Wii Uゲームパッド 対 テレビ

『The Wonderful 101』(任天堂公式サイトより)

 

 

ムダに訊きすぎる社長に問いつめられる部下たちの申し開きをよんでたら、

任天堂・総合開発本部の山下透がおもしろいことをいつていた。

 

実際、Wii U GamePadに映像が表示されるのはかなり速くて、

最近のテレビは、画像処理回路の影響で入力に対して

遅延が発生するものも多いので、本体と有線でつながっているテレビより、

Wii U GamePadのほうが表示が速い場合があります。

 

テレビの機種によつては、ゲームパッドのほうが速い。

ファミコン発売からもうすぐ三十年(!)。

任天堂はリヴィングルームの王に、ついにトドメを刺そうとしている。

 

 

 

 

が、技術オンチにとり、技術オタクの技術自慢はどうでもよい。

問題はこちらの写真だ。

モニタにうつる『モンスターハンター3G HD Ver.』と、

左手前の「Wii U PROコントローラー」は無視せよ。

テーブルに鎮座する「プレイスタンド」の潜在力こそ肝要。

 

週末夜は、美酒をかたむけつつゲームをあそぶ。

ただそれは、なにかとせわしい作業でもある。

映画や音楽や読書の様におちつけない。

大抵、両手はふさがりつぱなし。

飲むたびスタートボタンをおす煩わしさ!

携帯機をスタンドにおいても、ちいさな画面とにらめつこしてると憂鬱に。

 

「ゲームパッド+スタンド」なら、背もたれに寄りかかり大画面をながめ、

左手人さし指で操作しながら、右手のグラスを唇にはこべる。

窮極の快楽といえよう。



関連記事

テーマ : Wii U
ジャンル : ゲーム

ウロ『ぱわーおぶすまいる。』の虎道さんは男嫌いカワイイ

 

 

ぱわーおぶすまいる。

 

作者:ウロ

掲載誌:『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)2011年~

単行本:まんがタイムKRコミックス

 

 

 

 

幼なじみ系で日常系で萌え系の四コマ漫画。

つまり「ありそうであつた」作品。

 

 

 

 

高校入学式当日、制服をみせびらかす「まゆ」さん。

個人的に、幼なじみの何がよいかわからない。

リアリティ皆無。

たとえば妹キャラなら、弟とかいうガラクタのかわりに、

妹なる至宝をえた並行宇宙を想像できるが。

 

 

 

 

この蔑む表情。

「虎道環(こどう たまき)」さんの高潔さが心を鷲づかみ。

 

 

 

 

ぱわーおぶぽにーてーる!

強いていうとポニテフェチなので。

 

 

 

 

「叢園寺」さんは、視力2.0なのに度つきの眼鏡。

委員長キャラをまつとうするため。

 

 

 

 

假面を「ツン」から「デレ」へかけかえる決定的瞬間、

『デストロイ博士とガガンボ星人』で迷彩をほどこす。

ムスリム女性より貞淑な虎道さんは、SF小説好きキャラをまつとう。

 

 

 

 

夏服の可憐さに、カタツムリも恥らう。

ぱわーおぶつんでれ。

ベタベタ鬱陶しい幼なじみの雨雲を一掃する、虹色の光彩。






ぱわーおぶすまいる。 (1) (まんがタイムKRコミックス)ぱわーおぶすまいる。 (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/09/27)
ウロ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 

『エクストルーパーズ』体験版

ユーチューブのカプコン公式チャンネルより

 

 

おもわず電車で二周した。

3DSとPS3で11月22日、カプコンから発売される『エクストルーパーズ』の体験版を。

 

擬音語や集中線、ときに枠まで画面にうつる、漫画調の描写がウリ。

「いまさら『コミックスゾーン』かよ」とおもつてたが。

 

 

 

 

実は3D描画のなかでこそ有効か。

「ドドドドド」という文字は、射程距離が適正としめす目安でもある。

 

 

 

 

北米で人気の『ロスト プラネット』シリーズと世界設定をともにしつつ、

ジュヴナイルというか、ペルソナ系というか、少年少女の学園生活をえがく。

 

 

 

 

巨大ロボットや異星生命体が衝突するハードな世界観と、どう帳尻あわすか気になる。

 

 

 

 

ボス戦で、あからさまに中田ヤスタカ風の主題歌がながれ、血がさわいだ。

 

 

 

 

主人公をキミよばわりする小生意気な「ジュリィ」(CV:沢城みゆき)がステキ。

短時間ながら共闘し、惚れた。

強いていうとおてんば娘フェチなので。

ああもうダメだ。

 

『とびだせ どうぶつの森』、本作、『レイトン教授VS逆転裁判』、Wii U。

オレは無事に年をこせるのか!?



関連記事

テーマ : ニンテンドー3DS
ジャンル : ゲーム

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03