フリードリヒ・フォン・アメリング『夢に浸つて』

フリードリヒ・フォン・アメリング『夢に浸つて』(1835年ごろ)

 

 

緑のふかみを湛える、澄みきつた茶の瞳は、メドゥーサの魔力をもつ。

うごけない。

腕時計をみる。

どれほど時がすぎようが、気にならない。

 

陰のなかの右目のかがやきも忘れがたい。

左右の明暗は、少女の二面性をあらわすと解釈できるが、

唇のあわい血色は、ヘリクツを無意味にする。

 

手にするはなにかの小説か。

光源へむかう視線。

その頬にふれられる近さにいるのに、彼女は遠くをみつめる。

やるせない。

 

さけびたくなるほどヴェイルがうつくしい。

かさなりあう襞の、仄暗いハーモニー。







いま国立新美術館でみられるリヒテンシュタイン侯爵家の蒐集物は、

審美眼の粋を感じさせ、さすがと唸らされた。

ほかの作品もいくつかとりあげたい。



関連記事

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03