五十嵐藍『ワールドゲイズ クリップス』

「放課後ロスト」

 

 

ワールドゲイズ クリップス

 

作者:五十嵐藍

掲載誌:『ヤングエース』(角川書店)2012年~

単行本:角川コミックス・エース

[短篇集『ローファイ・アフタースクール』の記事はこちら

 

 

 

 

柳のごとくしだる。

ねむたげな瞳に、世界の矛盾をあばく(かもしれない)光が。

放課後、場末のライヴハウスで。

 

 

 

 

けだるい女子を描かせたら天下一品、五十嵐藍によるオムニバス。

単行本、というよりアルバム。

 

 

 

 

「委員長」は些細なことで恨まれ、髪にガムをつけられる。

別に怒らないし、嘆かない。

 

作者は女同士のベタベタが嫌いらしい。

「リア充」なんて気色悪い概念がなかつたころの空気。

AKB48と初音ミク以外にも、音楽の選択肢があつた時代。

 

 

 

 

 

「ウォーキング ウィズ ア フレンド」

 

 

同級生ふたりが、車にひかれたカラスを埋葬する。

街なかそうそう墓地に適す場所はない。

 

 

 

 

こだかい山へのぼり、空き家にとまり、翌朝墓をつくり、シャワーがなかつたので水浴び。

男の子は、女の子のアバラがうく裸に無関心。

屍体にふれたあとなら、ありうるか。

 

 

 

 

 

「緑雨」

 

 

黒髪は海草みたくつややかに濡れる。

廃屋で出会つた少女。

 

 

 

 

奇麗な着物をきて、売春をしている。

どうせヒマだし、退屈をまぎらせたくて。

 

 

 

 

ふわふわ地に足つかぬ物語で、小道具が印象にのこる。

「緑雨」ならコンビニのパスタ。

髪をかきあげ、プラスティックのフォークを口もとへ。

はじめて剥きだしとなる慾望。

 

 

 

 

「あぁ セックスでもしよつか?」

「いや いいよ」

「そ」

 

おもうに男と女は、たとえばボルトとナットみたいに、

それ相応の組合せで、すれちがう様子ばかり強調するのはフェアぢやない。

でも、耳障りにきしむとき、心ざわめく不協和音をかなでる。





ワールドゲイズ クリップス (1) (カドカワコミックス・エース)ワールドゲイズ クリップス (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/11/01)
五十嵐 藍

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03