支那にないもの

 

 

 

上野で「中国王朝の至宝」展をみた。

ありがたくもガラガラ。

尖閣諸島問題の影響か?

狡猾なイシ腹死ンダローにも、ひとかけらの存在価値があつた。

 

ボクはしこしこ教養を身につけるので、愚民のみなさまは、お笑い軍国主義と心中してくださいね。

 

七珍万宝ひとりじめで熱狂するも、みおわると支那の展覧会特有の物足りなさが。

支那人は、女のうつくしさを礼讃しない。

 

女嫌いというより、かれらの理想とする世界観に、婦女子の気まぐれが適さない。

日月の運行みたく、ひとびとの動静を観察したいのに、

男女関係、特に恋愛なんて、不確定要素がおおすぎる。

 

 

 

土田麦僊『舞妓林泉』(1924年)

 

 

 

竹橋の東京国立近代美術館にある日本画。

麦僊はヨーロッパ遊学をへて、和洋折衷の美人画をものした。

 

東西のあらゆる絵画の成分がちらばりつつ、融合し、絹本にのつぺりおちつく。

女性美をたたえよという、至上命令のもとに。

 

おかしいのは、女にだらしない日本やヨーロッパか。

それとも、本音と建前をつかいわける支那か。




関連記事

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03