正義のパノラマーーザック・スナイダー論

ヒロインに自己を託す精神について

 

 

『ドーン・オブ・ザ・デッド』(アメリカ映画・2004年)

 

 

DVDで『ソウ』と『ドーン・オブ・ザ・デッド』をみた。

 

キモカワイイ(?)おばけ。宵乃さん画

 

「夏のきもだめし大会」の参加者として、苦手ジャンルに挑戦!

 

 

『ソウ』(アメリカ映画・2004年)

 

 

世評のたかい『ソウ』だが、怖いもの見たくなさで敬遠してきた。

実のところ、見ても見なくてもよい映画だつた。

たのしめたが、ボクは作家性をおもんずるので。

 

冒頭でリー・ワネル(脚本も担当)が「ヘルプ!」とさけぶ。

男のくせに情けないが、でもこの言葉は簡潔でよい。

日本語で「たすけて!」とは、女でも言いづらい。

みつともない。

 

 

 

 

 

 

 

『ドーン・オブ・ザ・デッド』のサラ・ポーリーは、人にすがらない。

看護師は、救助をもとめられる側だから。

夜勤明けの超過勤務も、ため息まじりでこなす。

 

 

 

 

カローラで中西部の街を突破する。

ザック・スナイダー先生の故郷ウィスコンシン州が舞台らしい。

 

 

『エンジェル ウォーズ』(アメリカ映画・2011年)

 

 

主人公の背後からパノラマ風に撮るのは、ザック先生のお家藝。

大先生の処女作を食わず嫌いはイカン、とおもつてたので借りたが、

内容に見おぼえあり、サラ・ポーリー目当てで映画館へいつた記憶がよみがえる。

のちに先生は、筋肉ムキムキの映画で名声をえるが、縁がなかつた。

 

訂正、ボクは作家性より女優をおもんずるみたい。

 

 

 

 

精神医療施設のレノックス・ハウスに連れられた「ベイビードール」は、

患者同士のケンカをみた。

これが素早いのなんの!

『ドーン』のゾンビに似る。

 

うしろで「ロケット」が、口をあんぐりあけ驚くのに気づいた。

ジェナ・マローン、やはり熱演だ。

 

 

 

 

 

 

 

『ドーン・オブ・ザ・デッド』といえば、「走るゾンビ」。

古株のゾンビ映画マニアが眉をひそめるところ。

 

でもパノラマのなかで、ノロノロ歩いても意味がない。

ザック先生がうつす世界は、つねに戦場。

それはゾンビでなく、敵兵だ。

 

 

 

 

だから老女も銃を手にすれば、わかい女を撃つ。

ためらいなく。

 

 

 

 

ヒマをもてあます男たちが、屋上からゾンビを狙撃して憂さ晴らし。

 

 

 

 

たとえゾンビでも最低限の敬意をはらうべき、とかんがえるサラは怒る。

 

ザック先生えがくヒロインは、弱きをたすけ、強きをくじく。

いかなるときも高潔。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』と『エンジェル ウォーズ』がうつくしく、

『300』と『ウォッチメン』が暗く退屈なのは、世界をとらえる視点がちがうから。

(フクロウのアニメは未見)

 

でも次回作『マン・オブ・スティール』は、男の映画らしいのがどうも。





関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

タグ: エミリー・ブラウニング 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03