安心しろ

 

 

「あこ」と名乗る女(らしき者)が、先週アップロードした写真に、

「盗撮イクナイ(・A・)」と、一言だけケチをつけてきた。

光速でコメントを削除したが、それにしても何様のつもりか?

今日はオマエのため、スナップ写真十一連発を用意したぞ!

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/007-1_20111023165633.jpg

 

 

安心しろ。

オレの美女センサーは高精度だ。

オマエみたいなブスなぞ、1000m離れてたつて、写すものか。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/017-1.jpg

 

 

肖像権?

法律なめてんのか。

法を語る資格があるのは、それなりのオツムの持ち主だけ。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/019-1.jpg

 

 

撮られる側の感情?

くだらん。

オマエのいう「感情」は、他人の受け売りに過ぎず、一顧だに値しない。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/021-1.jpg

 

 

写真家による著作、『横木安良夫流スナップショット』(えい文庫)を参照する。

 

パブリックな場所、普通に肉眼で見えている場所で風景や人物の写真を

撮ることは近代人が獲得した「社会を見る権利」の延長だと思っている。

ただ写真は記録され所有することになる。責任が生まれる。

では撮影をとがめられたらどうするか。

そんな時はなぜ撮ったのか誠意をつくし説明するだけだ。

今の時代、たいていはデジタルカメラなので消して欲しいと要求されたら

そのカットを消去するのもひとつの方法だろう。

消したくなければ拒否することもできる。

自分の撮った写真が「表現」として意味があると信念を持っているのなら

「告訴してください」と受けるしかないだろう。

それが芸術的、ジャーナリズム的な「表現」だと信じるならば

「表現の自由」によって憲法に守られている。

 

憲法第二十一条、心づよい味方だ!

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/022-1.jpg

 

 

無智で、なにも創りだせないくせに、文句だけ垂れる連中は無視が当然でも、

スナップ撮影者は、被写体への敬意を忘れてはならない。

 

カルティエ=ブレッソンも撮影の後、被写体に気づかれたら、

帽子をちょこんととって挨拶をしたそうだ。

後に「人の写真を撮るのは恐ろしいことである。

なにかしらの形で相手を侵害することになる。

だから心遣いを欠いては粗野なものになりかねない」と言った。

 

オレは帽子をかぶる習慣がないけれど。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/029-1.jpg

 

 

写真史を知らぬものが、撮影をウンヌンするなどという、茶番にはつきあえない。

憲法を否定したいなら、いますぐ亡命しろ。

 

写真の歴史を通して言えるのは、スナップショットは

常に時代の写真を切り開く最大の武器だということだ。

そして実験の場でもある。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/034-1.jpg

 

 

アンタの写真なんて、藝術でも報道でもない。

カルティエ=ブレッソンやキャパやロバート・フランクを気取つても、滑稽なだけ。

写真として価値はないのだから、常識に従いなさい。

……ああそう、そうかもね。

で、だからなに?

オレは個々の作品への批判は歓迎する。

だが、どれほどヘタだろうと、「撮るな」という結論にはならない。

なるはずがない。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/035-1.jpg

 

 

要するに、だ。

裁判所が怖くて、カメラに触れるかつてんだ!

こちとら『逆転裁判』シリーズで鍛えてるから、負ける気はしないが。

街でシャッターを切れば、チンピラに絡まれる可能性もある。

すべては覚悟の上。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/041-1.jpg

 

 

オレは犯罪者でなく、一兵士。

照準をさだめ、引き金をしぼる。

撮るべきものを撮る、ただそれだけ。

感情?

倫理?

クソくらえ。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/063-1.jpg

 

 

安心しろ。

どうせオマエらは、撃たれたことさえ気づかぬまま、息絶える。

街は戦場だ。

玄関を一歩出たら、そこに屍をさらす心構えでいろ。





横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169)横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169)
(2008/05/10)
横木 安良夫

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : GR DIGITAL
ジャンル : 写真

ライド『シーガル』

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-22-23h57m49s38.png

 

シーガル(海鷗)

Seagull

 

ライド(Ride)のアルバム『ノーウェア(Nowhere)』収録曲

 

作曲:ライド

発行:イギリス 1990年

 

 

 

 

 

 

 

 

目が痛む 体力は限界

My eyes are sore, my body weak

 

喉が渇く もうしやべれない

My throat is dry, I cannot speak

 

言葉は尽きた

My words are dead

 

羽みたいに堕ちる

Falling like feathers to the floor

 

羽みたいに

Falling like feathers to the floor

 

 

 

 

キミは見知らぬモノをくれた

You gave me things I'd never seen

 

人生を白日夢に変えてくれた

You made my life a waking dream

 

ボクらは亡者だ

But we are dead

 

灰みたいに堕ちる

Falling like ashes to the floor

 

灰みたいに

Falling like ashes to the floor

 

 

 

 

つぎはボクが翔ぶ番さ

Now it's your turn to see me rise

 

焼け爛れた翼を、そこで癒してな

You burned my wings, but watch me fly

 

はるか上空から

Above your head

 

キミを見おろす

Looking down I see you far below

 

かがやくボクの魂が見えるかい

Looking up you see my spirit glow

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-23-00h00m34s125.png

 

 

「ユーチューブは、この曲にふさわしいメディアではない」との英語のコメントが。

ヴァイナルなら、ここで聞こえない音をたのしめると。

ボクもLPなんて持つてないので、少々嫌味だ。

大事なのは、隣人に壁を叩かれるほどヴォリュームを上げること。

ヘッドフォンなら、鼓膜がちぎれる限度まで。

跳ねるベイスラインが一瞬で、聞き手を天国にいざなう。

 

ライドはイギリスのバンドで、いわゆるシューゲイザーの流派に属す。

「shoegazer」、つまり「靴を見つめる者」。

かれらはペダル類を駆使しながら、ノイズの津波をおこす。

その姿はゾンビのごとく生気に乏しいが、

音は激烈で、ときに天使の歌声の様に甘やかにひびく。

きわめて有害な音楽といえよう。

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやニルヴァーナに、のめりこんだ頃がなつかしい。

その時間を資格取得にでもあてれば、すこしはマシな人生になつたのに。

でも世界の真理を見せてくれるのは、教科書でなく、これらのCDだつた。

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-23-00h04m07s101.png

 

 

あなたも気軽にアーティスト気分!

「あいまい訳詞クラブ」は会員募集中です。

 

『RISING STEEL』のバーンズさん

 

『子育て 時々 映画』のマミイさん

 

『海と空と花』の空花さん

 

『THE KING OF FOOLS』のけー坊さん

 

『映画鑑賞の記録』のmiriさん

 

……以上の方々の訳詞(訳詩)もお楽しみください!




NowhereNowhere
(1990/12/18)
Ride

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03