戦場 疾風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





関連記事

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

軍は民営化できるか? アメリカ沿岸警備隊の場合

バーソルフ級カッター

 

 

 

アメリカ沿岸警備隊は小規模ながら、陸海空軍および海兵隊とならぶ軍事組織。

9.11を経験した政府と議会は、のんびりしたパラミリタリーを、近代化し増強するときめた。

将来のテロリストは、海からくる可能性がたかいから。

 

 

名づけて「ディープウォーター計画」

170億ドルかけ、90隻以上の巡視船と124隻の警備艇を建造し、

200機ちかい新型の無人機を導入、監視と通信を統合する新システムを構築するもの。

契約をかちとつたのはロッキード・マーティンとノースロップ・グラマンの二社で、

軍官僚にかわり計画を統括し、参加する全企業を監督する権限まであたえられる。

この革新的手法は、「お役所仕事」を排除し、めざましい効率性をもたらすと期待された。

 

 

蓋をあけると、両社の仕事ぶりは、お役所よりはるかに非効率だつた。

ほぼすべての分野で失敗し、沿岸警備隊は弱体化した。

 

 

警備艇を大型化したら、試運転で船体に亀裂が!

バンドエイドの様な鋼鉄のベルトで補強するも、ごまかしきれず、全艇が退役するはめに。

新工場に注文をまわしたくて、巡視船に複合材をつかつたら無理が生じ、建造停止。

5億6400万ドルかけた大型艦には、最新式の操船コンソールを搭載する予定だつたが、

空母用に設計された大きな制御盤を流用したところ、司令室におさまらず廃棄した。

 

 

2007年、両社は監督役からはづされる。

私企業が売りこむ「画期的な設計」でなく、

実用性が證明されている、従来型の船をつくることに。

 

 

つまり軍をひきいることは、決してオイシイ商売ぢやない。







【参考文献】

ウィリアム・D・ハートゥング『ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕』(草思社)



ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕
(2012/09/13)
ウィリアム・D・ハートゥング

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03