天王寺キツネ『うぽって!!』4巻 ドラグノフさんが体現する窮極の美

新大陸発見

 

 

 

 

うぽって!!

 

作者:天王寺キツネ

掲載誌:『ヤングエース』『月刊少年エース』『4コマnanoエース』(角川書店)2009年~

単行本:角川コミックス・エース・エクストラ

[1~3巻の記事はこちら

 

 

 

 

雨あがり、青錆学園の裏手。

狐耳と尻尾をつけた長身の女学生が、鉄柵を傘でカンカンならす。

 

警戒し身をかくす「じーすり」先輩。

紛争の相手である紅鋼高の生徒がなぜここに!?

 

キツネ娘の名は、「SVDドラグノフ」。

セミオートマティックの狙撃銃の名器。

 

 

 

 

くわしくは上記リンクを参照されたいが、『うぽって!!』は小銃の萌え擬人化作品。

ドラグノフさんは、人間で、狐で、スナイパーライフル。

 

なぜ狐か?

筆名のとおり、作者の理想の美を託すため。

AK-74など、ロシア小銃のあでやかなフォルムの象徴でもある。

 

痩躯は、ほそながい銃身を模す。

レースいりのストッキングは、肉抜きされた銃床か。

 

 

 

 

青錆初等部の子らが尻尾でたわむれる。

ロシア語は通じない。

 

 

 

 

 

 

 

銃砲店で高等部と接触し、東西冷戦に火がつく。

「いちよん」に援護されながら、「ふぁる」が尋問。

 

動じないドラグノフ。

 

 

 

 

500mはなれたマンションの屋上から、じーすりが狙うのを察知した。

超然たるたたずまいは、うまれつきのスナイパーライフルならでは。

 

それにしても、行動ひとつに保険をかけるあたり、慎重なふぁる姉らしい。

 

 

 

 

 

 

 

4巻の山場、熱海での乱戦。

ヘリコプター内部から、中等部エースの「しぐ」ちやんをとらえる。

 

 

しぐちやんは重傷をおつても、闘志盛ん

 

 

修学旅行さきの抗争なんて、ヤンキー漫画さながらで、無理がない。

 

ふるくは園田健一から、最近なら、過大評価されてる高橋慶太郎まで、

数あまたの銃マニアの漫画家をくるしめるディレンマが解決された。

 

日本国内での銃撃戦をかけば、ギャグにみえる。

舞台を外国にしたら、ニセモノにみえる。

銃に見立てた可憐な女学生にこそ、日本人作家としての真実が。

ゆえに本作はうつくしい。

 

この着想は、1000mとおくからコロンブスの卵を撃ちぬく様な偉業だ。






うぽって! !  (4) (カドカワコミックス・エースエクストラ)うぽって! ! (4) (カドカワコミックス・エースエクストラ)
(2012/10/24)
天王寺 キツネ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

無聊をかこつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





関連記事

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03