渡邉『ゆにいる』

パンク温泉街

 

 

 

 

ゆにいる

 

作者:渡邉

掲載誌:『まんがライフオリジナル』(竹書房)2010年~

単行本:バンブーコミックス

 

 

 

 

舞台は、創業二百年の温泉旅館「ゆげ屋」。

楚々とした「チヨ」と、PSPを懐にかくした「たま子」、

両極端な仲居がわらわせる、あまり心温らぬ四コマ漫画。

 

 

 

 

湯気が濛々あがる、温泉饅頭の店をコンビニがわりに。

温泉街の風情をスポイルするたま子は、東京にすんでたが、

問題児をもてあます親の意向で、親戚の経営する旅館ではたらく。

 

 

 

 

つねに笑顔たやさぬ、接客業むきのチヨは、髪にさわられると血相かえる。

なんだかんだで名コンビ!

 

 

 

 

チヨの友人が泊りにきた。

女将さんは「一緒にたべなさい」というだけでなく、地鶏鍋までサーヴィス。

気づかいがうれしい。

 

が、ひごろ質素な賄い料理に不満のたま子が乱入。

コラーゲンの美肌効果を疑問視し、せつかくの女子会をぶちこわす。

 

 

愛犬ペロちやんと

 

 

旅館を切り盛りするのは、しつかり者の女将さん。

社長の影はうすい。

 

 

 

 

事務方をまかされる若旦那は、たま子の従兄弟。

おさないころから仲よし。

 

 

 

 

作者は二年ほど仲居をしてたそうで、あるあるネタがたのしい。

客あしらいはむつかしく、チヨですら言葉につまることも。

 

 

布団敷きもしてくれるが仲居は重労働

 

 

つやめいたことも仕事のうち。

でも無粋な詮索はしないのが、居心地よい宿の秘訣。

 

 

 

 

川端康成の小説にでてきそうなチヨは、長逗留して執筆する作家の「増田さん」に惚れている。

祭りの日に偶然であい、しつとりした雰囲気に。

すきだな、この感じ。

温泉街の情緒にふれたくなる。

 

 

 

 

のちに官能小説家と判明するが。

 

 

 

 

ふるきよき日本が、2010年代に滾々とわきでる。

「iOnsen」とでもよぼうか。





ゆにいる  1 (バンブーコミックス)ゆにいる 1 (バンブーコミックス)
(2012/10/27)
渡邉

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03