きゃりーぱみゅぱみゅ『ぱみゅぱみゅレボリューション』

 

 

ぱみゅぱみゅレボリューション

 

きゃりーぱみゅぱみゅのアルバム

発行:unBORDE 2012年

 

 

 

 

PONPONうぇいうぇいうぇい

PONPONうぇいPONうぇいPONPON

うぇいうぇいPONPONPON

うぇいうぇいPONうぇいPONうぇいうぇい

 

「PONPONPON」

作詞:中田ヤスタカ(以下同様)

 

この文におのが名をきざみ、後世へのこす覚悟にふるえる。

中田ヤスタカは、他人からバカとみなされるのを恐れない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-vlcsnap-2012-06-10-19h54m09s182.jpg

 

 

音源にあわせ歌うとわかるが、この曲にはこの歌詞しかない。

支那語みたいな響きが快感をもたらす、無国籍風味のテクノJ-POPだ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-06-10-19h55m08s107.jpg

 

 

「メリーゴーランド のりたいの」

のびやかな高音。

ヤスタカは女性歌手をオモチャにする悪癖をもつけれど、

きゃりーぱみゅぱみゅは、そんな安い女ぢやない。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-vlcsnap-2012-06-10-20h01m12s51.jpg

 

 

「CANDY CANDY」は、きゃりーの革命宣言。

 

机とかポケットとかカバンの中にもね

いつだって忘れずあるよ 何をえらぼうかな

ちょっとちょっとほんのちょっとで幸せは生まれて

甘い空気がふわふわ ぷんぷんしなくてすむでしょ

 

きゃりーがジョージ・ワシントンなら、ヤスタカはトマス・ジェファーソンか。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-vlcsnap-2012-06-10-20h02m24s77.jpg

 

 

昔話でもうしわけないが、歌で革命といえば渡辺美里の『My Revolution』

小室哲哉作曲。

ただミサトは「わかり始めた My Revolution」と悠長だけど、

10年代の革命は、いますぐここで発動せねばならない。

 

とかくヤスタカの仕事は、小室へのオマージュの要素が抜きがたい。

きゃりーは十代だが、ヤスタカは1980年うまれでオレとおなじ三十代。

どれだけスウィーティでキューティな音楽をつくろうが、

あちらでなく、こちらの人間だと強調しておく。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/7-vlcsnap-2012-06-10-20h03m13s79.jpg

 

 

だってだって女の子だし今は大切なの

甘い空気がふわふわ ぷんぷんしなくてすむでしょ

 

たしかにあたしは目立ちたがりで、調子に乗つてるかもしれないけど、

実際19歳のオンナノコなんだし、多少は大目に見てほしいし、

これでもいろんなコから支持されてるし、

すくなくとも朝から晩までプンプンしてる毎日よりマシぢやない?

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/8-800px-Flaming_cocktails.jpg

Nik Frey (niksan)

 

 

アルバムの白眉は「Drinker」

シングル曲で封印したブリブリの低音が全開で最高。

 

アイスが溶けるの 見てるふりをして

細いグラスを 透かしてキミを見るの

おいしそう でもまだ 今は同じやつ

まだ飲めないかったりしたりするんですけど

 

なるほど19歳だもんね、飲酒は違法だつけ。

打ち上げかなにかで、でろーんとテーブルに突つ伏し、

ヤスタカが注文した「エターナルフォースブリザード」とか、

なんか厨二病的な名前のカクテルのグラスを、

眠そうな猫みたいな顔つきでながめる、きゃりーが目にうかぶ。

んで、浮かれてるフリして、横目で観察するプロデューサー。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/9-vlcsnap-2012-06-10-20h04m27s10.jpg

 

 

んで、観察されるフリして、三十男を手玉にとる革命の旗手。

「まだ飲めないかつたりしたりするんですけど」の歌いぶりは、まじ萌え死ぬレヴェル。

「どりんかどりんかどりんかどりんか」の、舌が口蓋で擦れる音までいとおしい!

 

それはキレそうなくらいカワイイ、革命戦争。






ぱみゅぱみゅレボリューション(初回限定盤)ぱみゅぱみゅレボリューション(初回限定盤)
(2012/05/23)
きゃりーぱみゅぱみゅ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ハーフタイム

ユーチューブの「ヴェルディチャンネル」より

 

 

なでしこリーグ 第9節

日テレ・ベレーザ-INAC神戸レオネッサ

 

結果:0-1 (0-0)

得点:60分 川澄奈穂美

会場:国立競技場

 

 

 

 

試合数日前の記者会見を、岩渕真奈は缺席した。

「学業のため」という疑わしい理由で。

 

事情はわからないが、おそらく負傷ゆえ。

彼女は客をよべる選手だし、クラブから同席を求められたろうが、

出れるかどうかわからぬ状態で、「がんばります♪」とか言いたくない。

ぶつちーの真実は、フィールドにしかない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-005.jpg

 

 

二週間まえとくらべ刃はにぶつていた。

でも一歩もひかず最前線へとびこみ、出血をしいる。

棋士の様にまわりの駒をうごかす。

海堀あゆみを破らんとシュート。

最高でないが、わるくない45分。

 

湯だつた頭をのせ、ふらふらトイレへむかう。

真下をみると岩渕真奈が、家族をうしなつたみたいに慟哭している。

野田朱美監督にだきしめられ、小林弥生に髪をもてあそばれる。

試合終了後はともかく、ハーフタイムに泣き崩れる人をはじめてみた。

あんなに泣いたら、交代すると敵に知れるではないか。

 

自分のいるうち、点を取るか、取らせるかしないといけなかつた。

できなかつたことをゆるせない。

世界にひとりも、けふの彼女を批判する者はいなかろうが、そんなの関係ない。

ゆるせないものはゆるせない。

魂の底まで焦げつきそうな熱い涙。

 

ぶつちーは替えのきかない選手だと、後半のベレーザは證明した。

残念ながら。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-008.jpg

 

 

本日からしばらく、2012年のハーフタイム。

心身をやすませる暇は、彼女たちにないけれど。




関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

マリオと金銭慾

『New スーパーマリオブラザーズ 2』(任天堂)

 

 

どちらと問われたら、マリオ派でなくゼルダ派とこたえる。

ほそい足場に飛び乗るのとか苦手だし、ハンマーブロスも斃せない。

あの髭面の配管工はトラウマですらある。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-vlcsnap-2012-06-09-21h02m18s139.jpg

 

 

マリオが闘うのはピーチ姫を奪還するためだが、

そのくせやたらコイン収集に熱心なのが気になつていた。

八月にでる3DSの新作は、かれの金銭慾に焦点をあてる。

コインを百万枚あつめるのが、プレイヤーの目標。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-06-09-21h03m21s143.jpg

 

 

これが「枯れた技術の水平思考」か。

あらたな理念を、二十七年前の技藝で押しだす。

任天堂信者といわれればそれまでだが、遊びたくなる。

一万枚くらいは集められるかな?

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-vlcsnap-2012-06-09-21h19m22s156.jpg

『ルイージマンション2(假称)』(任天堂)

 

 

一方で弟は、幽霊屋敷に閉じこめられていた。




関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

『ディヴァイド』

 

 

ディヴァイド

The Divide

 

出演:ローレン・ジャーマン マイケル・ビーン マイロ・ヴィンティミリア ロザンナ・アークエット

監督:ザヴィエ・ジャン

制作:アメリカ・カナダ・ドイツ 2012年

 

 

 

 

いまにもピクシーズがながれてきそうな、この絵面によわいんだぜ。

「きたない爆弾」かなにかで、ニューヨークは壊滅。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/02-vlcsnap-2012-06-09-16h00m51s80.jpg

 

 

九人が地下室にとじこめられる。

「隔離環境もの」の映画がすきで、初日初回のシアターN渋谷へ特攻。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/03-vlcsnap-2012-06-09-15h50m09s20.jpg

 

 

千篇一律なのに、胸さわぎ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/04-vlcsnap-2012-06-09-15h51m42s200.jpg

 

 

心理学の実験でも、災害でも、猟奇殺人者のゲームでも、入社試験でも、お定まりの展開。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/05-vlcsnap-2012-06-09-15h54m46s35.jpg

 

 

豆の缶詰をあらそい、拷問大会。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/06-vlcsnap-2012-06-09-15h54m52s88.jpg

 

 

複数の人間が閉鎖空間にいると、本性が露呈する。

……ということらしい。

ボクはまだ勉強不足で、人の本質をつかめないが。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/08-vlcsnap-2012-06-09-16h03m24s80.jpg

 

 

あと、かならず強姦の場面がある。

男はソレしか考えてないといわんばかり。

思いあたる節は、なくもないけどさ。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/09-vlcsnap-2012-06-09-15h47m45s164.jpg

 

 

人間の精神で、もつとも純粋なもの。

母が子をおもう愛。

あまりに絆がつよすぎ、密室がなごむのを脚本家にきらわれ、

ロザンナ・アークエットと娘は早々に離れ離れとなる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/10-vlcsnap-2012-06-09-15h54m26s86.jpg

 

 

聖母から娼婦への顛落。

オイシイ役をやる気なさげに演じ台無しにするアークエットが、らしくてステキだつた。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/11-vlcsnap-2012-06-09-15h53m21s220.jpg

 

 

隔離ものは大抵、辻褄あわない。

人を社会から引き離し、閉鎖空間を維持するのは、コストがかかりすぎる。

なので現実世界で、密室に閉じこめられる心配は無用。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/12-vlcsnap-2012-06-09-15h50m58s34.jpg

 

 

あなたがよほどの美女でないかぎり。

不安は女をよりうつくし、金銭ではかれぬ存在にする。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/13-vlcsnap-2012-06-09-15h53m59s81.jpg

 

 

せまいセットで煽り煽られ、血相をかえてゆく役者たち。

男の粗暴さ、女のあでやかさが、めらめら光彩をはなつ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/14-vlcsnap-2012-06-09-15h58m30s212.jpg

 

 

それにしても女が斧をふるう姿は、なぜこれほど絵になるのか。

映画館という密室で、謎を解きあかすべく実験がつづく。





関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

天皇と言論

(借用元:トークス設計事務所ホームページ

 

 

2004年まで『噂の眞相』という雑誌があつた。

ウワシンほど過激に権力にいどみ、一定の信頼をおける定期刊行物はなく、

その空白は八年たつても埋まらない。

 

同誌副編集長をつとめた川端幹人の『タブーの正体!』(ちくま新書)は、

腹を割つておのれの恥をさらしている。

 

2000年6月、右翼団体「日本青年社」に属す二名が編集部をおとづれ、

岡留編集長と川端が応対した。

一行情報で、雅子を呼び捨てした誤植への抗議だ。

端から暴れるつもりだつたか、相手は聞く耳もたない。

川端は肋骨をおられ、全治三週間。

岡留は額を六針、太股を三針ぬう、全治四十日の重症。

だがウワシン編集部は陽気な集団で、

その日にも関係者がつぎつぎ陣中見舞いにあつまり、

慰労会と称し、包帯姿のまま居酒屋で朝まで飲みつづけた。

その後も皇室記事で筆を鈍らせず、暴力に屈しない姿勢が称讃された。

 

眞相はことなる。

川端は、記事のなかで天皇制そのものに切りこめなくなつた。

記憶がよみがえり、指先はかたまる。

 

雑誌休刊は既定事項だつたが、岡留は川端に引き継がせようとしていた。

しかし事件以降、その希望を口にしなくなつた。

副編集長が心にふかく傷をおつたのを見抜いていた。

 

特に根拠なく、ボクは右翼の活動が近年退潮した印象をもつていたが、

実際やつらは勝利の高笑いをあげている。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-681px-Portrait_of_Atsutane_Hirata.jpg

 

 

高島俊男『お言葉ですが… 別巻4』(連合出版)所収「平田篤胤と片山松斎」は、

江戸後期の学問をとりあげるフリをしつつ、ギョッとする天皇批判となつている。

 

高島は共産主義の支那に手きびしい、左翼から程遠い人物だが、

そこは1937年うまれ、幼少時のトラウマは死ぬまで癒えない。

学校で最初にならつた歌は「カミノクニ」。

「ニッポンヨイクニ キヨイクニ セカイニヒトツノカミノクニ」

 

漢仏和洋の四方面に通じた片山松斎の、

理性の基礎は支那の学問にあり、狂信的な国学は冷淡に接する。

「日本は世界の頂上だ。

なぜなら西洋ではノアの箱舟、支那は帝堯のとき大洪水があつたが、

日本で記録はない、これは日本が世界で一番地面が高いからだ」

こんな与太話にみちた平田篤胤の『霊の真柱』を、まじめにとりあうのもアホらしい。

しかし正気でない人間はいつでもいるし、それを本気にする人間もいる。

一国がそれに覆われることさえあるのだから、批判は必要。

 

この項の附記がふるつている。

政府は小学校の教科書に「因幡の白兎」をねじこんだ。

 

天皇は神の裔であることを子供に教え、その慈悲深い話によって

天皇に対する尊敬と親愛の念を子供に植えつけようというのだろう。

天皇がいる限り、こういう、平田篤胤の亡霊のような手あいが出てくる。

 

一種の遺言としてうけとめたい。

 

 

 

 

天皇は、国と国民の、分裂と野卑と愚鈍の象徴。

当ブログ著者は、その一秒もはやい消滅をねがうものである。





タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
(2012/01/05)
川端 幹人

商品詳細を見る


お言葉ですが…〈別巻4〉ことばと文字と文章とお言葉ですが…〈別巻4〉ことばと文字と文章と
(2011/09)
高島 俊男

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

アフィブログの屍の上で

阿部共実『空が灰色だから』(秋田書店)

 

 

アフィブログ、まとめブログ、ステマブログ……。

名称も実態もはつきりしないが、なんか揉めてるらしい。

それこそこういう騒動をまとめるのがうまい(笑)ブログで、経緯を確認してほしい。

 

「はちま起稿」などの、捏造とも言える強引な記事を見ている1人としましては、

ようやく来たかと感慨深いものがあります。

 

おりしも消費者庁が、ステルスマーケティングの見解を発表したばかり。

外堀が徐々に埋まっていく感じがいいですね。

これからも悪質なサイトには、監視が必要でしょう。手法も複雑化すると思います。

それでも1つの区切りがやってきたことを、今は喜んでいいと思います。

 

tenten99氏のブログ『東京のはじっこで愛を叫ぶ』

 

ボクも四年以上ブログを運営しており、対岸の火事におもえず、

勝手に師匠と仰ぐなかじマダオ氏に、ツイッターで意見をもとめた。

そしたら予想以上に感情のこもつたリプライが。

 

https://blog-imgs-55-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-jastawey2_reasonably_small.jpg

 うちのような零細ブログの個人の感想にまで目配せし、

 稼ぐためには捏造も厭わない逞しさは、呆れるを通り越して

 ちょっと感動すら覚えたりもしてましたがまあ、ひとつ時代が終わったなとw

 

めつたに悪口をいわない人なのに。

よほど腹に据えかねてたんだろう。

 

https://blog-imgs-55-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-jastawey2_reasonably_small.jpg

 僕としては、この手のブログが新作の感想の一部分スポイルしていいように扱うせいで

 ブログ当初の熱量で新作紹介書くの止めちゃったというのがあるので、

 これで少しは書くモチベーション上げられるかなと思ってます。

 

この発言は衝撃。

世間がファーストインプレッションに敏感に反応しすぎると嘆いてもいた。

インターネットは醜悪なシステムだ。

悪貨が良貨を駆逐する。

マダオさんがブログ更新に消極的になつた原因は、アフィブログだつた!

今度の騒ぎで、2ちゃんねる管理人ひろゆきは存在感をしめしたけれど、

彼もシステムそのものは、微塵も変えられない。

 

https://blog-imgs-55-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-jastawey2_reasonably_small.jpg

 あとはまあ、その後の対応ですね。ほんとにゲーム好きなら

 自分の言葉で語ればいいのにと思ったりしましたが、そうはなっていないようで。

 なんか悲しいですね。こんなのにみんなが振り回されたのかと思うと…。

 

むつかしいね。

あるブログの文章が「自分の言葉」かどうか、判別する方法はあるか?

そして我々は、どうすれば「自分の言葉」で語れるか?

あとでボクの了見をのべよう。

 

 

 

 

論点1:インターネットで個人の慾望は制限できるか?

 

できないし、されたくない。

すくなくともオレはアマゾン経由で小銭をかせぎたい。

有名にもなりたい。

自分の本を出版したいし、表紙はたかみち先生におねがいしたい。

印税収入をゲットし、いまの仕事をやめ、ぶつちーを追い帯広やロンドンまでゆきたい。

アフィブログへの批判は、嫉妬もある。

連中の蔭でアマゾンやグーグルはもつと儲けてるが、問題視されない。

 

それに慾望がすべてではない。

エロ漫画をとりあげるとアフィリエイト収入の桁がちがうけど、たまにしか書かない。

書きたいことしか書かない。

FE覚醒の記事をしつこく投稿したが、クリアするまでアマゾンへのリンクを張らなかつた。

傑作だと確信してても、最後までプレイせねば、読者への責任を果せないから。

 

アフィブロガーだつて、人を楽しませようとする思いが原動力なのでは?

でないと続かない。

なのに大勢から目の敵にされ、くるしかつたろう。

 

 

 

論点2:そもそもインターネットのシステムが悪いのか?

 

かもしれない。

でも、どうしようもない。

 

ジョセフ・ヒースが『資本主義が嫌いな人のための経済学』(NTT出版)で書いている様に、

インターネットは良くも悪くも、資本主義の縮図だ。

 

アフィブログには、個人の意見がない。

コピペしかない。

だからこそ人気がある。

独自の価値観なぞ、軋轢をうむだけ。

2ちゃんねる周辺を徘徊し、ひたすら他人の褌で相撲をとり、

ミイラになつたミイラ取りよろしく、自分が幽霊となる。

冒頭で引用した、阿部共実『空が灰色だから』(秋田書店)みたいに。

アフィリエイト収入は、単調な作業に耐えたことへの報酬だ。

 

そうして半文盲を惹きつけることで、ブログのネットワークが成立する。

ちよつと気どつた文体で綴られる当ブログは、

FC2が無料で提供するサーヴィスにもとづき運営している。

だれかが稼いだことによる恩恵だ。

つまり『そのスピードで』は、おなじくFC2の『やらおん!』のおこぼれにあづかる。

 

 

 

論点3:自分の言葉で語るためには?

 

ルールはふたつで十分。

 

「うつくしい文体で書く」

 

歌をうたうとき、絵をかくとき、人はうつくしくあろうとする。

歯をみがくときや、散髪するときも。

自発的行動はつねに美をめざす。

ジャイアンだつて、わざとヘタにうたうわけではない。

 

なにもブログで花鳥風月を愛でる必要はない。

自分の譲れないものがなんであるか、表現すればよい。

 

ならオマエの譲れないものはなにかつて?

一言でいえないから書くわけで、読みとつてもらうしかない。

 

「事実にもとづき書く」

 

うつくしく磨いた文体は、真実をうつす鏡となる。

だが、われわれは報道記者でも学者でもない。

取材する暇はないし、資料もかぎられている。

検證可能な誤りを指摘されたら、訂正するだけでよい。

修正の容易さは、インターネットが出版物にまさる最大の利点だが、

ゴーストたちは最低限の誠実さすらもたず、おのが首を絞めた。

 

 

 

 

 

https://blog-imgs-55-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/9-vlcsnap-2012-06-02-13h55m42s110.jpg

『ブレードランナー』(アメリカ映画・1982年)

 

 

このふたつのルールは、インターネットの常識になりはしない。

ルールがないのが、電脳空間のルールだから。

ボクとあなたで共有できればよい。

逆にいうと、だれもそれを止められない。




関連記事

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

おいでよ Wii Uの森

任天堂公式サイト「E3 2012情報」より

 

 

朝はやく起きて見ればよいとわかつてても寝られず、

LAでの日本時間午前一時からのプレゼンにつきあつた。

宮本茂が、胸ポケットからピクミンを取りだしビックリ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-w.jpg

 

 

ゲーム自体はおもしろかろうが、おどろかない。

先日発表された「Miiverse(ミーバース)」の方が、新世代を感じさせた。

ソフトウェアが陳腐化している。

特に洋ゲー大作は、やたら凝つた予告篇を誇示するが、

オレは動画がみたければ映画館へゆくし、

昔のスクウェアあたりの和ゲーとおなじ轍をふんでおり、ものがなしい。

バンバン、ドカーン、血がドバー、そればつかりで、

実際のプレイ画面で他作との差異を表現できない。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-06-06-13h33m05s224.jpg

 

 

ただUbisoftの『ZombiU』はよいとおもつた。

「ぞんびゆー」つて響きがステキ。

指で武器をえらんだりとか、オモチャめいた仕掛けによわい。

これも陳腐といわれればそうだが、絵面があたらしいのは事実。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-vlcsnap-2012-06-06-13h34m22s193.jpg

 

 

屋上から狙撃。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-vlcsnap-2012-06-06-13h34m45s189.jpg

 

 

勿論、手もとでスコープをのぞく。

面倒くさい。

それでこそスナイパーライフル。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-vlcsnap-2012-06-06-13h35m56s140.jpg

 

 

キーパッドをたたき非常ドアをあける。

背後にせまるゾンビの群れ!

これはあせる。

オレは絶対ここでゲームオーバーになる自信がある。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/7-b.jpg

 

 

結局プレゼンで岩田社長の姿はなく、

最後に『どうぶつの森』シリーズでしられる江口勝也が登場。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/20120606144458560.jpg

 

 

たづさえたソフトは、その名も『Nintendo Land』!

任天堂色がうすい発表会とおもつてたら、切り札をのこしていた。

Wii Uは、ディズニーランドへ宣戦布告。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/8-q.jpg

 

 

中身はミニゲーム集。

「ルイージのゴーストマンション」では、ゲームパッドをもつゴースト役が、

自分を見ることのできない他のプレイヤーたちを追いつめる。

オレこういうゲーム得意だなあ。

人に嫌がらせをする、天性の才能があるので。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-vlcsnap-2012-06-06-14h31m29s204.jpg

 

 

より重要な情報は、江口がWii U全体のソフト開発をまかされていること。

紺野秀樹が3DSを仕切つたのとおなじく。

紺野はハードコアゲーマーだとどこかで語つていたが、

前世代機とくらべ3DSはその色が出ている。

3DSが『マリオカート』的な様に、Wii Uは『どうぶつの森』的ハードウェアになりそう。

そしてMiiverseは、ぶつ森をオペレーティングシステム化したもの。

ハードとソフトの隙間に、ゲームの鉱脈がある。




関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

くろは『帰宅部活動記録』

 

 

帰宅部活動記録

 

作者:くろは

掲載サイト:『ガンガンONLINE』(スクウェア・エニックス)2011年~

[単行本は「ガンガンコミックスONLINE」として、第一巻まで刊行]

 

 

 

 

新入生の「花梨」と「夏希」は、部活選びでお悩み中。

「盛んな部活動が活気ある雰囲気作りに一役買っている」と、

学校案内パンフレットに記されるだけあり、帰宅部の部室まであつた。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/02-IMG_0002_20120605105419.jpg

 

 

先輩部員は三名。

ただ部長がいうとおりイカれてるので、紹介はあとでじつくりと。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/03-IMG_0003_20120605105418.jpg

 

 

はやく帰ろうとしたアホ毛の夏希は、「帰宅精神(スピリット)」を称讃される。

帰宅部、それは脱出不能のおそるべき罠。

縮小されて読めないけど、左上で黒髪リボンの「牡丹」が、

「フ…すごい大型新人(ウーパールーパー)が入って来たな…」とつぶやく。

ウーパールーパーつて、JK方面でまだ知名度あるのかな?

とにかく疲れしらずに四人へツッコミつづける夏希が、一番変かも。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/04-IMG_0004_20120605105418.jpg

 

 

萩月流古武術第十六代継承者、「大萩牡丹」。

高速で手をうごかすことで一瞬の真空状態をつくりだし、

かまいたちと同じ原理で物体を切断する。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/05-IMG_0005_20120605105417.jpg

 

 

第一巻でもつとも笑えた、「クマさんツアー」。

モノローグとメールの落差がたのしい。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/06-IMG_0006_20120605105416.jpg

 

 

ハンバーガーを賞味しつつアラスカの森でグリズリーを斃したあげく、

さらに北へむかいホッキョクグマに勝つまではよい。

だが、真の敵はシステムだつた。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/07-IMG_0007.jpg

 

 

「今時リーゼントのヤンキーがいたら、そいつは間違いなく埼玉県民だろう」

怖いものなしの牡丹師匠に惚れた!(なにせ千葉出身なんで)

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/10-IMG_0010.jpg

 

 

現国の授業をネタに、漫才がはじまる。

夏目漱石の『こゝろ』。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/11-IMG_0011.jpg

 

 

教科書は抜粋しか載つてないので、「フルで読んだら微妙だった…」。

文豪にもケンカをうる。

とはいえ、黒髪少女は国文学が似あう。

 

ほかに『ガンガンONLINE』掲載作では、

谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』とかあつて、

二巻読んで「フェラペチーノ」とかおかしかつたけど、『帰宅部』推しでゆきたい。

『私モテ』の人気はステマ臭もするし。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/15-IMG_0015.jpg

 

 

九重財閥社長令嬢、「クレア」。

新入生の花梨を、妹の様に猫かわいがり。

ミカンは筋までとる。

「脚を使った締め撃ち」「ロングバレル」「ペットボトルマガジン」はビーダマンネタ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/16-IMG_0016.jpg

 

 

シャー芯を補充する。

たしかにあれは面倒。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/17-IMG_0017.jpg

 

 

「クレアちゃん一生面倒見れるの!?」

「見れるけど?」

ナチュラルに見くだす表情がたまらん!

決してブレないツッコミ耐性。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/13-IMG_0013.jpg

 

 

牡丹が訓練を怠らないのは、ギャグが受けなくなつたとき、

いつでもバトル路線へシフトできる様にするため。

全篇に、鳥山明リスペクトがみなぎる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/14-IMG_0014.jpg

 

 

社会派頭脳戦展開にもそなえる。

「何かこう…株…株をインサイダーしたりするわ」

メタ視点ギャグで、作家の手札をさらす。

智識の有無なんて、どうせ読者にすぐバレるし。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/18-IMG_0018.jpg

 

 

カバー下で居眠りする花梨。

バカとおもわせつつ、読者の裏をかく。

これぞギャグ漫画の醍醐味。

 

 

 

 

 

n.jpg

 

 

カワイイ担当の花梨がクッキーを焼いてきた。

ところでアマゾンレヴューで、絵柄について具体的な批評がある。

 

普通同じようなアングルでも微妙に角度が違うものなんですが、

この漫画に出てくるキャラはみんな同じ角度です。

おそらくひとつのキャラモデルを作り、

それを下絵にしてトレースしながら書いてるんだと思います。

そのせいで、二人のキャラの会話劇なのに、

目線が合ってないコマとかがあったりします…。

 

モサフサによる投稿

 

するどい指摘で、たしかにヘタだし手抜きかもしれないが、

笑つてるうち慣れ、画一的人物描写はゲーム的演出におもえたり。

違和感は、次第に快感となる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/09-IMG_0009.jpg

 

 

部長の「桜」は、『ゆるゆり』でいえば京子ポジションだが、

特に百合嗜好もないし、むしろ下ネタに弱く、案外まとも。

おかしいのはスカウターを持ち歩いてることくらい。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/12-IMG_0012.jpg

 

 

本作は、つねになにかと闘つている、ギャグ漫画らしいギャグ漫画。

端々にみられるペットボトルへのこだわりも、すばらしい。






帰宅部活動記録(1) (ガンガンコミックスONLINE)帰宅部活動記録(1) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/05/22)
くろは

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

Miiverse(ミーバース)という不安

任天堂公式サイト「Nintendo Direct Pre E3 2012」より

 

 

Wii Uの「U」は、Universeだつた。

大きくでたものだ。

 

以下、任天堂社長・岩田聡がけさ発表した情報にもとづいて書く。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/02-vlcsnap-2012-06-04-12h42m33s90.jpg

 

 

Wii Uなるハードウェアに託された使命は、全世界のリヴィングルームを結びつけること。

補足がいるだろう。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/03-vlcsnap-2012-06-04-12h27m18s98.jpg

 

 

一緒なのに孤立する、無表情な一家団欒。

岩田聡は頼まれもしないのに、世界を救おうと決意。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/04-vlcsnap-2012-06-04-12h30m15s136.jpg

 

 

無論任天堂は、誇大妄想にかられた十字軍ではない。

お茶の間に笑顔をとりもどしたのは事実。

2006年、それは革命だつた。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/05-vlcsnap-2012-06-04-12h27m59s65.jpg

 

 

「Wii U ゲームパッド」は、赤外線テレビリモコンとして機能する。

「Wiiリモコン」はそれしきの仕事もできなかつた。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/06-vlcsnap-2012-06-04-12h36m14s99.jpg

 

 

ツイッター(岩田流にいえばトゥイッター)そつくりのコミュニケーション。

「1-1のクリボーが倒せないよ~(T_T)」とつぶやけば、

「Aボタンでジャンプして踏んでみな!」と助言がもらえそう。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/07-vlcsnap-2012-06-04-12h37m47s236.jpg

 

 

Miiの表情をえらべるので、ツイッターよりパッと見わかりやすい。

手書きのイメージや、スクリーンショットを投稿したりも。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/09-vlcsnap-2012-06-04-12h32m39s40.jpg

 

 

なので電源をいれると、画面はこんな風に。

「Miiわらわら」と名づけられた広場で、小人たちが井戸端会議。

もはやゲームは、ひとりで遊べない。

単なる娯楽ではない。

つねに他者の目を意識しておこなわれる、社交的ふるまいだ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/10-vlcsnap-2012-06-04-12h43m06s173.jpg

 

 

マリオなう、ゼルダなう、FEなう。

ソーシャル機能「Miiverse」は、スマートフォンやPCなどから利用可能。

 

任天堂よ、おまえもか。

だれもがソーシャルソーシャルとおつしやる時代。

宇宙一社交性のないオレは、肩身がせまくなるばかり。

 

たとえばだよ。

FE覚醒のリズは、ボクのいとしい嫁だが、ほかのだれかの嫁でもある。

わかつていても、知りたくない。

ある人にとつて有益な情報が、別の人にもそうとはかぎらない。

任天堂はネタバレ対策をするというが、完璧にフィルタリングできなかろう。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/11-vlcsnap-2012-06-04-12h41m17s100.jpg

 

 

ソフト側で採用するのは、たのしいとおもう。

マリオの世界で、フレンドの感想が読めたり。

 

でもゲーム攻略以外に気をつかうね!

「○○さんから先週メッセージもらつたから、今度はこつちからしないとなあ」

絶対そういう義務が生じる。

現実世界とおなじく。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/08-vlcsnap-2012-06-04-12h28m50s61.jpg

 

 

上手なひとの絵をみれるのは熱烈に歓迎!

でも自分は描けないから、コミュニケーションにならない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/12-vlcsnap-2012-06-04-12h43m48s5.jpg

 

 

要するに、技術革新によつて、ゲームは世界を呑みこみつつある。

世界の方がゲーム化してるともいえる。

どうしてもひとりで遊びたいなら、自給自足の生活をおくり、

洞窟のなかで詰将棋を指すくらいしか選択肢はない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/13-vlcsnap-2012-06-04-12h38m17s97.jpg

 

 

岩田は「いつの間に交換日記」のアイドル、ニッキーを引つぱりだした。

これだから任天堂はいやらしい。

すました顔で、宇宙を征服する。




関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

背番号4

 

 

2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選 グループB

日本-オマーン

 

結果:3-0 (1-0)

得点:12分 本田圭佑 51分 前田遼一 54分 岡崎慎司

会場:埼玉スタジアム2002

 

 

 

 

くるぶしでとらえる。

足で蹴るというより、テニス選手の優雅さ。

これぞボレー。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-vlcsnap-2012-06-04-09h23m20s34.jpg

 

 

コーナーフラッグに、これまた奇麗な右フックをきめる。

利き手は右なのだろうか。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-06-04-09h12m02s228.jpg

 

 

サッカーそつちのけで、松木安太郎が松木安太郎の役を、

セルジオ越後がセルジオ越後の役を演ずる。

ただ名波浩だけ、競技そのものをみて、それを言葉にしていた。

 

「本田が自由にうごいて、香川がスペースをさがしてる感じですね」

元10番は、フィールド内で錯綜する力学がみえる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-vlcsnap-2012-06-04-09h24m12s34.jpg

 

 

『週刊サッカーダイジェスト』6月12日号から、本田の言葉をひく。

 

もともと18番は与えられた番号だからね。

2年近く付けたけれど、好きか、嫌いかと言われれば嫌い。

俺が好きなのは10番。でも10は(香川)真司で決まってるでしょ。

他の番号で好きなのは3か4くらい。

余談だけど、1も考えた。でも、それは現実的じゃない。

(GKの番号で)登録上の問題もあるしね。

で、駒ちゃん(駒野)に(3番を譲ってくれと)言ったら、

よほどこがわりがあるらしく、軽く断られた。

ケンカしてまで(3を)付けようとは思わないから、4になった。

 

文:益子浩一

 

ああみえて苦悩している。

中村俊輔が代表引退したあとのドサクサにまぎれ、

10番は飛び級式に香川へ継承された。

7は遠藤、9は岡崎。

8や11なら手にはいるが、これだと香川より格下におもえる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-vlcsnap-2012-06-04-09h33m22s253.jpg

 

 

おなじくサカダイから、香川の去年の発言を。

ドルトムントでトップ下起用されたことが、成功の理由とか。

 

トップ下で良かったと思いましたよ。

サイドだと動きが限定されるし、相手を背負ったり、孤立してしまうこともある。

でも真ん中だと、左右、上下と相手のいないスペースを見つけて動ける。

フィジカルコンタクトのない状況をつくれるから、自分のスタイルに一番合っていたと思う。

 

文:原山裕平

 

かれの立場も楽ぢやない。

 

背番号では、香川。

ポジションでは、本田。

移籍市場での評価は、香川。

フィールド内の地位は、本田。

 

この根深い緊張が、見物人としてはおもしろい。




関連記事

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

FE覚醒裏話

『ファイアーエムブレム』シリーズ総合サイトで、『覚醒』の情報が掲載された。

驚天動地の内容をふくむ。

 

 

http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/201203091343197ce.jpg

『ファイアーエムブレム 覚醒』(任天堂)公式サイト

 

 

リズは当初の設定で、暗い性格だつた。

しかしキャラクターデザインの決定稿が明るい印象だつたため、

もとの設定が引きずられ変わつていつた。

 

(; ・`д・´) な、なんだつてー!! (`・д´・ ;)

 

根暗なリズとか想像できない。

コザキユースケ先生、偉大すぎます、ありがとうございます。

まだあそんでないけど、『GUILD01』(レベルファイブ)所収『解放少女』も、

先生が手がけられてますね。

しかも、あたらしい画集が月末にでるそうで。

2940円かあ……買うしかないか。

 

 

 

 

魔道士ミリエル。

眼鏡キャラが登場したのは、シリーズ初とか。

レンズをつくれるほど、作品世界の工業技術は発展してないから。

 

眼鏡が本体とはいわぬが、裸眼のミリエルなぞ、これまた想像できない。

「FE覚醒劇場」でネタにもできなかつたろう。

 

テクノロジーは尊い!!!!!!





ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : ファイアーエムブレム 覚醒
ジャンル : ゲーム

タグ: ファイアーエムブレム 

ロベール・ドアノー

『ジャンティイとアルキュイユの境界』(1945年)

 

 

東京都写真美術館でロベール・ドアノーの展覧会をみたが、

やはりスナップ写真はよいと再認した。

 

この景色をみつけただけでも偉い。

傾斜のことなる岐路が、不思議な視線の流れをうみだす。

ここでどれだけ粘つたのだろう。

非友好的な一瞥をかわす、労働者風の三人と、ひとりの女。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-IMG_0002_20120603104024.jpg

『ポルト・ド・モンジュール』(1949年)

 

 

かなり低い位置で撮影している。

雨上がりの石畳ほど、うつくしいものはない。

 

人物の配置が完璧。

濡れた足音がきこえる。

これより遠いとつたわらないし、近いと物淋しさがでない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-IMG_0003_20120603104023.jpg

『アンリ・モニエ通りで撒かれるビラ』(1944年)

 

 

ドアノーはレジスタンスとして、ナチス・ドイツによる占領とたたかつた。

つまり戦争写真だが、やけにのどか。

1944年のパリでしか撮れない決定的瞬間をおさめても、得意顔をしない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-IMG_0004_20120603104022.jpg

『階段』(1952年)

 

 

運がよければ、これならボクも撮れる。

ウソ。

光と影の調合が、まねできない。

 

スナップは切り取り方により、ひどく意地悪になる。

ただ人格攻撃まで至らないのが、ドアノーのやさしさ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-IMG_0005_20120603104022.jpg

『呼び鈴、パリ』(1934年)

 

 

子どもの写真が多く、どれもたのしい。

 

一概にいうと子どもは自己表現が苦手で、被写体として浅薄。

だからボクは撮らないし、撮れない。

それこそ児戯にひとしい画像が、SDカードにのこる。

 

フランスにピンポンダッシュの風習があることに、新鮮な衝撃をおぼえた。

自発的行動がきらりかがやく。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-robert-doisneau-les-tabliers-de-la-rue-de-rivoli-19781.jpg

『リヴォリ通りのスモック姿の子どもたち』(1978年)[借用元:『Carfree.fr』

 

 

一番すきな作品。

 

写真家は道の真ん中で、手がふるえるほど興奮したろうな!

仕上がりはおつとりしてるけど。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/7-IMG_0006.jpg

『小さいモニク』(1933年)

 

 

写真展へゆくと、やるせない気分に。

才能と情熱のなさはあきらめるとして、環境のちがいは如何ともしがたい。

2012年の東京なんて撮る意味あるの?

 

ロベール・ドアノーは、ひとを失望させない。

両手をひろげ、写真の快楽にむかえいれる。





ロベール・ドアノーRetrospectiveロベール・ドアノーRetrospective
(2012/04)
ロベール・ドアノー

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

ジョセフ・ヒース『資本主義が嫌いな人のための経済学』

『ブレードランナー』(アメリカ映画・1982年)

 

 

資本主義が嫌いな人のための経済学

Filthy Lucre: Economics for People Who Hate Capitalism

 

著者:ジョセフ・ヒース

訳者:栗原百代

発行:NTT出版 2012年

原書発行:2008年

 

 

 

 

カナダはトロント大学の哲学者による、経済書。

哲学の剃刀が、もつれる議論の糸を断つ。

政治の濁水を濾過し、経済を明瞭な視野におさめる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-IMG_0001.jpg

 

 

二十世紀のチャンピオン、それは「福祉国家」だ。

左翼にコミュニズム、右翼にリバタリアニズム、それぞれの夢を捨てさせた。

スウェーデン経済は、政府の分配だけでGDPの30%をこえるが、

世界屈指の富裕国で、しかもソヴィエト共産主義以上の平等をなしえた。

資本主義の効率と、社会主義の平等は、両立できる。

現代の数理経済学も、そう證明する。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-06-02-13h57m02s163.jpg

 

 

リバタリアンは、ダーウィンの不肖の弟子。

「自然淘汰」や「適者生存」の原理を社会にあてはめ、

資本主義は自然に発生し、自然に機能すると主張する。

利己的な行動こそが、人間社会を発展させると。

だが生物界の生存競争は、実のところ底辺へむかう。

種内の競争は、種全体の適応力低下につながりやすい。

クジャクが長い尾羽を持てあます様に。

 

市場は自然に生じない。

国家により建設され、国家による管理を必要とする。

第二次大戦まで、銀行の「取りつけ騒ぎ」はありふれた現象だつた。

政府が預金を保證したところ、銀行に殺到する群衆はきえた。

『素晴らしき哉、人生!』は笑い話となる。

 

政府が悪で、民間部門が善のはずがない。

国家が生みだす富の大きさは、市場のそれとまつたく同じ。

ゼロだ。

「国民」が富を生産し、消費する。

国家や市場などの制度は、単なる調整のメカニズム。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-vlcsnap-2012-06-02-13h58m04s21.jpg

 

 

貿易は、右派に政治利用される。

「競争」を煽り、減税・賃金カット・規制緩和・環境基準引き下げなどをもとめる。

母国を低開発国に似せようとする。

 

しかし貿易は交換のシステムであつて、競争でない。

あらゆる輸入が、いづれ輸出で支払われる。

生産の海外移転でうしなわれた雇用も、国内生産の増加で埋めあわせられる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-vlcsnap-2012-06-02-13h58m44s35.jpg

 

 

保守派は「自己責任」という言葉がすき。

とつくに廃れた概念なのに。

十九世紀に保険数理学が発達し、民間の保険業があらわれる。

二十世紀の政府はこの技術を借用、セーフティネットをひろげた。

 

自動車保険をかけた人は事故をおこしがちで、火災保険をかけた人は火事をおこす。

無責任きわまりないが、人間はよわいもの。

社会保障の「モラルハザード」を糾弾する保守派は、民間の保険も否定せねばおかしい。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-vlcsnap-2012-06-02-13h59m59s129.jpg

 

 

本書後半は純情可憐な左翼を撫で斬りに。

 

コーヒー生産者をたすけんと、豆を高値で買う「フェアトレード」や、

ザ・ボディショップの「援助より取引を」キャンペーンが、

慈善的価格操作のせいで、惨憺たる結果もたらした話はおもしろい。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/7-IMG_0002.jpg

 

 

左派は、利潤追求を悪徳とみなす。

たとえば、水は生活に不可欠だから、水道は民営化すべきでない。

ならペットボトルの水は、水ぢやないの?

 

マイクロソフト社は1986年から2004年まで、株主にまつたく配当を支払わなかつた。

重大な法律違反を犯しつつなされた同社の略奪的活動は、

特に利潤を目的としたものではない。

 

1994年、倒産の危機に瀕するユナイテッド航空の株主が、

従業員に55%の会社の所有権をあたえ、妥協をひきだそうとした。

2002年、なにも変わらなかつた会社は倒産。

 

政府も民間企業も、大組織であれば、さまざまな利害をもつ。

「国民のため働け」「株主のため働け」と命令しても、効果はない。

非営利組織が、利他的にふるまうとはかぎらない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/8-vlcsnap-2012-06-02-13h58m55s7.jpg

 

 

左翼は世界中の貧困に心を痛め、不公平に憤る。

だが典型的な低開発国は、そもそも分配するだけの富がない。

問題は配分の仕方でなく、経済成長だ。

支那の工員の賃金は、ここ十年にわたり年率ほぼ10%上昇したが、

経済成長率と足並みをそろえている。

 

市場は、賃金を均等化する傾向がある。

仕事内容に変化がなくとも、みんなで豊かになれる。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/9-vlcsnap-2012-06-02-13h55m42s110.jpg

 

 

福祉国家が、チャンピオンの座から陥落する未来もありうる。

医療予測で技術革新がおこり、死期を確定できる様になればどうか?

関連の保険市場は崩壊するだろう。

 

1982年の映画『ブレードランナー』が衝撃だつたのは、

未来都市にまだ広告が存在し、しかも大規模化すると示唆したから。

資本主義なる醜悪なシステムがのこる二十一世紀に、

80年代の観客は心底から落胆し、そして映画は真実をかたつていた。

いまのところは。





資本主義が嫌いな人のための経済学資本主義が嫌いな人のための経済学
(2012/02/09)
ジョセフ・ヒース

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

中山敦支『ねじまきカギュー』

 

 

ねじまきカギュー

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2011年~

[単行本は「ヤングジャンプ・コミックス」として、第四巻まで刊行]

 

 

 

 

塵がつもりて山となり、当ブログの漫画記事もそろそろ百本。

だがこれまで、週刊誌連載の長篇をとりあげてない。

余裕ない作業工程のせいで、作家性が反映しづらく、底があさいから。

 

たとえば。

『はじめの一歩』の森川ジョージなら、あらかじめ勝者をきめずに描く、入魂の作劇。

『グラップラー刃牙』の板垣恵介なら、小池一夫直伝のあざとさ。

『MAJOR』の満田拓也なら、省略の妙。

それぞれ傑出した個性だが、アンケート上位を維持するための戦術にすぎないともいえる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/02-IMG_0016.jpg

 

 

さて『週刊ヤングジャンプ』連載、中山敦支『ねじまきカギュー』を紹介したいが、

以上の四ページが、すべて語りつくしている。

 

主人公は、「鉤生十兵衛」(かぎゅう じゅうべえ)。

特技は、「南家螺旋巻拳」(なんけねじまきけん)。

将来の夢は、カモ先生のお嫁さんになること。

つまり『ねじまきカギュー』は、ねじまき拳をつかうカギューたんの物語。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/03-IMG_0002.jpg

 

 

舞台は「私立 花は桜木学園」。

生徒数一万人、敷地面積東京ドーム百個分のマンモス校。

少年漫画的インフレイション。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/04-IMG_0007.jpg

 

 

図書委員で文学少女の「山崎富江」。

本にしこんだ金属製のしおりで闘う。

必殺技は「富嶽百刑」に「津刈」。

太宰治があの世で入水自殺しかねぬ、凝つた名づけ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/05-IMG_0008_20120531172455.jpg

 

 

「御門朱羽」(みかど あげは)は、電撃旋棍(スタントンファー)の使い手。

「電光石火(DKSK)」をくりだす。

風紀委員「マチルダ」は、二対一でもてごわい。

 

斯様に本作は王道をゆくバトル漫画。

たしかに個性がつよいが、既視感もつよい。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/06-IMG_0003_20120531172454.jpg

 

 

おなじく風紀委員「山田織筆」(やまだ おるふぇ)戦は、壮絶なる名場面。

「愛は風紀より尊い」

ヒロインの顔が見切れている!

萌え文化に対する痛烈な反定立だ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/07-IMG_0004.jpg

 

 

つづけてこの表情。

ツンデレ概念を基底から崩壊させる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/08-IMG_0009_20120531172418.jpg

 

 

織筆いわく、「私の委員長への愛こそ至高…!!!」

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/09-IMG_0010_20120531172417.jpg

 

 

「自己犠牲に勝る愛など存在しないのだから…!!!」

口跡が目と心に突き刺さる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/10-IMG_0011.jpg

 

 

「己は自分も先生も 両方幸せにしてみせる」

愛のうつくしき相克に、結論をくだす。

中山敦支の『ねじまきカギュー』に戦術はない。

哲学だけがある。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/11-IMG_0012.jpg

 

 

第一部の最高潮、風紀委員長「犬塚紫乃」戦。

残念ながらボクの妹でなく、『八犬伝』の引用。

そこはことなく教養がにじむ。

「愛を押し殺す お前は 心ない人形」

「規律なき お前は 所詮 獣」

また別角度で正面衝突。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/12-IMG_0013.jpg

 

 

カギューは蝸牛、つまりカタツムリ。

歩みはおそく、ときに殻へ閉じこもり、できるのは前進だけ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/13-IMG_0014.jpg

 

 

「恋する乙女は無敵だ!!!!!!」

全身の動きを封じられ、頭を踏まれたまま。

血まみれ泥まみれの少女漫画。

鹿児島出身の作者ならではの淳朴さか。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/14-IMG_0005.jpg

 

 

凹むこともある。

発条拳(ぜんまいけん)を撃ちこみ、本当に床を凹ませて。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/15-IMG_0006.jpg

 

 

螺旋をえがきつつ、思想をふかめる。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/16-IMG_0001.jpg

 

 

本作は退路を絶つた、怖いものなしの暴走特急。

第五巻は六月十九日発売。

飛び乗るなら、いまのうち。





ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)
(2011/06/17)
中山敦支

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03