『やがて来たる者へ』

 

やがて来たる者へ

L'uomo che verrà

 

出演:グレタ・ズッケリ・モンタナーリ マヤ・サンサ クラウディオ・カザディーオ

監督:ジョルジョ・ディリッティ

制作:イタリア 2009年

 

 

 

モンテ・ソーレ、太陽の山。

ボローニャにちかい山間部の農村でおきた、1944年の出来事をえがく。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h22m55s176.jpg

 

ロベルト・チマッティによる撮影がすばらしく、

地理と歴史に不案内なボクを、さりげなく舞台にいざなう。

主人公は、八歳のマルティーナ。

聴唖者なので苛められている。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h24m10s0.jpg

 

顔を足蹴にされたり。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h23m34s83.jpg

アルバ・ロルヴァケルとラウラ・ピィツィラーニ

 

これは姉さんらの、愛情表現だけど。

精確にいうと叔母。

タラちやんが、ワカメちやんに遊ばれている都合だ。

アルバ・ロルヴァケルはお気にいりに。

山村に我慢ならず街へ奉公にでるが、そこにも居つかずフラフラ。

けだるく無頓着な佇まいにひかれた。

むかしの家族は、いろいろ複雑だつた。

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_20111104150007.jpg

『EQUIPE DE CINEMA』No.184

 

当時イタリアは分裂していた。

北からファシスト軍とドイツ軍が。

南から連合国軍と、それに呼応したパルチザンが蜂起する。

不幸にもマルティーナの村は、争地となつた。

全プレイヤーが涎をたらす。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h34m28s0.jpg

 

SSも悪魔ではない。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h35m39s38.jpg

 

口がきけないマルティーナは、善悪の判断をくださない。

ただつぶらな瞳でみつめる。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h35m54s157.jpg

 

パルチザンが、ヒトラーの親衛隊を殺す。

英雄的ではない。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h35m28s183.jpg

 

かすかにかなしげ。

兵士は悪魔ではない。

ただそれに似た生き物、つまり人間だというだけ。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h26m49s228.jpg

 

わかい叔母のマリアは、村に恋人がいた。

頑迷な母の目を盗み、逢瀬をかさねる。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h26m21s231.jpg

 

牧歌的な愛の風景も、1944年から歴史となつた。

大戦は、津波のごとく世界をかえた。

その勢いの激しさを、言葉にできるものか?

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h36m56s255.jpg

 

九月二十九日の「マルザボットの虐殺」の犠牲者は、七百七十一人にのぼる。

劇中で、少女の家族はほとんど死ぬ。

已むを得ない面もある。

そこは戦略的にゆづれない土地で、パルチザンの攻勢は活発だ。

あくまで匿うなら、全村民を始末したくもなる。

また味方の連合国軍が、非正規軍であるパルチザンを支援しなかつた。

SSは幼児も殺した。

だが生かした方が、もつと残酷なのも事実。

要するにわれわれは、そういう時代に生きている。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h40m55s126.jpg

 

うまれたばかりの弟を守るマルティーナ。

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-11-04-10h41m02s182.jpg

 

人間の邪悪さを煎じつめた物語のなか、

彼女だけひとり、聖母マリアのごとく無垢で、英雄的だつた。

世界は醜い、でもだからなんだと言うの?

八歳の少女にまで母性をもとめるなんて、イタリア男つてのは……。



関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

白川浩道『消費税か貯蓄税か』

 

消費税か貯蓄税か

 

著者:白川浩道

発行:朝日新聞出版 2011年

 

 

 

「消費税増税は避けられない」と、輿論は誘導された。

あとはいつ、何%にするかを、議論しよう。

ギリシアやアイルランドの国債市場の混乱をみたまえ。

財政健全化は急務だ。

そもそも税率を5%に引き上げてから、もう十四年。

本来は十年に一度ほど増税しなくてはならないはず。

遅いくらいだ。

現在の社会保障制度を維持するためにも必要。

高福祉社会の北欧を見習おう!

 

……温厚なオレも、堪忍袋の緒がきれたぜ。

霞が関と永田町の住人どもの猿芝居には。

ギリシアやスウェーデンなぞ知るか。

この国のどこに、パルテノン神殿や白夜やオーロラがあるんだ?

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0003_20111102100723.jpg

 

白川浩道『消費税か貯蓄税か』は、つまらぬ本だ。

合理的すぎて。

富裕層の貯蓄に課税し、消費を刺激すべし。

家計貯蓄は、所得以上に分布がゆがんでいる。

保有金融資産総額が800万円をこえる世帯は39%だが、

その預貯金保有額は89%をしめる。

貯蓄税率2%を課せば税収17兆円、これは消費税率8%に相当し、

しかも負担を実感する世帯は、四割程度にとどまる。

課税をきらい2~3兆円が消費にまわれば、年間個人消費のおよそ1%にあたり、

名目成長率を0.5%ほど押し上げる効果がある。

 

「預金者番号制」を導入し、個人情報を銀行同士で共有させる。

タンス預金はゆるさない。

一万円札を廃止すればよい。

最高額紙幣が二千円札になれば、退蔵コストは五倍。

紙幣を全廃し、コインだけ残す手もある。

小額の取引以外は、年に一度電子マネーで決済。

わるくない未来ではないか?

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0001_20111102100723.jpg

 

富裕層は、所得税最高税率引き下げの恩恵をうけてきた。

年金の制度設計もデフレ対応が不十分で、実質ベースで十分すぎるほど支給した。

だが誰もモノを買わない。

地デジ対応テレビ以外の。

車など論外、服はユニクロ、旅行もしない、映画館へ行くやつはヒマ人。

物欲に限りはあるが、金銭欲は無限だから。

小野善康はこれを「貨幣愛」と呼ぶとか。

通帳の残高が増えただけで、経済学でいう「効用」、つまり満足感をえる。

生きるため消費し、楽しむため消費しない。

ただ苦しむための人生。

かつて日本は無謀な戦争をいどみ、むなしくやぶれ、

運よく経済が発展し、しばらくして停滞し、

隣国に追い抜かれ、そして金銭欲だけ残つた。





消費税か貯蓄税か消費税か貯蓄税か
(2011/09/20)
白川浩道

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

恵比寿 土曜

1041

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/020.jpg

1042

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/021.jpg

1043

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/024_20111101230609.jpg

1044

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/037.jpg

1114

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/040_20111101230603.jpg

1114

 

 

 

 

http://blog-imgs-45.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/058.jpg

1118





関連記事

テーマ : GR DIGITAL
ジャンル : 写真

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03