ヤン・ブリューゲル二世『死の勝利』

ヤン・ブリューゲル二世(ピーテル・ブリューゲルに倣う)『死の勝利』(1620年ごろ)

 

 

ふたたびリヒテンシュタイン展から。

 

祖父ピーテルの原作を、父ヤンが模写したものを、模写したらしい。

一族そろつて「死をわすれるな」と訴えつづけねばならぬとは、人間の記憶力は致命的缺陥がある。

コピーだが、119×162cmの説得力のまえでは些細なこと。

 

骸骨軍団が生者をなぶり殺し。

剣、槍、斧、大鎌、なんでもござれ。

次第に飽きたか、川で溺死させたり、絞首台につるしたり。

 

陰惨な主題も、あかるい色づかいでしられるヤン二世の手にかかると、どこかユーモラス。

 

 

 

 

たとえば丘のうえで、両手をあげ逃げまどう男。

必死さにわらつた。

 

数日後か、数年後かわからないが、かならず死はおとづれる。

なのにみつともなく生にしがみつく。

そんなボクの姿がここにある。




関連記事

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

森山大道『モノクローム』

 

 

モノクローム

 

撮影:森山大道

装幀:大竹伸朗 小関学

発行:月曜社 2012年

 

 

 

 

写真集にふれる指がざらつく様な。

光と影がとけあわず、粒子のまま存在する。

ボクとおなじGRDで撮つてるらしいが、みえるのは別世界。

 

自分と森山大道を比較するなんて滑稽におもわれるだろう。

でもそれが写真民主主義の2012年ぢやないか?

褒めるにせよ、貶すにせよ、グダグダいう暇があればシャッターをきれ。

森山はそう挑発する。

 

 

 

 

 

かわき、そしてぬめる。

紙ヤスリで肌をこすり、血がにじんだ様な。

あわだつ。

 

 

 

 

ノラだろうか、右目を病んでいる。

イヌの一枚が名刺がわりだが、ネコもいける。

 

すさまじく視線がひくい。

ノラもあきれるほど。

 

前言撤回。

森山大道は民主主義を否定する。

一市民の権利をなげうち、地べたをのたくる。






モノクロームモノクローム
(2012/10)
森山大道

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03