ブラジルのバラマキ政策

(撮影:Andrevruas

 

 

 

2003年にブラジルのルーラ政権は、条件つき現金給付制度「ボルサ・ファミリア」をはじめた。

子どもを就学させ、妊婦検診・予防接種・栄養状況など保健チェックをうけた家庭に、生活費を補助する。

バラバラだつた社会扶助プログラムを統合した。

 

給付金はATMから直接ひきだす。

制度は効率的で透明に。

子どもの登校率が85%をきると画面に警告文が表示され、支払いは翌月に延期。

面積も人口も世界第五位の大国にとり、貴重なデータベースにもなつた。

 

カードは原則として母親にわたされる。

飲酒より、家族の健康管理や教育投資を優先する人間を、所得分配政策の中核にすえるため。

 

ルーラ大統領は「大衆迎合だ」「バラマキだ」「ポピュリズムだ」と批判された。

だが政治家が大衆に迎合してなにがわるい?

ボルサ・ファミリアにかかる費用はGDPの0.3%程度。

端金で貧困はへらせる。

 

 

 

(撮影:Wilson Dias/ABr)

 

 

 

ブラジルの極貧人口は、2001年に15.3%だつたのが、2009年に7.3%となる。

景気のおかげもあるが、貧困対策が実をむすんだと評価されている。

中間層が厚みをませば内需拡大、まさに好循環だ。

 

一方、地球の反対側のある島国では、ことし不正受給のニュースに大衆が憤激。

生活保護は甘えだと。

くだらん。

福祉がいやなら、医療保険も年金も利用するな。

自分がもらえないカネだからやつかむなんて、あさましすぎる。

 

発展するブラジルは、ながき軍政のあと、金融危機をのりこえ、

カルドーゾ、ルーラ、ルセフとつづく政権で、「社会を主役とみなす」施策をとる。

その逆をゆく国の人間としてはうらやましい。








【参考文献】

堀坂浩太郎『ブラジル 跳躍の軌跡』(岩波新書)



ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書)ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書)
(2012/08/22)
堀坂浩太郎

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03