングライター・山崎あおいのブログをよんでいる。

 

ミュージシャンのくせにモテないキャラを売りにしてて、

ねらつてるにしても、そんな打算が女の子らしく、ひかれる。

 

先週、「家入レオさんのライブにいってきたよ~!」という投稿がありおどろいた。

 

 

「家入レオ オフィシャルYouTube」より

 

 

当ブログに「西の家入レオ、東の山崎あおい。そんな時代かな」と書いたから。

 

素晴らしいライブでした(*^_^*)

 

最後、誕生日のサプライズがあって、なごやかなムード!

そこで気がつく!私より1歳も年下!

高校生なんですものね。私も頑張ろうと思ったよ。

 

触発されなかつたらウソだよね。

 

 

 

 

ただ山崎あおいは、ライヴ会場で思索する。

 

ミュージシャンにはふたつの種族がいる。

ライヴで、私生活がみえる人と、そうでない人。

わたしは多分、チラチラみえるとおもう。

 

プライヴェートで仲がよいのに、ステージで歌いだすと、

普段の姿が想像できなくなるミュージシャンもいる。

すごい切ないピュアな曲書く人にかぎつて、私生活で女癖わるかつたり。

 

みえる人と、みえない人のちがいつて、なんなんだろう。

 

 

 

 

「わたしの歌」で彗星のごとくあらわれ、「みんなの歌」へ駆けぬけた、

家入レオに対するかすかな不満が、文面から感じられる。

 

むつかしいかもしれないけど、自分は歌で、自分をみせたい。

 

ところで、わかい女性がソワソワする今月に投稿された、「人肌恋しい季節!?」と題する記事が。

 

人肌なんて生ぬるい物じゃなくて、暖炉が欲しい。

どうして私の部屋はこんなに寒いのであろう!!

 

北海道に住んでた頃は、真冬でも家の中では半袖Tシャツ!

そして食後にアイスを食べる!そんな冬だったのに!

どうして部屋に居ながら、ガタガタ震えてるんだ私は!

 

東京でこごえる道産娘をおもいうかべるとおかしい。

クリスマスにかける真意は、煙にまかれたけど。

 

みえる様でみえない女心。

ライヴいきたいな。



関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03