韓非子には大抵のことが書いてある

妲己とイチャつく紂王

 

 

たとえば説林篇。

 

殷の紂王は徹夜で宴会をつづけていた。

遊び呆けすぎ、日にちをわすれる。

お側の者も、だれひとりわからない。

わざわざ重臣の箕子のもとへ使いをおくつた。

箕子は自分の部下にもらす。

 

……天下の主となりながら、国中だれも日を知らないとは!

だれも知らないことを、わたしだけ知つていたら、この身があやうい。

 

「自分も酔つていてわかりません」と使者にこたえた。

 

いまの日本人が、みなバカのふりをするのは、この伝だろう。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/Three_feet_goat_head_bronze_vessel.jpg

 

 

つぎは「内儲説篇 下 六微」から。

 

衛のある夫婦が祈祷した。

妻はこう祈る。

 

「どうか平穏無事でありますように。

そして、百束の布をお恵みくださるように」

 

「やけにすくないな、百束でよいのか」と夫が不審がる。

 

「よいのです。それより多いと、あなたは妾をもつでせう」

 

これも身につまされる。

二号さんや三号さんを囲えるくらい稼げば、家は豊かになるのに。

 

韓非子をひらくたび、亡国の兆しが目にとびこむ。




韓非子 (中国の思想)韓非子 (中国の思想)
(1996/03)
不明

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03