『THE GREY 凍える太陽』

 

 

THE GREY 凍える太陽

 

出演:リーアム・ニーソン フランク・グリロ ダーモット・マローニー ダラス・ロバーツ

監督:ジョー・カーナハン

制作:アメリカ 2012年

 

 

 

 

飛行機はアラスカ山中に墜落、七名が生存。

 

 

 

 

地に堕つさまが真にせまる。

つめたく、しづかな、死の手ざわり。

生のだらけた、にぎやかさより、ずつとよい。

 

 

 

 

遠吠え、そして近づく唸り声。

 

 

 

 

そこは狼の支配圏だつた。

 

 

 

 

 

 

 

銃は壊れた。

散弾銃の実包を棒きれに固定し、即席の武器にしたり。

 

 

 

 

例により、白人男至上主義の映画だ。

他者の庭を荒そうが、なんら反省せず居直る。

ためらいなく殺す。

 

 

 

 

不撓不屈のアイリッシュ魂。

ちいさな瓶を割つたものを指にはさみ、テープでまく。

右手にナイフ。

 

おなじ思想にもとづく『ダークナイト ライジング』でえがけなかつた題目。

まだ死にたくないなら、智慧をしぼれ。

戦いでイノヴェイションをおこせ。

創造的に破壊しろ。

 

 

 

 

 

 

 

カナダ最西部ブリティッシュ・コロンビア州で撮影された。

 

ニーソンは「最初の数日間は身体がまったく動かなかった。

セリフを覚えなくてはならないが、脳が凍りついて、

考えられることといったらどうやって温まろうかということだけだった」と語る。

 

映画公式サイトより

 

 

 

 

死亡フラグ。

スリラー映画でもつとも空虚なもの。

かつ不可缺なもの。

 

仲間に暴言を吐くものは死ぬ。

愚かさゆえ。

 

家族について語つたものは死ぬ。

弱さゆえ。

 

だがフランク・グリロ演ずる、口の悪いディアスは、

宿命の旗をへし折りながら終盤まで命脈をつなぐ。

ついに体力が尽き、脱落を宣言。

 

もう十分だ、これでいいんだ。

生き延びたつて、クソみてえな毎日にもどるだけ。

目の前にいま、こんなうつくしい風景がある。

うまく言えねえけど、オレはしあわせだ。

 

狼だろうと、神だろうと、決して主導権をわたさない戦いぶりが、肺腑をつく。





関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03