高野千春『終末のマリステラ』

 

 

終末のマリステラ

 

作者:高野千春

掲載誌:『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)2012年~

単行本:MFコミックス フラッパーシリーズ

 

 

 

 

リボンつきベレー帽がお似合いの「ラキア・マリステラ」(マリステラは称号)。

階級は大佐。

エアボーン作戦を指揮する。

 

 

 

 

空挺部隊といえどパラシュートはもちいない。

翼があるから。

 

 

 

 

世界はほろびつつある。

海が空と地を呑みつくし、有翼海生生物がヒトを喰いつくす。

この形象の落差のはげしさ!

 

 

 

 

イスラエルの小銃ガリルを愛用するラキア。

ひとびとの最後の希望をせおう彼女らは、「天使」とよばれた。

 

 

 

 

 

 

 

智天使(ケルブ)とのまじわりの場面。

装備をすて身をまかせる。

 

 

 

 

性と死。

血みどろの戦場でなされる不毛な和合。

 

 

 

 

イギリスのAWで巨大蟹の甲羅をぶちぬく。

狙撃手でもあるブリギッド中尉。

高貴なる殺戮者。

だがふたり死んだ。

 

 

 

 

はやくも羊水が流出。

その場でラキアの十二度目の分娩がはじまる。

子宮からとりいだしたるはビスマスの結晶

文明をささえる貴重な資源だ。

 

硬質のエロス。

文字どおりのハードSF。

 

 

 

 

 

 

 

教皇庁での枢機卿会議に出席するラキア大佐。

世界が消滅寸前だろうと、権力者は陰謀にあけくれる。

重病と曝露されたラキアは、十字軍をひきいるはめに。

 

おそるべき作品だ。

『エンジェル ウォーズ』の救いのなさと、

『スター・ウォーズ』の壮大さの間の私生児とでもよびたい。

 

 

 

 

 

 

 

専守防衛が持論のラキアは宿舎でとりみだす。

四十人の学徒隊をひきい、死の海へ侵攻するなんて。

全滅はさけられない。

 

 

 

 

タイルス先任軍曹になぐさめられる。

百合というサイエンスフィクション。

終末の日々、天使たちはただむつみあう。

 

 

 

 

ちなみに褐色肌のタイルスは両性具有(ついてる)。

あえてその夜を描かないことで、読み手の妄想は暴走し、宇宙を崩壊させる。

すきなものをすべて放りこんだ様な処女作だが、一方で抑制がきき、趣味がよい。

一言でいうなら、神のごとし。

 

評者は亜人唯一の貴族階級、エルフ族のブリギッドが好み。

「ディードリット」と聞くとするどく反応する世代なので。





終末のマリステラ 1 (フラッパー)終末のマリステラ 1 (フラッパー)
(2012/07/23)
高野 千春

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03