三次元こそわれらが故郷

ジャスパー・ジョーンズ『星条旗』(1954-55年)

 

 

カエサルのものは、カエサルに。

二次元のものは、二次元に。

このポップアートは三次元空間を黙殺する。

文字どおり「向こう見ず」な絵だ。

 

 

 

 

メトロポリタン美術館のアンディ・ウォーホル『毛沢東』(1973年)

 

 

ウォーホルの作品は大抵、額縁がない。

うすつぺらな、ただの平面。

 

しかし、学生時代のウォーホルは目立たなかつたが、素描の技術は抜きん出ていた。

のちに発揮する、構図や色彩やモティフ選択のたしかさは、デッサン力がささえた。

 

絵画が、単なる平面のはずない。

 

 

 

 

パブロ・ピカソ『アヴィニョンの娘たち』(1907年)

 

 

江ノ島のタコ煎餅みたいな、裸の五人の女。

X状の対角線の構図をもつ。

 

四隅が尖つてみえる。

カンヴァスがピンとひつぱられ、画面にゆるみがなくなる。

ピカソは力まかせで、二次元空間をあらわした。

 

 

 

 

ポール・セザンヌ『サント・ヴィクトワール山とアーク川渓谷の橋』(1982-85年)

 

 

セザンヌの絵には消失点がない。

もしくは多数ある。

 

 

 

 

おなじ絵をことなる角度からながめる。

道や畑や木や山の存在感が、その都度かわる。

まるで3Dモデルかホログラフィー。

 

 

 

 

長谷川等伯『松林図屏風』(16世紀)

 

 

故郷の能登半島にはえる、まつすぐな松の風景。

靄が遠景をかくす。

 

 

 

 

屏風をジグザグに自立させると、等伯の意図がわかる。

 

とびだす角に、濃い墨でくつきり松をかく。

奥へひつこんだところは、かすれる。

 

画面と、屏風という物体と、記憶のなかの風景が、錯綜しつつ美をうみだす。








【参考文献】

布施英利『構図がわかれば絵画がわかる』(光文社新書)



構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
(2012/10/17)
布施英利

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03