ニルヴァーナ『ネガティヴ・クリープ』

 

 

ネガティヴ・クリープ

Negative Creep

 

ニルヴァーナ(Nirvana)のアルバム『ブリーチ(Bleach)』収録曲

 

作曲:カート・コベイン

発行:アメリカ 1989年

 

 

 

 

 

 

 

 

もう限界

This is out of our range

 

もう限界

This is out of our range

 

もう限界

This is out of our range

 

コドモぢやない

and it's grown

 

 

 

 

どうやら

This is getting to be

 

まもなく

This is getting to be

 

そろそろ

This is getting to be

 

ナマケモノ

a drone

 

 

 

 

ダメ人間

I'm a negative creep

 

役立たず

I'm a negative creep

 

ゴクツブシ

I'm a negative creep

 

へべれけ

and I'm stoned

 

 

 

 

ダメ人間

I'm a negative creep

 

役立たず

I'm a negative creep

 

ゴクツブシ

I'm a negative creep

 

そうよ

and I'm...

 

 

 

 

パパがおもう様な娘ぢやないの

Daddy's little girl ain't a girl no more

 

パパがおもう様な娘ぢやないの

Daddy's little girl ain't a girl no more

 

パパがおもう様な娘ぢやないの

Daddy's little girl ain't a girl no more

 

パパがおもう様な娘ぢやないの

Daddy's little girl ain't a girl no more

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-10-13h46m44s197.jpg

 

 

やたらカート・コベインがチビに見えるけれど、

うしろのクリス・ノヴォセリックが193センチなだけで、

カートも170センチくらいあつたらしい。

最初のアルバムがでた直後、地元のレコード屋でのミニライヴの様だ。

乞食さながらの風体だが、実際に貧乏で、たかが数万円のレコーディング費用を、

ジェイソン・エヴァーマンに肩代りしてもらつた。

 

 

メロディは無きにひとしく、歌詞は無内容。

だが静と動、冷と熱、鬱と躁がめまぐるしく交替し、音の渦に呑みこまれる。

まさにニルヴァーナらしい曲。

下層の白人青年が、自堕落な憤懣をぶちまけると思わせつつ、

女の子がどうこうとオチみたいな物をつけ、聞き手を突きはなす。

「たしかにオレの人生は糞だが、オマエにわかつてたまるか」

ただこの解釈も、多分はづしてるはず。

単なるダジャレとかかもしれない。

ニルヴァーナの音楽は、あまりにカート・コベインそのものでありすぎ、

他人が理解することは不可能なのかと、いつも歯がゆくなる。

だからこそ、心がうごかされる。

 

 

カートのギターはすさまじい。

声帯がちぎれるほど絶叫しながら、左手はチェーンソーの様に回転しつづける。

盟友クリスはともかく、ほかの二人はモタモタと二十二歳の天才を追う。

のちにドラマーのチャド・チャニングは解雇された。

俯いたままのこの男は、狂人かもしれないと背筋がさむくなるが、

演奏がおわると、「みんな来てくれてありがとう」とすずしげに微笑む。

カートの笑顔をみると、せつなくなる。

たとえそこが身動きもとれない「ステージ」でも、魂を燃やしつくした。

この動画が、なによりの證拠だ。

 

 

「あいまい訳詞クラブ」の仲間であるマミイさんとのやりとりがきつかけで、

これまで逃げていたニルヴァーナの訳に挑戦しました。

結果は惨憺たる出来ですが、カートの伝記を読み返したりして、

もうすこしマシなものが書ける様に勉強したいです。

マミイさん、今回はありがとうございました。

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-10-13h44m51s98.jpg

 

 

あなたも気軽にアーティスト気分!

「あいまい訳詞クラブ」は会員募集中です。

 

『RISING STEEL』のバーンズさん

 

『子育て 時々 映画』のマミイさん

 

『海と空と花』の空花さん

 

『THE KING OF FOOLS』のけー坊さん

 

『映画鑑賞の記録』のmiriさん

 

……以上の方々の訳詞(訳詩)もお楽しみください!




BleachBleach
(2002/09/14)
Nirvana

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03