クリストファーノ・アッローリ『ホロフェルネスの首をもつユディト』

クリストファーノ・アッローリ『ホロフェルネスの首をもつユディト』(1613年)

 

 

 

べトリアの町がアッシリア軍に包囲された。

うつくしき寡婦ユディトが一計を案ずる。

エルサレム侵攻の道案内をするとかこつけ、司令官ホロフェルネスをたづねる。

将軍は着飾つたユディトを気にいり、天幕にむかえた。

結果はこのとおり。

 

カラヴァッジオの同主題の作品が有名だが、

アッローリのユディトは、あどけない口もとが冷酷さをひきたてる。

モデルは「ラ・マッツァフィッラ」、画家の愛人。

 

そしてみづからを、淫蕩な軍人に見立てた。

絵のため鬚までのばして。

自分は不幸な愛の犠牲者とうつたえたくて。




関連記事

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03